« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月29日

夕焼けのドラマ

「きょうは焼ける・・・」
県中北部の山間の町で仕事を終え、空を見上げそう思った。

そして・・・・・1時間後。
なぜか、いつもの海。(笑)

西の空、夕焼けのドラマはこのシーンから始まった・・・。
050629yuhi1
・プロローグ-幕開け-

050629yuhi2
・光の章

050629yuhi3
・日没の章

050629yuhi4
・クライマックス

050629yuhi5
・エピローグ-残照-

050629yuhi6
・アンコール?

以上、本日のドラマが見れなかった方へ捧げます・・・。(笑)
 

2005年06月29日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年6月28日

ゼフィルスの林

ゼフィルスとは、梅雨の頃、年にたった一度だけ姿を現すシジミチョウの仲間のことを言います。その独特の美しさと単語の響きに魅せられて野山を駆け回る愛好家は数知れず・・・。

先日の強風の中、低山の雑木林に入ってみました。
登山道脇のコナラやクヌギ、アベマキの林から時折、姿を見せる小さなチョウ。
「ゼフィルスかな?」
寄ってみないとなかなか判別が難しいけれど、アカシジミの仲間は飛んでいる姿で比較的わかりやすいです。

050627uranami
・ウラナミアカシジミ

050627mizuiro
・ミズイロオナガシジミ

この日は30分ほどの間に、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミに出会えた。
あいにくメインのカメラを家に忘れてきたので久しぶりにG2にて撮影。
しかし風があまりにも強すぎて写真はブレブレのオンパレード。(-_-)
今度はしっかり準備してゼフィルスたちに逢いに行かねば・・・。
 

2005年06月28日 | | コメント (8) | トラックバック (1)

2005年6月27日

児島のヒメボタル

ヒメボタル。
別名、金ボタル(キンボタル)。名前は知っていても、実際にご覧になったことのある方は少ないかもしれませんね。
ヒメボタルは陸生のホタルでゲンジボタルよりも小さく、発生時期もやや遅い。そして何といっても光の点滅の仕方がまるで違う。森の中でチカチカと断続的な光を放つ様子はまるでクリスマスツリー。
そんなヒメボタルが、倉敷市児島のわが家の近くにもいるのを知ったのは何年か前のこと。
 
深夜、AM1:00。
先日、前もって下見をしておいた薄暗い竹林へ到着。すると、「いたいた!」 あちらこちらで小さな光を小刻みに点滅させている。
間違いなくヒメボタルだ。
ぼんやりとした月以外は照らすものもなく、人の気配もない場所。
そんな場所でチカチカと点滅するヒメボタルの光は、ゲンジボタルとはまた違った趣きがある。

ヒメボタルは、岡山県内では新見市(旧哲多町)の天王八幡神社や真庭市(旧北房町)の備中鍾乳穴(びっちゅうかなちあな)が有名だけど、毎年シーズン中は大混雑必至。それなら数が少なくても自宅の近くで見れる方がゆっくりできていい。来週、天気が良ければもう一度行ってみよう・・・。

【関連記事】
姫蛍物語(2009.6.26)
ヒメボタルの季節(2009.6.20)
ヒメボタル 幻想の森(2008.6.24)
 

2005年06月27日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月26日

カブトムシ採集

050626kabuto1
裏山のカブトムシ

夜、クヌギの木から出る樹液に集まってくる昆虫たち・・・。
今年は蒸し暑くて雨が降らない分、田舎の雑木林では早くから昆虫採集が楽しめています。実は6月の中旬ごろから週に何日かは子供たちと裏山の雑木林に通ってて、これまで採集したのはコクワガタ多数、ノコギリクワガタ、カブトムシ(メス)など。
でもやっぱり、カブトムシのオスはいくつになってもうれしいものです。
ついでにきょうは帰り際、ノコギリクワガタ(オス)も発見。
050626nokogiri1
まだ数は少ないけど、雑木林の昆虫シーズンは始まったばかり。
今年もまた少年の頃を思い出して楽しみます。(笑)
 

2005年06月26日 | | コメント (4) | トラックバック (2)

2005年6月21日

カブトエビの季節

050618k_ebi1
カブトエビ
そのユーモラスな風貌は田舎の子供たちの人気者。

「おいらは3億年の昔からずっと生き続けてきたんだぞ!」
まるで、そんなふうにでも言いたげな表情・・・。(笑)

毎年、梅雨の合い間になると、わが家の前の田んぼでカブトエビたちが一斉に孵化する。
泥の中で穴を掘り、水草を取り、時には背泳ぎしているかと思えば、
見る見るうちに大きくなって、ひと月もすればいつのまにかいなくなってしまう・・・。

050618k_ebi2 050618k_ebi3 050618k_ebi4 

でもカブトエビたちは卵という形でちゃんと生きている。田んぼの土の中で乾燥や冬の寒さに絶え、翌年またこの時期になると元気な姿を見せてくれる。
田んぼという、人が作った小さな宇宙の中で、永い間こうして生きのびてきたのだ。

「また、来年も元気で会おう!」
子供たちと、そうカブトエビに誓った休日のひととき・・・。
 

2005年06月21日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年6月19日

ホタルの写真(北房のホタル)3

050615hotaru5

夏の夜、暗闇に舞う無数のホタルたち。
それは、儚くも幻想的な光景。
しばしシャッターを切るのも忘れて見とれてしまうほど。

050615hotaru3

ホタルたちは自らの終焉を知っているのだろうか・・・?
力の限り飛び交い、光のメッセージで愛を伝える。
儚い美しさはそんなところから来るのかもしれない・・・。

・EOS 20D + EF70-200mm F4L USM ISO1600

 

2005年06月19日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年6月17日

ホタルの写真(北房のホタル)2

050615hotaru2
ホタルの川は、
まるで、夜空にきらめく銀河のようだね
いったいどれくらいのホタルがここにいるんだろう・・・

・EOS 20D + EF70-200mm F4L USM ISO1600 3枚

 

2005年06月17日 | | コメント (10) | トラックバック (1)

2005年6月16日

ホタルの写真(北房のホタル)1

ホタルといえば北房、ということで昨夜、「ホタルのまち」北房へ撮影に行ってきました。
ややピークを過ぎたとはいえ、ご覧の通り、ホタルがまだたくさん乱舞してました。☆彡
感動のあまり、なかなかカメラをしまえず、おかげで帰りが午前様・・・。(汗)
とりあえず、早い時間のホタル写真1枚アップします・・・。(^^;

050615hotaru1
「岡山県真庭市北房 備中川のゲンジボタル」
・EOS 20D + EF17-85mm F4-5.6 IS USM ISO1600 5枚

 

2005年06月16日 | | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年6月13日

小さな命

050611batta

雨上がりの畑で・・・。

「いただきまーす。」
それとも、
「よっこらしょ・・・」?

小さな虫たちはいつも僕に想像力を与えてくれる。<(^-^;
 

2005年06月13日 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年6月11日

スポットライト

050605hashi

この瞬間をじっと待ってた・・・。
空と海のわずかな隙間から差し込む夕日。
スポットライトを浴びるように、浮かび上がる瀬戸大橋。

・EOS 20D + EF17-85mm F4-5.6 IS USM ISO200 1/100sec F16 部分測光
 

2005年06月11日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年6月 4日

アナグマ撮影に成功

「花は咲いてないかなぁ~?」
ゆったりとカーブを描く湿原のまわりの遊歩道を歩いていたその時、バッタリと鉢合わせた。
「あっ!!!」
「タヌキ?いや鼻筋が白かったから、アナグマ?もしかして岡山初のハクビシン?」
その距離約15m。カメラを構えるも、向こうはお尻を向けて反対方向に逃げていく。
とっさの判断で追いかけずに待ってみた。

すると、数メートルほど離れたところで、安心したのか一瞬こっちを振り向いてくれた。
シャッターを切る。今度はファインダーからも間違いなく確認できた。
アナグマ(ニホンアナグマ)だった。
かわいい顔をした森の住人は、こちらを確認すると再びこちらにお尻を向けて森の中へゆっくりと消えていった。。。

050603anaguma
岡山県新見市哲多町 おもつぼ湿原にて撮影
(クリックで600×400ピクセル)

【アナグマについて】
アナグマは、クマと付くけどイタチ科の動物(ちなみにタヌキはイヌ科)で、本州、四国、九州に生息するニホンアナグマは亜種にあたる。夜行性で昼間は地面に掘った広い穴の中で休んでいて、夜は木の実や果実類、ミミズ、土壌性の昆虫などを食べている。

今回、アナグマの写真はたったのこれ1枚。(笑)
多少ピントは甘いけど何とかアナグマ撮影に成功、かな・・・。<(^-^;

 

2005年06月04日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年6月 3日

モミジのプロペラ

0603momiji
この時期、よく見かけるモミジのプロペラ(種)。
新緑の葉っぱに赤いプロペラがとても目立ちます。

そういえば、ひと月ほど前はこんな地味な花が咲いてたっけ・・・。
0421momiji

モミジの種は、普通2枚の羽根でできるだけ遠くまで風に運んでもらうんだけど、注意して見るとこんなのも・・・。(笑)
0603momiji3

3枚羽根見っけー♪
確かにこっちの方がプロペラらしく見えるけどー。
でもこの羽根の角度じゃ風に乗るのは難しいかもね・・・。(^_-)
   

2005年06月03日 | | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年6月 2日

帰化植物たち

ookinkei1
あたり一面の黄色い花・・・。
上の写真は、5月24日、旭川の川原で撮影したオオキンケイギク(大金鶏菊)。南米原産の帰化植物で、毎年ゴールデンウィークが終わったころから、道端や野原、空き地など至るところにオレンジの花が咲いてよく目立ちます。これ以外にも、今の時期、よくご存知のニワゼキショウやマンテマ、マツバウンランなど実にたくさんの帰化植物が見られます。
ってことで、きょうは帰化植物について少々・・・。

まず、帰化植物とは外国からさまざまな経緯で日本へやってきて繁殖、定着した植物のこと。
実は、帰化植物にも2つのパターンがあり、『緑の侵入者たち』の著者で帰化植物の研究家として有名な浅井康宏先生によると、船舶や飛行機の積荷などに紛れて種子が持ち込まれ、気付かないうちに帰化してしまう「自然帰化植物」と、観賞用や食用などの目的で輸入されたものが、いつのまにか逃げ出して野生化してしまう「逸出帰化植物」に分かれるそうです。

miwazeki1
・ニワゼキショウ

ここでひとつ気になるのが、歴史的に見ていつごろ日本へ帰化したかという時期の問題。
たとえば、古代に日本に入ってきたもの(ヒガンバナなど・・・)も帰化植物なのか?というと、これは「史前帰化植物」という扱い。一般的には文献に確かな記録が残っている江戸時代後期以降に入ってきたものを「帰化植物」、最近では「外来植物」と呼びます。実際、その数は年々増えていて今では千数百種類にも及ぶというから驚きですね。

中でもセイタカアワダチソウやブタクサなど、増えすぎて生態系を変えてしまったり、花粉症の原因になったりと問題になっている種も多いけど、これだけ海外との行き来やモノのやり取りが盛んになってしまった現在では、帰化植物の侵入を防ぐことは並大抵ではないですね。
また帰化植物というと海外から日本へ入ってくるものだけを連想しがちですが、クズやスイカズラのように日本から海外へ帰化するものもいて、お互い様の関係になっていることも知っておいた方がいいかもしれませんね。

mantema1
・テントウムシとマンテマ

 

2005年06月02日 | | コメント (4) | トラックバック (0)