« 梅雨の谷間の空と海 | トップページ | 老人と海 »

2006年6月26日

赤いカブトエビ

0606kabuto1

3億年前の生きた化石、カブトエビ
今年は赤いカブトエビを発見・・・!?

 
0606kabuto_tanbo

この時期、田舎の田んぼの人気者といえば、カブトエビ
先週の日曜日、わが家の前の田んぼでは子供たちが恒例のカブトエビ観察。僕はといえば畑仕事をしていたのだけど、次男が、「赤いカブトエビ見つけたー!」と呼ぶので行ってみると・・・
ホントに赤いカブトエビが・・・。

0606kabuto2


0606kabuto3

毎年、カブトエビと遊んでいるけど、赤いのを見たのは初めて。
他にもまだいるかな・・・と探してみたけど、赤いカブトエビはこの1匹だけ。最初の写真のように、他のは全部くすんだこげ茶色でした。種類が違うのかと思って少し検索してみましたが、ハッキリしたことが今だわからず・・・。赤いカブトエビについて、何かご存知の方がいらっしゃれば教えてほしいのですが・・・。

0606kabuto4

【追記】
ネットを調べてみると、どうやら紅カブトエビ(ベニカブトエビ)というのがいるらしいです→生命農法研究会のサイト
http://www.seimei-noho.com/g_yukimai.html

うちの前の田んぼは、毎年同じ人が田植えをしていて、他に目立って赤いカブトエビも見つからなかったので、上のサイトに載っている紅カブトエビというのが持ち込まれた可能性は低い気がするのだけど・・・。(-_-)
このHPによれば、山形県南陽市に住んでいたヨーロッパカブトエビの突然変異によってできた・・・とありますが、わが家の前の田んぼの赤いカブトエビももしかしたら突然変異なのだろうか?(・・?ナゾ
 

 2006年06月26日 |

« 梅雨の谷間の空と海 | トップページ | 老人と海 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/10682071

この記事へのトラックバック一覧です: 赤いカブトエビ:

コメント

その昔、大阪の田舎に住んでいた頃、
田んぼでカブトエビを初めて見て感激した覚えがあります。
こんなに身近で見られるとは知りませんでした。
いつの間にかいなくなっても土の中で一年間も眠っているのですね。
不思議な生き物ですね~。。。
一番乗り~!(^^)v

投稿: ようこ | 2006/06/26 20:36:33

初めまして。
いつも素晴らしい写真を拝見させてもらっています。気になる記事でしたので書き込みさせていただきます。
私は3年前ほどまで香川県で暮らしていました。その時身近だった田んぼには赤いカブトエビが全体の3分の1程度の割合で見られました。付近の田んぼにはいましたが、隣町に行くといませんでした。
おそらく色素の薄い突然変異個体だと思います。動物などで見られるアルビノやヒメダカなどとよく似たものではないでしょうか?
とはいえ根拠はありませんし、推測に過ぎないのですが…。
これからも写真楽しみに見させていただきます。よろしくお願いします。

投稿: puti | 2006/06/26 21:23:48

こんばんわ、
カブトエビ‥まだ見たこと無いです。
実家の辺りでも、見たこと聞いた事も有りません。
田んぼと言う事は、淡水エビですよね、
カブトガニとは、また違うのかぁ‥
見て見たい物が増えました。

投稿: ジェナス | 2006/06/26 22:19:54

>ようこさん
一番乗り、ありがとうございます!
あら、ようこさんが大阪でお住まいだったとは初耳です。なんだか仲間が増えたようでうれしいなー。(^^)
カブトエビ、毎年子供たちと遊んでいます。ホウネンエビやらガムシやらこの時期の田んぼは生き物の小宇宙といった感じです。

>putiさん
はじめまして。
いつも見ていただいてたなんてうれしいなー。
しかも貴重な情報ありがとうございます。
> 香川で3分の1程度が赤いカブトエビ・・・
へぇーそういう場所もあるんですね!
とすると、あまり珍しくないのかもしれないですね。(笑)
> 色素の薄い突然変異個体・・・
やっぱり突然変異も可能性あり・・・なんですね。
また何か分かりましたら教えてやってください。これからも、気が向いたらちょくちょくのぞいてみてくださいねー。

>ジェナスさん
カブトエビ、このような自然発生的なものは農薬の使用などで数が減っていると思いますので仕方ありませんね。
カブトエビは淡水の生き物ですが、カブトガニは海水の生き物です。大きさはカブトエビがかなーり小さいです。(笑)

投稿: yama | 2006/06/26 23:08:53

カブトエビ…
夕方、数年ぶりに子どもと一緒に田んぼをのぞき込んでみました^^
田んぼの中には、数え切れないくらいの繁殖ぶりでひっくり返って
忙しそうに背泳ぎしているカブトエビ!
putiさんのおっしゃるとおり赤いカブトエビの方が多いくらいでした

「ヨーロッパカブトエビの突然変異体(アルビノに似て、色素がうすいために
このようにうす紅色をしています…」という書き込みもみつけましたょ↓
http://www.kumagaya.or.jp/~sizensi/other/kabutoebi/k_tusin06/k_tusin06.html

かがわの自然「かがわの甲殻類」↓
ご覧になってみて下さい^^
http://www.pref.kagawa.jp/kankyo/shizen/monogatari/koukaku/index.htm


投稿: kamome | 2006/06/26 23:30:07

>kamomeさん
おはようございます。
カブトエビ、そちらにもたくさんいてホッとしました。そうそう背泳ぎしている姿もユニークですよねー。(^^)
え、kamomeさんところもやっぱり赤いカブトエビが多い!?とすると最近、増えているのか、もともと多いのか・・・?謎ですねー。(-_-)
いろいろサイト紹介いただきありがとうございます。参考にさせていただきます!

投稿: yama | 2006/06/27 7:12:44

カブトエビ・・・はじめて見ました。

子供のころ流行った シーモンキーとは 違う?

なんで 赤いんでしょうねー もしかしたら 新聞ネタになるかもー。

今日は暑くなりそうです。

投稿: かんちゃん | 2006/06/27 7:38:30

一晩経つと大丈夫かな?
今年のカブトエビ、我が家は?と思って直ぐに田んぼを見てきました。おたまじゃくしは泳いでましたが、カブトエビは居ないようでした。
環境が悪化したかな?
送信できるかな?

投稿: よしとう | 2006/06/27 8:00:14

おはようございます。yamaちゃん。
田んぼにウヨウヨ生き物が居るところは、サギが溜まっているので目安になりますね(^^)
田んぼが楽しい季節になりました。
赤いカブトエビ。
昨晩のあちらは専門家の方に任せるとして…こんなページがありましたよ。「川西歯科医院天文台」のなかの「播州赤穂カブトエビ博物館」のところ
http://www2.memenet.or.jp/koyo/seibutu.htm
しっかりカブトエビを観察して検索をしてみれば、この赤いカブトエビの正体もきっとわかるかも。

投稿: こばし | 2006/06/27 8:34:05

ウチにもカブトエビが居たんですよ!もう逃がしたんですけど・・・でも赤じゃなくて茶色でもなく緑のカブトエビだったんです!ウチの父が珍しい!って取ってきてたんです。普通のカブトエビより小さくて可愛かったです!(^0^)

投稿: shimashimanzu | 2006/06/27 9:44:34

へ~~、こんなエビがそんなに身近に居るんですね。
コメントを読むと、いろんな色のが居るみたいですし。

もっと大きくなったりするのですか?

投稿: jugon | 2006/06/27 12:02:38

はじめまして。足跡残しますね♪東京・湾岸エリアでワンコとともに自由気ままに独り言綴ってます。
ポチしました!
先日地元で2度も本物のエイに遭遇しました!!東京の運河でですよ!!!

投稿: ビート | 2006/06/27 22:04:36

カブトエビって始めて知りました。
カブトガニとは違うんですよね。
両者とも「生きた化石」と言われるだけあって、共通したデザインですが、全然別の分類に当たるとか・・・
「生きた化石」のいる田んぼなんて、とてもきれいな水がひかれているのでしょうね。
出来たお米はとても美味そうです。

投稿: 運転手 | 2006/06/27 23:40:48

yamaさん,こんばんは~。
ここ数年,田植えの手伝いをしているお陰でカブトエビやホウネンエビは良く目にするのだけど,赤いのは見たことなかったです!
うちの方にもいるのかなぁ。
あちこち覗いて調査してみようと思います(笑)
しかしカブトエビ,泳いでる姿は可愛いけど,じっくり見るとちょっと怖いっすね…^^;

投稿: ゆっち | 2006/06/29 0:39:59

>かんちゃん
カブトエビはシーモンキーとは違います。(笑)
ただ飼育セットという名前で雑誌の付録として出回っていることがある点は共通してますが・・・。
専門の方に教えてもらったところでは、赤いのはアルビノ個体といって、黒い色素が欠失し、中の血液が透けているとのことです。

>よしとうさん
再投稿ありがとうございます。
よしとうさんところ、今年はカブトエビの姿がなかったのですね。
数が減っているだけならいいのですが・・・。

>こばさん
確かに~、サギのよく来る田んぼは生き物たちの生活環境も整っていますね!
(^^)
こばさんの教えていただいたページ、僕も見た記憶があります。写真や解説が違いを含め詳細に載っていますよね。
以前、うちのカブトエビの種類はなんだろうと思って少し調べた記憶があるのですが、同定はこばさんのおっしゃるようにじっくり時間をかけないと難しいように思いました。今度時間があればじっくりやってみます。(^^;

>shimashimanzuさん
僕もカブトエビはすぐに逃がしてやりますよ。
え、緑色のカブトエビ??
それはひょっとしてカイエビか豊年エビってことはないでしょうか。もしカブトエビだとすればすごいのですが・・・。(^_^;)
また詳細がわかれば教えてくださいませ・・・。

>jugonさん
興味があればネットでたくさん出ていますのでご覧になってみてください。
カブトエビの体長は2~3cmほどで、寿命が短いのでこれ以上大きくなることはないですね。

>ビートさん
はじめまして。
足跡&クリックありがとうございます。
そちらはかわいいワンちゃんの写真たくさんありますね。
また気が向いたら遊びに来てやってくださいね。

>運転手さん
実はカブトエビは水がきれいな田んぼでなくともいるんですよ。(^^)
ただ農薬に弱いので、できるだけ環境のいい無農薬田んぼの方が条件にあっています。鳥たちがたくさんいてそういう田んぼがあれば探してみてくださいね。

>ゆっちさん
現在日本のカブトエビには3種類あって
ヨーロッパカブトエビ・・東北地方のみ
アメリカカブトエビ・・・関東以西
アジアカブトエビ・・・日本中に点在
しているそうです。
僕が見たのはアジアカブトエビのアルビノ種ではないかと思うのですが、紅カブトエビというヨーロッパカブトエビを人為的に改良された種も存在するようなので、あの時もっとしっかり同定しておけばよかったなーと反省しています。f(^_^;)

投稿: yama | 2006/06/29 13:59:35

”紅かぶとえび”はアメリカかぶとえびに見えますよ。その他の写真のかぶとえびはヨーロッパかぶとえびのように見えます。
アメリカとヨーロッパにかなり詳しい素人向けのホムペを作っている人がいますよ。一度ご覧になられるといいかもしれませんよ!!
私はアメリカに住んでいますが世界中のかぶとえびやその近縁種の卵を集めています。

投稿: ボアー | 2008/10/19 9:27:30

コメントを書く