« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日

アマサギの季節

0604amasagi1

わが家の前の田んぼに降り立ったアマサギ
(アマサギの右の平らな白い物体はモンシロチョウです・苦笑)
毎年、田起こしの時期になると、必ず見かける鳥といえるでしょう。
ふわふわした頭部の羽毛を風になびかせ、まさに春の自然界を代表する亜麻色の髪の乙女?(笑) ま、それはともかく、田んぼにやってきたのはちゃんと理由があるわけで・・・。

0604amasagi2
そう、ここへやってきたのはお腹が空いたから・・・。アマサギは田おこしの後の田んぼにやってきては、カエルやトカゲなどの獲物を探します。


0604amasagi3
トカゲかな?しっかり嘴でとらえています。かわいそう・・・と思われるかもしれませんが、彼らにとって生きるためには当たり前の弱肉強食の世界。


0604amasagi4
しばらくここで食餌を続けていたアマサギ。どうやら満腹になったのか羽をなびかせ飛び去って行きました・・・。

ってことで久々の4コマ写真でした。(^^ゞ
そうそう、この写真は先日菜園の準備をしている最中に撮ったものですが、僕の場合、こーいうことをしてるからなかなか畑仕事もはかどりません。(笑)
さて、みなさんはGWいかがお過ごしですか~?
 

2006年04月30日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年4月27日

夕陽に染まる菜の花畑

060425kasa11

昨日に引き続き、笠岡干拓地の菜の花
ひまわり同様、夕暮れと菜の花も撮ってみたくなるわけで・・・。(笑)

060425kasa12
・飛行機雲と菜の花と・・・


060425kasa9
・夕陽に染まる菜の花畑と農道空港


060425kasa10
・最後はお決まりのこのカット・・・(笑)

同じ場所でも、ひまわりに比べるとポイントが絞りにくく難しかったですー。(汗)
笠岡の菜の花、3,000万本のスケールを感じてみたいな、と思われた方はぜひ・・・。今週末までは満開だと思います。お天気よくなるといいですね!
 

2006年04月27日 | | コメント (19) | トラックバック (1)

2006年4月26日

笠岡干拓地の菜の花

060425kasa1

笠岡干拓地の菜の花畑

春爛漫。
今、広大な笠岡干拓地に見渡す限り菜の花の黄色い絨毯が広がっています。笠岡市のHPによると、広さ14haに菜の花の数は、な、なんと約3,000万本
笠岡干拓地といえば、何と言っても夏の終わりのひまわりが有名で僕もその撮影に毎年出かけていますが、晩夏のひまわりのなんとなくどこかもの寂しげなイメージと違って、春の菜の花はやっぱり明るく楽しそうなイメージ。
今回は仕事帰りで日没に近くあまり時間もなかったのですが、そんなシーン意識してレンズで追ってみました。

060425kasa2
・ほら、みんなより高いよ!

060425kasa3
・二人仲良く・・・

060425kasa4
・菜の花の写真、誰に送るのかな?

060425kasa5
・追いかけっこ、楽しいね!

060425kasa6
・肩ぐるま、よーく見えるよ

060425kasa7
・菜の花の小径

060425kasa8
・風に揺れる菜の花

笠岡干拓地の菜の花

そうそう、今年は開花が遅れたので今週末頃までは十分楽しめると思います。GW、どこへ行こうかなと思ってらっしゃる方は4/29,30なら間に合いますよ!
笠岡の菜の花、明日も続くかも・・・?(笑)
 
【関連記事】
笠岡 菜の花(2010.4.25)
 

2006年04月26日 | | コメント (13)

2006年4月25日

エメラルドグリーンの海

0604emerald

エメラルドグリーンの海・・・。
とまではいきませんが(笑)前回のハマダイコンとワカメ採りの砂浜を別の日に上から見るとこんな感じ。瀬戸内の海も穏やかで澄んでいる日はまずまずの透明感があります。

そーいえば、もうすぐGW。
みなさんも体調に気をつけて今週いっぱいがんばってください。
最近レスが遅れ気味になっていますがお許し下さいませ。m(_ _)m
 

2006年04月25日 | | コメント (15) | トラックバック (1)

2006年4月23日

春の海からの贈り物

060423sunahama0

ある海が荒れた日の夕暮れ。
ハマダイコンの咲き乱れる砂浜に初老の男性が一人。
何をいているのかといえば・・・

060423sunahama1
かなり長い竿とバケツを持って広い砂浜を歩いていますが、釣り人ではありません。

060423sunahama2
立ち止まったかと思うと、波打ち際で竿を海につけはじめました。

060423sunahama3
もうおわかりですね。
彼は竿を使って打ち寄せられたワカメを採っていたんです。この時期、海が荒れると僕も砂浜に行ってワカメをお持ち帰りすることがありますが(笑)、こうして長い竿先に巻きつけると岩に引っかかっているワカメも海に入らず採ることができますね。

ここ児島・下津井は瀬戸内海では有名な美味しいワカメの産地。一般的に潮流が速いところで育ったワカメは味が良いと言われます。特に春先の「下津井わかめ」は絶品。今年は水温が低くて、少しワカメの生育が遅れていましたが、やっぱり肉厚で軟らかい下津井わかめは食感がたまりません。(≧▽≦)

060423wakame
・春の風物詩 下津井わかめ干しの風景

あー、食べ物の話をしたらちょっとお腹が空いてきました。(笑)
 

2006年04月23日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年4月22日

夕陽とアオサギ

060422aosagi

夕陽、引き潮、オレンジ色に染まる海。
じっと動かないアオサギ君をシルエットに・・・。

風景を撮るとき、構図の中に何か「点景」があれば多少なりとも絵が引き締まります。欲を言えば、動きや動作(この写真の場合だと、沖に小舟が横切る、あるいはアオサギが飛ぶなど)が加われば、さらに「想像力」をかき立てるのですが・・・。
こんな感じ・・・
いつもそううまくはいきませんね。(^_^;)
きょうは一日、小雨と曇り空。
明日の瀬戸内はきれいな夕陽が見られるといいね・・・。
 

2006年04月22日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月20日

森の風車たち

0604seriba2

うっすらと日の差し込む森の中。
毎年4月中旬には、こんな不思議な風車たちが僕を迎えてくれます。
で、この風車の正体は・・・?

直径約3cm、高さは地面から約20cmほどの小さな緑の風車。
上から見ると・・・・・

0604seriba1

ほら、ホントにクルクル回りだしそうでしょ?(笑)

で、これって何なの~?


「シダの仲間?・・・・それとも新種の植物?」

「いえいえ、ご存知の方も多い植物です・・・。」


正解は・・・・・

0604seriba0
・2006年3月中旬撮影

セリバオウレン
そう、緑の風車の正体はセリバオウレンの種だったというわけ。
ここは3月中旬、足の踏み場もないくらいのセリバオウレンが咲き乱れていた場所。そこには現在こうしてたくさんの種ができています。
セリバオウレンには雄花と両性花がある話はよく知られていますが、中心がやや紫がかった両性花が結実すると、約3週間後にこんな緑の種(サヤ)の風車ができるのです。
一風変わったユニークな姿でしょ?(^^)
 

2006年04月20日 | | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年4月19日

蒜山から大山へ

060419hirudai1_1
・残雪の大山と烏ヶ山

きょうは朝から岡山県北 真庭市へ出張でした・・・。

真庭市勝山、湯原、蒜山と移動しながら全部の仕事が終わったのが17時過ぎ。(-_-;)
もうすでに日が陰り始めていたけど、残雪の大山がハッキリと見えていて、このまま帰るのももったいない感じ。(笑)
たまたま仕事で使う写真も必要だったので、その取材を兼ねて大山南麓を急ぎ足で回ってみました。

060419hirudai2
・鬼女台(きめんだい)付近から蒜山三座


060419hirudai3
・奥大山スキー場付近からヤドリギとともに・・・


060419hirudai4
・鍵掛峠からほった老人に捧ぐ・・・(笑)


060419hirudai5
・美用付近から桜とともに・・・


060419hirudai6
・三平山森林公園付近にて


060419hirudai7
・またきょうも黄砂で白っぽい夕日


060419hirudai8
・大山が次第に闇に包まれてく・・・

うーん、もう少し時間があればゆっくりできたんだけどなー。
きょうは日帰りの上、移動が多くてちょっと運転疲れです・・・。(=_ヾ)
 

2006年04月19日 | | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年4月18日

久しぶりの夕陽

日曜日の夕陽です。
波風が高く、日没の時間になるとまるで冬のように寒かったです。((+_+))
このところ、黄砂による白い夕陽が多かっただけに、オレンジ色に染まる夕陽がなんだか新鮮。(笑)

060416yuhi1
・風に揺れるハマダイコン・・・


060416yuhi2
・冬のように澄み渡った空


060416yuhi3
・日没時はこんな空に・・・
 

2006年04月18日 | | コメント (15) | トラックバック (1)

2006年4月17日

桜・エピローグ

060416ouji7

王子が岳桜園地の桜。
瀬戸内海と桜」の爽やかな桜とは対照的に、園内の桜はすでに散り始めていて儚さを感じました。そんな散り行く桜の姿を、帰り道に少しスナップしてみました・・・。

060416ouji4


060416ouji5


060416ouji6


060416ouji8

 

2006年04月17日 | | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年4月16日

瀬戸内海と最後の桜

060416ouji3

王子が岳から見る瀬戸内海のパノラマと桜。
きょうは、朝早く起きて光の状態がいい午前7時半頃に順光で狙ってみました。王子が岳の桜はすでに散り始めてましたが、朝日にほんのり染まった桜と久々の蒼い海が綺麗でした。

060416ouji2


060416ouji1

この贅沢な組合せ、今年はきょうが最初で最後。桜の開花が遅れた上に、雨と曇り続きでこの風景が見れないと思っていただけに晴れてくれてよかったです。<(^-^;)
  

2006年04月16日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月14日

桜満開・瀬戸大橋

060414seto1

先日、「二年越しの桜」でご紹介した瀬戸大橋を望む桜の木。
遅れていた桜もようやく満開になりました~!

その他、児島周辺の瀬戸内海沿いでは・・・
城山公園(下津井城址)王子が岳桜園地もほぼ満開。
瀬戸内ではこの週末が今年の桜のラストチャンスとなりそうです。
しかーし、明日は天気予報に雨マークがずらり。
日曜日は晴れるといいね・・・。
 

2006年04月14日 | | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年4月13日

ギフチョウに逢いたい

060413gifu1
ギフチョウ 2005.4.14 撮影(岡山県鏡野町にて)

春の女神、ギフチョウ
女神とは言うけれどアップで見るとこんなに、ヒゲもじゃ。(笑)
今年の県北は雪の影響でギフチョウの羽化も遅れているとか・・・。今年も山桜の間をひらひらと舞う君に逢いたいけれど、どうかな?

2006年04月13日 | | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年4月11日

道先案内人

0604hanmyo1

桜の開花時期に合わせるかのように、山の道先案内人こと、ハンミョウの鮮やかな姿をよく見かけるようになりました。

0604hanmyo2

人が歩くたびに、飛び立っては少しずつ遠くへ降り立ち・・・これを繰り返します。もちろん、本当に道を教えてくれているわけではありませんので、ハンミョウ撮影に夢中になっていて迷子になってもしりませんよ。(笑)
 

2006年04月11日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年4月10日

モノクロームの桜

060409ono01

尾道・千光寺周辺をぶらり歩き・・・

060409ono02060409ono03060409ono04
060409ono05060409ono06


060409ono07

以上、スナップです。
千光寺公園の桜はとてもきれいだったのですが、黄砂の影響もあり、自分では満足行くような写真が撮れなかったのでモノクロでごまかしています。お許しを・・・。
 

2006年04月10日 | | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年4月 9日

尾道千光寺の桜

060409ropeway1
・ロープーウェイと桜と尾道大橋

児島の桜がまだ満開じゃないので、少し足を伸ばして尾道へ。
さすがに日本の桜百選に選ばれている尾道・千光寺の桜だけあって、花見真っ盛りのきょうは、山頂の駐車場へたどり着くのも一苦労、長い渋滞でした・・・。
1時間ほどかかってようやく車を停め徒歩で千光寺へ。
公園内の桜はちょうど満開、見頃でしたが、連日の黄砂で尾道水道の眺めも白っぽく、思ったような写真は撮れませんでした。

060409ropeway2
・アップで・・・

060409ropeway3
・ロープーウェイも超満員・・・

ご覧の通り、かなりの人出で賑わってました。
他にも写真は撮ったのですが、アップするかどうか思案中です。
 

2006年04月09日 | | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年4月 8日

備中国分寺夕景

060407yuhikoku

備中国分寺の夕景と菜の花。
昨日の夕方、仕事の移動中に備中国分寺の前を通ったら、ちょうどきれいな夕陽が沈んでいく最中で、セブンイレブン(笑)に慌てて車を停めて撮りました。満開の菜の花が夕陽に映えていい感じでした。
もう少しゆっくりしたかったのですが、次の仕事があったので露出合わせをして数枚撮ってそそくさと車へ。(苦笑)

060408yuhi_1それに引きかえ、きょうの瀬戸内は午後から霞んで風も強く、桜も状況確認だけに終わりました。(苦笑)
夕方、三百山にも行きましたが黄砂の影響なのか先日と同じような白い夕陽でした。見通しが悪いので船も全然通らず、パッとしないのでサムネイルを小さくしてみました。(笑)
 

2006年04月08日 | | コメント (17) | トラックバック (1)

2006年4月 7日

瀬戸大橋と桜

4月6日現在の瀬戸大橋周辺の桜開花状況です。

060406sakura1
・ここだけ満開♪(下津井中付近)

060406sakura2
・5分咲き(田土の浦公園)

060406sakura3
・5分咲き(三百山のヤマザクラ)

以上ですが、参考になりましたでしょうか?
これ以外の場所では、さくらまつり開催中の城山公園は海側がまだ3分咲き程度、王子が岳桜園地もまだ3~5分咲きのようです。
全体的に、児島の桜の見頃は週末以降、来週に入ってからかもしれませんね。
  

2006年04月07日 | | コメント (18) | トラックバック (2)

2006年4月 6日

二年越しの桜

060406sakurae

瀬戸大橋を見下ろす丘で、初老の女性が海と桜の絵を描いていた。僕は絵が下手なのでこんな風に描ける人を見ると尊敬してしまう。

聞けば、昨年描きはじめた絵がまだ途中なので、続きを描きに来たと言う。実は、写真の左の方に、絵に描かれている大きな桜の木があるのだけれどまだ2分咲き程度。
「もおー、今日は咲いてると思うたんやけどなーーー。」
と、にこやかに笑うその表情がとても印象的だった。

二年越しで一枚の桜の絵を描く・・・。写真ではそういうことができないだけに、僕もいつかこんな優雅な時間を過ごしてみたいな・・・。
 

2006年04月06日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月 5日

コチャルメルソウ再発見

060405kotya1

コチャルメルソウ
この時期、湿った沢沿いなどでよく見かけるコチャルメルソウ。
花が咲いても地味で、知っていないと見過ごしてしまう、そんな植物です。
今回は、このコチャルメルソウを逆光と順光で撮影してみました。

060405kotya2

さて、ここで問題。
コチャルメルソウの花弁はいったいどれ?」でしょうか。

一見、内側にある黄緑の丸い部分が花のように見えるのですが、これはガク。
驚かれるかもしれませんが、花弁はいちばん外側で茶色いクシのようになっている部分です。

コチャルメルソウの花弁はだいたい外に反り返っていて、通常5枚。また花弁がなんだかヒゲの集まりのように見えますね。僕が見る限りこのヒゲは7本または9本あります。また中央にめしべが1本、それを取り巻くようにおしべが5本あるのがおわかりになるでしょうか?
先日、写真を撮っていて、中心から、めしべ→おしべ→花弁と一直線上に並んで放射状に広がっていることに気づきました!(笑) 

さらに逆光マクロ写真をよーく見てみると・・・

060405kotya3

花弁を含めた全体が微細な毛で覆われてることもわかりました!
目立たない植物でも、写真を撮りながらよーく観察すると新しい発見がありますね。もし沢地を歩くことがあれば、岩場や苔の間の足元でひっそり生えているかもしれないので、靴で踏まないように気をつけてあげてくださいね。(^_-)-☆
 

2006年04月05日 | | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年4月 4日

癒しの時間

060404sunset

僕にとっての癒しの時間・・・。

海辺に車を停め、窓から夕陽を眺める時間。
過ぎ行く時間の流れが幾分ゆるやかに感じられるのは
日が少しずつ長くなっていってるせいかな・・・。

今、ちょっと仕事が立て込んでいてお疲れモードです。
その上、お恥ずかしながら昨夜から風邪っぽいような・・・。(-_-;)
 

2006年04月04日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 3日

バナナ虫の季節

060403banana1

バナナ虫」ことツマグロオオヨコバイ
バナナそっくりのクリーム色の翅に藍色がかった斑点。
春になり、林の地面からいろんな草が覗きはじめると、このツマグロオオヨコバイの動きも活発になってきます。
葉っぱや茎の汁を吸うので、農家や園芸家の方からは嫌われてますが、子供たちにはバナナ虫の愛称で親しまれています。

ツマグロオオヨコバイは大きく分類すると、アワフキやツノゼミなど同じくセミの仲間
名前の通り「横這い」が得意で、この時もレンズを通して目が合ったのか、足を広げて一生懸命葉っぱに隠れようとしてました。虫嫌いの方には申し訳ないのですが、僕はこのお茶目でキュートな顔が憎めないのです。(^_^;)
 

2006年04月03日 | | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年4月 2日

瀬戸大橋で与島へ

きょうは、JB本四高速から瀬戸大橋フォトコンテストの表彰式と、北備讃瀬戸大橋での塔頂撮影会(受賞者のみ)に招待され与島へ行ってきました。雨予報だったのだけれど昼前から日が差し始めて回復の兆し。・・・・・ところが、表彰式が終わるころに空がにわかに暗くなり、激しい雨が降り出しました。
で・・・・・・・
瀬戸大橋の塔頂撮影会はやむなく中止に・・・。(T-T)
ホントはみなさんにきょうのトップで海上175mからの瀬戸大橋の雄大な眺めをドーンとお見せしたかったのですが、残念です。(-_-;)

060402yosima2

さて、与島では4月1日~30日まで「瀬戸大橋スプリングイベント」が行われていて、期間中の土日祝は多彩なイベントがいっぱい。
4/8、9には普段は立入禁止になっている鍋島灯台と枝垂桜が公開、4/16は瀬戸大橋キッズカーニバルと瀬戸大橋・与島ファミリー釣り大会、4/30にはさかなクンも与島にやってきます。(笑)
さらに、この4月いっぱいは本四高速の与島PA Uターン割引で、早島、児島、坂出北、坂出各ICから与島PAまでの往復に限り瀬戸中央自動車道の通行料金が半額になります!(例えば児島~与島は往復3,200円が1,600円に・・・) ぜひこの機会にお友達、ご家族でぜひ潮風香る与島へお出かけ下さい。

060402yosima1

あ、与島に行かれたら、フィッシャーマンズワーフのシーサイドガーデンで、5/7まで瀬戸大橋フォトコンテスト入賞作品も展示していますので、お帰りによかったら見てやってください・・・。(^_^;)


↓おまけ、きょうの三百山の夕陽です。(笑)
060402_300
 
【与島の関連記事】
坂出花火を与島から(2006.8.6) 
だるま夕日と瀬戸内海(2007.11.23)
海王丸 坂出・玉野へ(2008.5.10)
瀬戸大橋スカイツアーに参加(2008.10.12)
瀬戸大橋残照 与島にて(2008.10.18)
 

2006年04月02日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年4月 1日

ハマダイコン咲く

060331h_dai1

海辺にハマダイコンの花が咲き始めています。
瀬戸内の浜辺では、これからハマヒルガオハマエンドウといった海浜植物が次々と咲き始めますが、残念なことに、このハマダイコンにレンズを向けてる人をほとんど見たことがありません。
サクラはもちろん、ユキワリイチゲやカタクリなどの山野草は多くの人に注目されるのに、なんだかちょっと可愛そう・・・!?
でも、心配ご無用。
今年も僕がちゃんと撮ってあげるから・・・。(笑)
みなさんも浜辺でハマダイコン見かけたらぜひ近寄って海の風景とともに撮影してみてください。アップで見るとわかりますが、なかなか可憐な花を咲かせるんですよ~。(^^)

060331h_dai2
・白いハマダイコン


060331h_dai3
・薄紫のハマダイコン


060331h_dai4
・濃紫のハマダイコン

この日は風がとても強かったので、揺れるハマダイコンを撮るのも一苦労でしたが、こんなふうに色のバリエーションもあっておもしろいでしょう?

そうそう、ハマダイコンはダイコンが野生化したものと言われています。その証拠に・・・

060331h_dai5

一ヶ月ほど前はこんな感じでした。(笑)
 

2006年04月01日 | | コメント (12) | トラックバック (2)