« タツノオトシゴに再会 | トップページ | ハマナデシコ »

2004年7月 6日

真夏のダイコン

連日30度を超える暑さでちょっとバテ気味で食欲がない
方も多いのでは・・・。

そんな日には、ぜひ大根おろしがオススメ。
ダイコン100gに約15mgのビタミンCが含まれてます。(葉っぱ
にはその約5倍ものビタミンCが含まれているんですが・・・)

またピリッとした辛味は、イソチオシアナートという辛味成分。
ご存知かもしれませんが、ダイコンの先端(下)と葉っぱの部分
が辛いのはこのイソチオシアナートが多く含まれるため。
児島の名物、「たかと」のしょうゆうどんにも、このピリッと辛い大根
おろしがおろし金とともに添えられてきますね。

さらに、ダイコンにはさまざまな薬効成分があって、魚の毒消し
効果としての刺し身のツマはその代表例。他にも、おろし汁を
少量ガーゼでニキビにつけると脂肪を分解する酵素とビタミンC
の働きで肌がきれいになるとか、口内炎、じんましんにも効果が
あると言われてます。

そういえば、先日ダイコンを掘ってきましたよ~。(^○^)
といっても場所は畑じゃなくて、児島の砂浜。(笑)
そして、掘ったのはハマダイコン
p/0706

以前、このウェブログでクイズにした面白い形の種ができる
あの植物です。
ヨーロッパではこのハマダイコンを改良してダイコンを作ったとも
言われています。つまり、ダイコンのルーツ?ともいえる植物。
(日本ではダイコンが野生化したという説もありますが・・・。)

そんなハマダイコンが児島の浜辺ではあちこちで見られます。
ちなみに掘った写真のハマダイコンを海水で洗って少しかじって
みました。(爆)
「苦辛~~~い!!!」
ううぅ、舌がぁーーー。
やっぱ食べるならフツーの大根かな・・・?(>_<)
 

 2004年07月06日 |

« タツノオトシゴに再会 | トップページ | ハマナデシコ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/915175

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏のダイコン:

コメント

実際に浜大根の大根を食べた人,初耳でした(笑)
いま山菜図鑑を開いてみたら,「葉を利用する…利用価値が高い」とかかいてありますが,「根も適した食べ方をすれば食べられる」とのこと。
今度は美味しい食べ方見つけてくださいね~

投稿: こばし | 2004/07/07 22:21:33

> 初耳でした(笑)
こばさん、笑わないでくださいよぅ~。(^^;
ハマダイコンって、山菜ならぬ海菜???(笑)
う~ん、その「適した食べ方」ってどんな
食べ方だろう?
ざるそばのたれの薬味にほんの少しつけると
いいかもしれませんねー。(^^)

投稿: yama | 2004/07/08 7:16:58

コメントを書く