« 海を歩く人々 | トップページ | 瀬戸大橋と高洲 »

2005年7月26日

からこと丸で幻の島 高洲へ

050724_02_1
(クリックで拡大 800×400)

まずは上の写真を見てください。
これで、夏のミステリーの謎解きができたでしょうか?(笑)

昨日のスナップ、「海を歩く人々」が歩いている場所はナント、姿を現す直前の「幻の島」だったというわけ。
もう少し解説すると、僕の住んでいる倉敷市児島の瀬戸内海には、地図には載っていませんが、3~9月の大潮の干潮時、約3時間だけ姿を現す「幻の島・高洲(たかす)」という砂浜があります。
場所は児島から国道430号を海沿いに玉野(渋川)方面に走った児島唐琴の沖合い約1kmのところ。
ここへは、国民宿舎「王子が岳」の下の浜から、いつもお世話になっているからこと丸さんの船で渡ることができます。(大人1,300円、子供650円)

で、昨日海を歩いていた人たちの目的は何かといえば「潮干狩り」
といってもこの高洲では10種類以上の天然の貝が取れるので、アサリではなく、タイラギと呼ばれる大型の貝やアカニシ、マテ貝などを探すために沖の方へと歩いていたというわけ・・・。
このように高洲へ渡る人たちの目的はほぼ100%潮干狩りなんですが、この日僕と同行してくれた山猫さんの目的は写真撮影。(笑) あ、写真はまた明日にでも・・・。(^_-)-☆

※その前に高洲のことを知りたいって方は、からこと丸さんのサイト
↓メインサイトの方でどうぞ・・・。
・瀬戸内海の幻の島でタツノオトシゴを探そう!(2002.8)
 

 2005年07月26日 |

« 海を歩く人々 | トップページ | 瀬戸大橋と高洲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/5168014

この記事へのトラックバック一覧です: からこと丸で幻の島 高洲へ:

» 陸を眺める… トラックバック 空と海の物語
 念願のかくれ浜に上陸し、かくれ浜をてくてくと歩く。  さて、反対の端まできた 続きを読む

受信: 2005/08/26 8:33:40

コメント

う~む・・・。思い出したぁ~
宍道湖の嫁が島に歩いていく人々。
昔は、宍道湖が凍って歩けた?
うそだぁ~と思ってたら写真があった
わけですよ。
写真は素晴らしい・・・・
そんな写真を撮ってみたいもんだ。

投稿: ほった老人 | 2005/07/27 0:29:51

>ほった老人さん
ほぅ、宍道湖も昔は歩けたんですかー。
そういう記録写真があると、あとになって貴重な写真になりますね。(^^)

投稿: yama | 2005/07/27 1:11:09

時間限定の幻の島・・・
こんなところがあったなんて、初めて知りました!一口に瀬戸内海といっても、多彩な魅力がありますね~ご紹介有難うございました

投稿: うたこ | 2005/07/27 9:44:56

すごいですね!幻の島、高洲ですか、初めてしりました(^-^)/色々な貝が採れるんですか、いいなぁ~食べてみたいです!
yamaさんには、いつも色んなことを、教えてもらっていますね(^-^)

投稿: shimashimanzu | 2005/07/27 10:26:47

>うたこさん
同じ瀬戸内にお住まいのうたこさんもご存じなかったですか?
もし、またこちらへ来られるときは大潮の日を選んで潮干狩りにでもいらしてください。

>shimashimanzuさん
案外、瀬戸大橋の近くにこんな幻の島があるなんて地元以外ではあまり知られていないのかも知れませんね。
これも自然の不思議のひとつかな・・・?(^^ゞ

投稿: yama | 2005/07/28 1:55:58

コメントを書く