« くらしき百景取材日 | トップページ | 大いなる氷の滝 »

2006年2月19日

厳冬の岩井滝

060219ice_t
「岩井滝 凍てつく世界」

今からちょうど2年前の2月19日。
僕はある滝を目指して、真冬の中国山地をひとり彷徨ってました。

鳥取県境に程近い岡山県最北部。
車が通れる山道は途中で雪で鎖され、仕方なく車を乗り捨てて歩くこと数十分、ようやく滝の入り口に到着。ふと見ると背丈ほどある滝への案内標も完全に雪の中。
人の気配どころか足跡も全くないので、この先どこをどう進めばいいのかわからない。
渓流沿いの、斜面になった深い雪の中を平坦な場所を選びながら一歩ずつ慎重に歩いていく。時には太腿まで雪に埋もれながら・・・。(笑) そして、約1時間後、ようやく目的の滝が目の前に姿を現した・・・・・。

岩井滝」-岡山県上齋原村(現在は鏡野町)
全国名水百選にも選ばれ、滝の裏側に廻れることから裏見の滝とも呼ばれています。
ただ、冬には雪に鎖され、訪れる人もほとんどない岩井滝。それでも、流れ落ちる水が凍って作り出す神秘的な氷の造形を一度この目で見たくて・・・。

というわけで、きょうから3日間は少し趣向を変えて、厳冬の岩井滝特集をしてみたいと思います。
未公開画像の数々!?どうぞお楽しみに・・・。(^^)
  

 2006年02月19日 |

« くらしき百景取材日 | トップページ | 大いなる氷の滝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/8743270

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬の岩井滝:

コメント

こんばんわ。
へぇ~、岩井の滝の冬はこんな様子なんですね。
厳しそう、でも次回を楽しみにしています。

投稿: spoon | 2006/02/19 23:17:50

ひぇ~~~☆( ̄▽ ̄;)
写真、美しく迫力満点…でもそれ以上に行動力が激しい~☆
時々、yamaさんが 何者なのか?って、考えてしまいます。(笑)
やっぱ凄い♪特集、めっちゃ楽しみです~。

投稿: tanu | 2006/02/19 23:28:15

やっぱ、カンジキですか?
スキーですか?
長靴は蟻地獄・・・・・・・

投稿: ほった老人 | 2006/02/20 0:52:25

  滝が凍ってしまうほど寒いなんて。
この写真も幻想的でいいけれど
もっともっとたくさんの写真を見せてもらえるみたいでうれしいです。
 寒い中お疲れ様でした。

投稿: tokorin | 2006/02/20 8:37:36

yamaさん、こんばんわ~。
滝が凍るとこんな感じなんですか?
ん~。。
でも、この写真だけじゃ、私には良く分かりません…。
ごめんなさい、変なコメントで(^-^;

投稿: miyu | 2006/02/20 20:03:36

キレイな色の蒼い氷の滝(?)氷柱(?)ですね。 深雪の中のラッセルは大変だったでしょう。(ラッセルなんて言葉、何年ぶりかで使いました。)
大変だった分、神秘的な滝の造形を撮るのもひとしおだったのでは?

次回の写真も楽しみです。

投稿: shoegirl | 2006/02/20 21:37:00

>spoonさん
さすが、岩井の滝をよくご存知なんですね!
夏や秋なら10~15分で着くのでしょうがこの時は1時間もかかってしましました。(笑)

>tanuさん
ニャハハ、僕が何者なのか?って?(笑)
それはいいとして、お待たせしました。いつかお約束した滝の写真です。遅すぎてtanuさんに見事に先を越されてしまいましたが・・・。(^^ゞ

>ほった老人さん
この時は単なるトレッキングシューズでしたよ。
根性でしょ?(笑)

>tokorinさん
コメントありがとうございます。
もうすでに春爛漫の奄美から見ると時期外れの写真ですがよかったらお付き合い下さい。

>miyuさん
カメラは面白い道具で、ほぼ人の目で見たとおりに撮れることもあれば、人の目で見えないような写真も撮ることができるんです。(笑)

>shoegirlさん
氷はこんな感じで、青く撮るとより冷たく感じるし幻想的でしょ?(笑)
たまにはこういうのもありかなーと思ってます。また続きも見てやってくださいねー。(^_-)-☆

投稿: yama | 2006/02/20 22:57:43

コメントを書く