« ホエールウォッチング@高知 | トップページ | μ720SWで水中写真(四万十川編) »

2006年7月21日

四万十川の夏

060716shimanto01

日本最後の清流、四万十川
まるで時が止まったかのように、随所にノスタルジーを感じさせてくれる「ニッポンの川の原風景」がここにあります。
きょうはそんな夏の四万十川のスナップから・・・

 
四国山脈の不入山(いらずやま)にその源を発し、四万十市(旧中村市)へと蛇行を繰り返しながら流れる清流・四万十川。全長196kmに及ぶこの川にも夏が訪れていました!
川で遊ぶ子供たち、カヌーやキャンプを楽しむ観光客。そして、そこに住む人々の生活道路となっている沈下橋に行き交う自転車や軽トラック・・・・。これらが一体となって四万十川の夏ならではの風景を作り出しています。

四万十川が「日本最後の清流」といわれる理由は単に水がきれいというだけではありません。環境を破壊するダムがないこと、それに、流域の自然環境が残されていること。前回紹介したクジラの海を育てているのもこの四万十川と山々の自然があるから・・・。つまり、豊かな海を育てるのは川であり、山なのだ・・・。

060716shimanto02
・夏の風物詩、屋形船と四万十川


060716shimanto03
・佐田の沈下橋と観光客


060716shimanto04
・それぞれの四万十川


060716shimanto05
・カナディアンカヌーでのんびり行こう・・・


060716shimanto06
・遠くに鳥を見つけたかな・・・


060716shimanto07
・日焼けした少年がよく似合う

僕にとって、四万十川はその昔、初めてカヤックに乗り8kmに及ぶツーリングをした思い出の場所。今回もその当時と変わらぬ、どこか見覚えのある懐かしい川風景に出会えた気がしました。
四万十川、次回も続きます・・・
 

 2006年07月21日 |

« ホエールウォッチング@高知 | トップページ | μ720SWで水中写真(四万十川編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/11038020

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十川の夏:

» 夏の土佐・四万十川、日本最後の清流に感動 トラックバック 社長ブログ - ムラウチ社長・村内伸弘の社長日記
  裸足で四万十川と戯れるのぶひろ 西土佐村・岩間沈下橋 四万十川(しまんとがわ)の美しさに純粋に感動しました、 清流のシンボル・沈下橋(ちんかばし)のある風景はすてきでした。 こんなにも青く澄んだ美しい川が日本にまだあったなんて!       白い帆を張った帆掛け船・舟母船(せんばせん)に乗り込み 四万十のうつくしさを堪能させていただきました。 自分が生まれ育った日本という国に ゆっくりゆっくり流れる美しい川。 時には濁流となって暴れまわるそう...... 続きを読む

受信: 2006/07/30 10:47:25

コメント

どこか懐かしい日本の夏の風景ですね
四国に居ながらまだ四万十川を訪れたことがないので(近くて遠い四万十川)
いい風景を見せていただきました^^
行きたくなりますねっ!!
今日から夏休みだし…

四万十川流域は、日本でも有数な多雨地域…
この雨が豊かな自然と雄大な四万十川の流れをつくっているんですねっ

クジラも美しい川原の風景も見られたこと…
どうやらyamaさんは日頃の行いのよい方のようですね(笑)晴れ男!? 
写運とでもいいましょうか(笑)
次の四万十川も楽しみですっ♪

投稿: kamome | 2006/07/21 13:02:00

四国に居ながらまだ四万十川には行っていません(>_<)
地元社員からは、ほった老人さんの趣味なら四万十川に行けばいいのに・・・と言われてます。。しかし神がかりヤマさんですね(^_-)-☆
さぁ、夏休み。どんな夏が撮れるかな?

投稿: ほった老人 | 2006/07/21 13:57:33

四万十川…もう、10年近く前になります。
なぜか、橋の印象が強く残ってるんですよね~。(笑)
この頃を思い出すと 何で、写真してなかったんだろう~って☆
悔やんでも しょうがないんですが。(^ω^;)ゞ
それにしても、夏が似合う場所ですね…続きにワクワク♪

投稿: tanu | 2006/07/21 18:34:43

>kamomeさん
どこか懐かしい四万十川の風景、kamomeさんもそう思われますか?(^^) 
そうですよねー、四国だから行けなくないと思いますがいざ行くとなると気合がいりますね。児島から行くのと時間はほとんど変わりないし・・・。(笑) 待望の夏休み、子供さんも川遊びでいい思い出ができると思います。
晴れ男・・・そうだといいんですがー。(汗)

>ほった老人
そうそう、ほった老人、一度行って見られては?魚の手づかみの瞬間とかも見てみたいなー。(笑)
サイト復活していてホッとしました。( ̄ー ̄)ゞ

>tanuさん
お、さすがすでに行かれてましたか・・・。
僕も遊ぶばかりであまり写真撮ってなかったんです。tanuさんも同じ?(笑)
四万十川の沈下橋、僕も思い入れがあります。人の暮らしと切っても切り離せない、なくてはならない橋だから写真にもいいアクセントになってくれますね。
四万十川の続き、また見てやってください。o(^-^ )

投稿: yama | 2006/07/22 6:41:08

yamaさん
こんにちわ!
ぼくも先日四万十へ行ってきました ^^

ほんとうに素敵な素敵なところでした、
yamaさんの四万十写真もすばらしいですね。
ブログ見させていただきありがとうございました。

投稿: ブログ社長 ムラウチ | 2006/07/30 10:50:36

>ムラウチ社長
いらっしゃいませー。(笑)
TB、コメントありがとうございます!
四万十川、僕は何度か行ってるんですが、どこか懐かしい風景がここにはありますよね。
ムラウチ社長の写真も拝見させていただきました。いいシーンを押さえられてて楽しさが伝わってきました。またお邪魔させていただきますね!

投稿: yama | 2006/07/31 20:39:39

コメントを書く