« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月 5日

国道430号通行止め

先週の台風16号による被害は、想像をはるかに超えるもの
だった・・・。
きょうは時間があまりなかったのだけど、仕事前に少しだけ
車で被害状況を見に行ってみた。
まず目に付いたのが児島田の口から唐琴にかけての海沿い
の状況。民家では、1週間後の現在も、高潮の被害によって
浸水した家財道具や畳、電化製品などを近所総出で運び
出していた。空き地には自衛隊の災害派遣の車が何台も
停まっている。

さらに瀬戸内海沿いの風光明媚なルートとして有名な国道
430号も、倉敷市と玉野市の市境付近が崩落しており、
通行止めで、現在も復旧の目途が立っていない。
p/0905_01

国民宿舎王子が岳の手前まで来ると、なんと道路と海の境の
コンクリートが約50mに渡って完全になくなっていた。
p/0905_04

海沿いの木々は波と風でなぎ倒され、浜辺にはゴミや海草が
散乱している。
p/0905_03

通行止めの場所から先へは車では行けないので海岸に
降り、砂浜を歩いて唖然とした・・・。
アスファルトの道路が大きく陥没し、コンクリートの壁が大きく
砂浜に崩れてる。まるで地震の被害にでもあったかのような
見るに耐えない状況・・・。
p/0905_02

今回は大型台風と大潮の満潮、さらに1年のうちでも最も
潮位が高くなる時期と悪い条件が重なってしまった。
自然災害だから人間の力ではどうしようもないものだけど。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに
1日も早い復旧を願いたい・・・。

2004年09月05日 | | コメント (0) | トラックバック (1)