« 大いなる氷の滝 | トップページ | 繊細なる氷の世界 »

2006年2月21日

神秘なる氷の精たち

060221ice1

凍てついた滝の傍らに、音を立てながら雪穴の中深くへと落ちていく水飛沫(みずしぶき)。
そして、この雪穴の周囲に近寄ると、さまざまな形をした氷の精たちが僕を迎えてくれました。

「いったいどれくらいの時間をかけてこんな形になったのだろう・・・。」
表面は一様に丸いのだけれど、その形のバリエーションの多さにビックリ。でこぼこした形のものや泡のように吹き上がったもの。さらに大小の円柱形のものや波打つような形のものまで・・・。ずっと見ていると、これら氷の精たちに、まるで命があるかのような不思議な感覚に陥ります・・・。

060221ice2


060221ice3


060221ice4

ご覧になるとお分かりかと思いますが、氷の表面はとてもよく滑ります。そういえば、僕も写真を撮るうちに何度も転んだり尻もちをついてしまった記憶が・・・。(>_<)

岩井滝シリーズ、予想以上に反響をいただいたので勝手にアンコール?明日もう一日やります。(笑)
さてエンディングにふさわしい写真があるかな・・・?
 

 2006年02月21日 |

« 大いなる氷の滝 | トップページ | 繊細なる氷の世界 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/8771995

この記事へのトラックバック一覧です: 神秘なる氷の精たち:

コメント

こんばんわ
これ、月夜に踊りだしませんかね?
二枚目のイソギンチャク風のが面白そうです。

投稿: ジェナス | 2006/02/21 21:03:39

はじめまして。
時々 覗かせてただいておりました。
見事ですね!
こんなに様々な形があるのには驚きました。
ブルーの世界もとてもステキですね。
また 遊びに参りま~す。

投稿: judy | 2006/02/21 21:21:27

生命(いのち)与えられし光閉じ込めて

一番奥で輝けるものがあるとすれば

時間(とき)も 周りを包むものすべてが
動きを止めても

月のあかりに ほんの少し照れて
閉じ込めた光をゆっくりと  溶かしていくでしょう

月夜に踊る光たちの声が
きっと 空に 響き渡る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼間はたくさんの光を吸収して
絶対夜には クリスタルみたいに
キラキラ光る!(はず(笑

きっとね、夜には 何かしら音が出そうな気がするんです^^


投稿: Stacie | 2006/02/21 21:45:45

昨日のお写真の迫力さとは違い…
今日のは、可愛いし美味しそう~♪(´▽`*)
レロレロしたくなっちゃいますね~。(笑)
ほんま絶対 自分では見る事の出来ない世界です。
この素晴らしさ…感動!

投稿: tanu | 2006/02/21 21:50:09

ブルー、う~ん?
カメラの設定?それともRAW現像の際の焼き込み?
後者だと思いますが、いかがです?
前者なら、設定を教えてくださいm(__)m

投稿: key | 2006/02/21 22:19:04

う〜ん!
2年前の写真だったのか〜( ̄~ ̄;)
最近撮ったのならすぐにでも行って見ようかと思ったけど
このところ暖かいから溶けてるだろうなぁ〜
しかし!
2年前でこんな青い氷爆を撮れていたなんて驚きです!
2年前の私なんて。。。。(T^T)ウック!
近々keyさんと王子ガ岳に参上します!(会えたらヨロシク(^○^)/!)

投稿: ヒロパン | 2006/02/21 22:46:28

yama-san

氷の精とyama-sanのコラボレーションで、より美しくそして楽しい氷のオブジェの写真になったようですね。 青く透きとおった氷の冷たさがつたわってくるようです。

すってんコロリンしているyama-sanの様子が目に浮かぶ?!(笑)

投稿: shoegirl | 2006/02/21 23:19:35

こんばんわぁ♪ カカオです。
やっぱり自然の造形美は凄いですね(*'0'*)
どんな天才彫刻家でも敵わないでしょう。
そんな自然の芸術を見事に切り取られたyamaさん。
さすがです(≧∇≦)ъ

投稿: カカオ(ブログdeフォトコンテスト) | 2006/02/21 23:32:26

 この形がすごいですね。
なんかすごく芸術的というか…でも人工ではこうも行かないのだろうと思うと、自然の力に驚かされます。

 奄美、汗ばむ陽気なのでこれを見たらいい具合に涼しくて、バッチリです!!

投稿: tokorin | 2006/02/21 23:50:08

綺麗で可愛くて、不思議の世界。
シーンと冷えた空気の中、人工的な音が全くしない時間が止まった様な異空間・・・本当に妖精が現れそう。素敵ですね。

投稿: jugon | 2006/02/22 14:54:48

>ジェナスさん
あはは、面白いジョークですね!(^○^)
イソギンチャク・・・確かにそんな感じがします。

>judyさん
はじめまして。
時々覗かれてたんですねー。(笑)
ブルーの世界、気に入っていただけてよかったです。
またお時間があれば覗いてやってくださいね。

>Stacieさん
きょうもいろいろ言葉のヒントを・・・。(笑)
月明かりの氷柱も覗いてみたくなりました。
写真で撮るのは無理でしょうが、わずかな光で輝いているキラキラも見てみたいです。

>tanuさん
ツルツルした感触が伝わったかなー?
そういえば、写真を撮ったあとは寒かったけど、のどが渇きました。歩いて汗をかいたせいか、短時間で夢中になったせいかはわからないけど・・・。(笑)

>keyさん
ご質問ありがとうございます。
答えはすごく単純なものです。がっかりせずに(笑)最終回を読んでみてくださいね。

>ヒロパンさん
またまたお越しいただきありがとうございます。
こちらも時間をとってヒロパンワールドへゆっくりとお邪魔したいと思います。
王子が岳、ぜひお越し下さい。仕事がなければ寄らせていただきます。山猫さんにでも連絡しておいて下さい。

>shoegirlさん
わ、氷の精とのコラボレーションなんて、なんとウレシイお言葉。(笑)
すってんころりん、おはずかしい・・・。(>_<)
一度はあわや谷底へ落ちる寸前でしたがなんとか踏みとどまりました。(^^ゞ

>カカオさん
ありがとうございます。
なるほどー、天才彫刻家もかなわない・・・か。
自然の氷まつりといった様相でした。

>tokorinさん
自然は偉大なる芸術家。
こんな形や模様を作り出してしまうのですから驚きですね。夏の奄美までとっておけばよかったかな・・・。(笑)

>jugonさん
わー、ありがとうございます。(^^)
そこまで感じ取っていただけてうれしいです。
jugonさんはとても感性と表現力が豊かな方ですね!

投稿: yama | 2006/02/22 22:59:44

コメントを書く