« 最期の儀式 | トップページ | トラツリアブ »

2005年10月30日

山の端

051030yamanoha

秋は夕暮れ
夕日のさして、山の端(やまのは)いと近うなりたるに・・・
                      (清少納言 「枕草子」より)

確か中学時代の国語の時間に一生懸命覚えたなぁ。(笑)
遠い古(いにしえ)の昔、清少納言の眺めた空もこんな感じだったのかなー?県北の仕事先からの帰り道、そんなことを思いながら道路わきに車を停めて、染まり行く雲をボーっと眺めてました。<(^-^;
 

 2005年10月30日 |

« 最期の儀式 | トップページ | トラツリアブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/6738123

この記事へのトラックバック一覧です: 山の端:

コメント

こんばんはです♪
やさしい空気感を感じます…。
昔の人は今の人より、
きっと 空をよく眺め楽しんでたんだろうなぁ~。
過ぎゆく季節(時)に切なく…キューン☆です。(^‐^)

投稿: tanu | 2005/10/30 19:28:36

会社の帰りにとても綺麗な夕焼けでして、これは撮らなきゃ、と思い良い場所を探して撮ろうとしたんですが(デジカメ持ってました)ここって言う場所に着いたときには、もう沈んでいまして、がっかり致しました。yamaさんはいつも
いい写真撮りますね。

投稿: yasukomama | 2005/10/30 23:57:33

>tanuさん
仕事帰りに、こういう風景見ると少しはホッとしますね。(^^ゞ
確かに、名だたる歌人や随筆家の表現がうまいのはそれだけよく見ていた証拠でもあるんでしょうね。

>yasukomamaさん
僕もそういうことはしょっちゅうありますよ。(笑)
そんな時は目に焼き付けてあとで思い出しながら現像します。なーんて。<(^-^;

投稿: yama | 2005/10/31 1:14:26

コメントを書く