« オオイヌノフグリという名前 | トップページ | 雪の蒜山で・・・ »

2005年2月10日

センダンにヒヨドリ

「梅にウグイス」

この言葉を聞けば、誰しも、早春、梅の花が咲き誇る枝にウグイスが止まって鳴いている姿を想像できるだろう。さらにもっと感性の豊かな人ならば、梅の花の香りや春ののどかな空気さえも感じ取れるかもしれない。

そろそろ、ウグイスの初鳴きが聞かれる季節だけど、その前に忘れちゃならないこの組み合わせ・・・。

「センダンにヒヨドリ」(笑)

ウグイスに比べると、大きくて地味で羽もボサボサ。見栄えもあまりよろしくないが、ヒヨドリがセンダンの実を食べる姿、僕は大好き。
冬から春へ、ついに野山の木の実も少なくなったこの時期に、民家近くのセンダンの丸い実を食べて必死に飢えをしのいでいる。甘党のヒヨドリにとって、センダンの実はきっとマズイはず。でも必死にこの実を食べて春を待っている姿、なんとも健気じゃないですか~!
こういう絵は、普通に撮るより、むしろ想像力をかきたてるシルエットが面白いですね。
0210hiyo
・EF70-200mm F4L USM ISO800 1/500sec F8
 

 2005年02月10日 |

« オオイヌノフグリという名前 | トップページ | 雪の蒜山で・・・ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センダンにヒヨドリ:

コメント

ヒヨドリ、薄汚れたような色で微妙に大きくて好きになれそうに無い鳥でしたが...
ジックリ見ると結構可愛いんですよね。
光の当たり加減によっては羽も綺麗ですし。
ただ、別に危害を加える気も無いのにこちらの姿を見つけただけで、とんでも無い泣き声を発しながら逃げていくのはやめて欲しい(^^;)

投稿: mosyupa | 2005/02/10 23:37:13

わー、mosyupaさん、レスポンス早すぎ~。(笑)
今さっき書いたばかりなのに・・・。
もしかしてRSSでチェックされてます?(笑)

うんうん、甲高い鳴き声はやめて欲しいですね。
わが家のヒヨドリ、毎日キンカンを食べてるせいかさらに声が良すぎます。(爆)

投稿: yama | 2005/02/10 23:50:22

夕日のかくれんぼ・・・面白く見せていただきました。昨日の夕方、買い物の帰りみち、西空の灰色の雲から、太陽の光が中天に射し、それに平行した白い飛行機雲が2本(しかも少し広がって)立っているではありませんか!焦って焦ってマイカーを走らせ(ママチャリ)家に入るなりカメラをとって外へ飛び出し、見上げた空は・・・
太陽光はすっかり拡散してぼんやりとなり、さっきまでのドラマチックな光景は消えていました
ハダ ヨーク風にざ~んねん(笑)
丹頂の卒業飛行・・・絵本にしたい一文ですね
丹頂の鳴きあいを実際に見たいなと思いました

投稿: うたこ | 2005/02/11 11:19:07

コメントありがとうございます。
文章がもう少しうまく書ければいいのですが・・・。(自爆)
うたこさん、とってもドラマチックな風景に出会われたようですね。ぜひ写真が見たかったです。でも読みながら頭の中で想像できました。(笑)
デジカメ、僕も撮りたいときに傍になかった。ってことよくありますから、迷ったら持っていくことにしてます。(笑)

投稿: yama | 2005/02/11 21:58:51

コメントを書く