« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日

晩夏の向日葵2006-夕暮れ編1-

0608kasaoka21

笠岡干拓地のひまわり畑。
次第にオレンジ色に包まれて・・・。
 

2006年08月31日 | | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年8月30日

晩夏の向日葵2006-昆虫編-

0608kasaoka11
・ミツバチと・・・

笠岡のひまわり畑に着いたのが17時。
昆虫たちをゆっくり撮る余裕がなくて・・・m(_ _)m

 
0608kasaoka12
・モンシロチョウと・・・
(先日も書きましたがモンシロチョウが異常に多いです。)


0608kasaoka13
・テントウムシと・・・
(ちょっと暑そうですね...)

特集「晩夏の向日葵2006 in 笠岡干拓地」まだ続きます。(^^;
 

2006年08月30日 | | コメント (16) | トラックバック (4)

2006年8月28日

晩夏の向日葵2006-人物編-

0608kasaoka03
・ひまわり畑と親子。ケータイカメラで・・・ハイ、チーズ・・・!

夏の終わりを告げる、笠岡干拓地のひまわり畑
さて、恒例の「晩夏の向日葵」、今年もいってみよかな・・・?<(^-^;

 
0608kasaoka04
・フィルムカメラで・・・

ピースサインのお母さんとデジカメ持った娘さんがすごく印象に残りました。逆光に輝くひまわりの花弁の中で、とっても微笑ましいシーンでした。


0608kasaoka05
・そして、デジタル一眼レフで・・・

慣れた手付きでNikon D70sを操り、逆光のひまわりを真剣に撮る女性フォトグラファー!彼女は、きっとただものではない!と思いきや、いざり~さんでした。(笑)


0608kasaoka06
・私だけの特等席で・・・

「このひまわり畑、もう少し高い場所から見たらどんなにきれいだろうね~♪」
「それじゃ・・・・・」(黙って彼女を担ぎ上げる彼氏)←実話です...

でも、そんなドラマのようなひまわり畑のシーンがちっとも不自然に見えないのは、やっぱり晩夏の夕暮れだからなんでしょうね・・・。
しばらく、特集「晩夏の向日葵2006 in 笠岡干拓地」続きます...
 

2006年08月28日 | | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年8月26日

夏の翳り

060826_koumuro

夏の翳りが見え始めた空。入道雲に秋の雲が同居?
夕方からは、残念ながら雲が広がってしまいましたが・・・

 
060826_300_1

やっぱり三百山へ・・・。(笑)
夕陽は期待していませんでしたが、日没の時間には湿った雲を通して空をほんのり明るく染めてくれました。
きょうのカメラマンは、またも夢民谷さんmosyupaさん。(笑)

さて、ご覧の通り瀬戸内海はまだまだ夏空が続いています。でもなんとなく少し翳ってきた感じがして、そろそろ夏も終わりかな・・・と。明日はいよいよ夏休み最後の日曜日。お天気になるといいですね!

2006年08月26日 | | コメント (21) | トラックバック (2)

2006年8月25日

三百山に魅せられて

060824_300

三百山、夏の終わりのハーモニー♪
この瀬戸内の夕景に魅せられた男たち・・・

 
この日、集まった男たちは、フーさん、夢民谷さん加藤さんわいさん、そして大トリは、mosyupaさん。(来られた順)
みなさん、それぞれの思いで夏の終わりの三百山の夕景をファインダーから眺めておられました。
特に、講演前のわずかな時間を利用して長距離移動でお越しいただいた静岡の加藤さん、大変お疲れ様でした。初めての三百山から見る瀬戸内の夕景はいかがでしたでしょうか?
そうそう、あまりに、その後姿が印象的だったので本日のトップで使わせていただきました。(笑)

060824_300_2
・海水の蒸発で海面が霞んで雲海のよう・・・。


060824_300_3
・山頂から、鏡のように穏やかな瀬戸内海。この湿った空気感が伝わるでしょうか?


060824_300_4
・思いがけず現れた幻日(右)の空と海。


060824_300_5
・幻日をアップで・・・。


060824_300_6
・夕陽のクライマックス。


060824_300_7_1
・日没後の残照・・・。

夏の終わりの三百山、みなさんもぜひお越し下さいね~!
 

2006年08月25日 | | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月23日

終わらない夏

0608seto_ohashi

真っ黒に日焼けして、海辺ではしゃいだ夏。
いつまでも終わらないで・・・。
 

2006年08月23日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月22日

0608nami1

静かに打ち寄せる波。
目を閉じれば、潮騒が夏の思い出を蘇らせる...
 

2006年08月22日 | | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月21日

夏休み2

0608sunahama2

気がつけば、夏休みもあとわずか。
そろそろ宿題やりなさいってば・・・。(笑)
 

2006年08月21日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月20日

ニコニコ岩

060820nikoniko
・ニコニコ岩が微笑む(笑)

瀬戸内海国立公園を代表する景勝地、王子が岳(標高235m)。
その王子が岳のシンボルといえばやっぱりニコニコ岩・・・

 
上の写真とは別に、以前このブログで紹介した王子が岳のニコニコ岩とパラグライダーの写真が、先日オープンしたばかりの岡山県の公式ウェブサイト「わたしのイチおし岡山」に掲載されています。

県の魅力を全国にPRするイチおし岡山WEBのメインは、「わたし流岡山の遊び方」と題して、岡山県出身の有名人11人(八名信夫、木原光知子、有森裕子、宅間伸、MEGUMI、森末慎二、中西圭三、葛城ユキ、岸田敏志、次長課長)がそれぞれ岡山の観光スポットや歴史、文化を紹介するコーナー。

さて、誰の遊び方のコーナーに、ニコニコ岩の写真があるかはみなさんで探してみてくださいね!ちょっと写真が小さいのですが、きっとすぐに見つかるかな・・・?(^^;
 

2006年08月20日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年8月19日

丸亀花火

060819marugame1

「真夏の夜の夢」 瀬戸大橋と夏花火第2弾。
四国・丸亀花火を本州・児島鷲羽山から・・・

 
前回、与島からの坂出花火は、少し予想を外してしまいましたが(汗)、今夜は台風後で瀬戸内海の見通しも良く、2年ぶりに地元の鷲羽山から海越しの丸亀花火見物。
※写真はクリックすると大きくなります。

060819marugame2
・岩黒島橋と丸亀花火


060819marugame3
・マリンライナーと海に映るオレンジの帯


060819marugame4
・丸亀市の夜景と瀬戸大橋と・・・
 
実はきょうは三百山で日没前に夕立があり、もしかして中止かも・・・?と思いましたが、なんとか4,000発の花火が無事上がってよかったです。三百山から夜の鷲羽山までお付き合いいただいたフーさん、たいへんお疲れ様でした。(笑)
 
【丸亀花火の関連記事】
丸亀花火オフ(2007.8.25)
丸亀花火と瀬戸大橋(2008.8.23)
 

2006年08月19日 | | コメント (17) | トラックバック (3)

2006年8月16日

ナガサキアゲハの失恋

0608nagasaki01_1

「ボクの名前はナガサキアゲハ
わ、キレイな彼女、アタックしてみよ・・・!」(^○^;

 
0608nagasaki02
「どう、ボクの飛び姿?カッコイイでしょ?」ヾ(^0^)


0608nagasaki03
「ワタシ、あなたになんて興味ないわよ・・・フン・・・」(¬¬;)


0608nagasaki04
「きゃー、こっちに来ないでーーー!」(≧□≦)


0608nagasaki05
「そんなこと言わないで、待ってよぅー!」(T□T)

☆ハッピーエンドなアゲハはこちら→ラベンダー畑の恋

ナガサキアゲハ君、またチャレンジしてね・・・。(笑)

【注】
ナガサキアゲハは、もともと南方系の蝶ですが、近年温暖化の影響?で分布が日本国内でもだんだんと北上している蝶です。

2006年08月16日 | | コメント (15) | トラックバック (1)

2006年8月15日

海日和

060815umi1

猛暑に耐え切れず、午後から子供たちと近くの砂浜へ。
「おーい、魚おるか~~~?」

 
「おらーん・・・。」(笑)
 
060815umi2

きょうの岡山の最高気温はナント、37.7度
あまりの暑さのため、ほとんど海で泳いでました。(笑)
なので、それほど写真は撮らなかったのですが、きょうのスナップは、おなじみのオリンパスμ(ミュー)720SWで撮影。
水陸両用デジカメはこういう時に助かります。

【過去記事より】
水中デジカメμ720SW買いました!
μ720SW水中撮影テストin浦富海岸
μ720SWで水中写真(四万十川編)

オリンパス μ720SWは水中3m防水、高さ1.5mからの耐衝撃落下性があるのですが、さらに海辺の岩や砂などによる傷から守るために専用のシリコンジャケットも発売されているようです。

060815umi3
というわけで、いつの間にか夕方に・・・。(汗)
帰り際に水面ギリギリからの瀬戸大橋など。
 

2006年08月15日 | | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年8月14日

セミの羽化を撮る

060729semi
・アブラゼミの幼虫(2006.7.29 PM7:40撮影)

海で夕景を撮影したあとの帰り道。
セミの幼虫に出会った・・・

 
夏といえば、やっぱりセミの羽化
そういえば、セミの羽化シーンをしばらく写真に撮ってなかったなぁ・・・と思ってホントは蚊に刺されながらでも幼虫の羽化を外で撮影したかったのだけれど、この日は雨が降り出したので仕方なく部屋へ・・・。
今回、電燈の明かりだけで、ISO1600の手持ち撮影のため、あまりいい写真じゃないですがご勘弁を・・・。m(_ _)m

というわけで、夏休みも残りあと2週間。
まだ自由研究の宿題が終わっていない子供たちへ・・・。(笑)

060729semi01 060729semi02
【セミの羽化1,2】
PM8:30、羽化の始まり。
まずは背中が割れてお約束の「イナバウアー」。(笑)


060729semi03 060729semi04
【セミの羽化3,4】
白い糸状になっているのは幼虫時代の気管。
腹筋を使って器用に向きを変える。


060729semi05 060729semi06
【セミの羽化5,6】
羽全体に体液を送り込んで次第に硬くなっていく。


060729semi07 060729semi08
【セミの羽化7,8】
AM3:00(写真右)。羽化の始まりから6時間半かけてようやく成虫とほぼ同じ体色に・・・。
この1時間後、部屋の中で元気に飛びはじめたので裏の林へ。

では最後にセミのトリビアなど・・・。(笑)

「セミは羽化後3、4日経たないと鳴けない」
→このアブラゼミはメスでしたが、オスであっても鳴き始めるのは発音器が固まる3~4日後。

「セミの成虫の寿命、1週間はウソ」
→よく1週間といわれる成虫の寿命ですが、平均すると2週間前後、長いもので3週間も生きるようです。
 

2006年08月14日 | | コメント (23) | トラックバック (3)

2006年8月10日

真夏の夕陽

0608_300yuhi1

真夏の夕陽。
雲を浮かび上がらせながら、ほら沈んでくよ・・・。
 

2006年08月10日 | | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年8月 9日

夏休み

0608sunahama

夏休み、砂浜、ビーチサンダル。
こんなとこにも性格出るのかな・・・。(笑)

 

2006年08月09日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月 7日

光のコラボレーション

060805seto_yakei

静かな夜の瀬戸内海。
月と橋、光のコラボレーション。
 

2006年08月07日 | | コメント (11) | トラックバック (2)

2006年8月 6日

坂出花火を与島から

060805hanabi
瀬戸大橋と坂出花火

昨年、夕立ちで中止になってしまった坂出花火。瀬戸大橋のライトアップと合わせたくて、今年も懲りずに与島へ行ってみましたが・・・

 
瀬戸大橋の上に上がってくれると最高なのですが、実際はやはり距離があるせいで橋の「下」でした。(笑)
大玉は、こんな感じで橋にかかってしまい・・・。(汗) よく見ると備讃瀬戸大橋の4つの橋脚のうち1つもライトアップされてなくて・・・。(苦笑)

060805hanabi02

でも、二つ返事で一緒に行ってくれた山猫さんのおかげで、久しぶりに夏の花火と瀬戸大橋の夜景を楽しめました。o(^-^ ) さらに、児島-与島までの瀬戸中央道もUターン半額割引+割り勘でさらに半額。(笑)

ご参考までに、下の2枚は、2004年8月7日、児島からコンデジで撮影した坂出花火。直線で13km先の「海の向こうの花火」もアップしてみます。(^^;

060805_20040807_1


060805_20040807_2

児島からだとこんなふうに瀬戸大橋が入ります。今年は無風で海上もモヤっていたのでこれほど見えなかったと思いますが・・・。
みなさんは、どちらがお好みでしょうか・・・。
 

2006年08月06日 | | コメント (19) | トラックバック (4)

2006年8月 5日

ハグロトンボの観察

0608haguro
・ハグロトンボ オス

夏、川の近くの草地でよく見かけるハグロトンボ。青緑色の体に黒い翅をヒラヒラと輝かせて飛ぶ姿はいつ見ても目を惹かれる・・・

 
ファインダー越しに観察し写真に撮ると、
さらにいろいろなポーズが見えてくる。(笑)

0608haguro3
・折り曲げ(交尾のシュミレーション?)
 
 
0608haguro1
・ヘリコプター(翅を開いた瞬間)
 
 
0608haguro2
・ほうき(こんなに翅が前に出るとは・・・笑)
 
ハグロトンボは警戒心が強くなかなか近寄らせてくれないけれど、夏休み、水辺で出会ったら腰を落として、ゆっくりと近づいて観察してみてください。草の上で「静止し、翅を広げてさっと閉じる」カワトンボ科特有の姿が観察できると思いますよ。(^^)
 

2006年08月05日 | | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月 2日

夏の夕焼けショー

0607_300yukei01

何気ない夏の夕陽。
でも、この日は1時間前から、日没方向へ成長しながら伸びる写真右側の雲が気になって・・・

 
0607_300yukei02
ほぼ予想通り、いい位置に雲が・・・。ここで先日から書き込みいただいているフーさん登場。(笑)
さぁ、夏の三百山、夕焼けショーのはじまり、はじまり~!
 
 
0607_300yukei03
夕焼けショーのピークは日没15分後。
こんなに鮮やかに、かつ立体的に!
 
 
0607_300yukei04
三百山の北側もすごいことになってました・・・。(笑)
その横には、モクモクとオレンジの積乱雲も・・・。


0607_300yukei05
フィナーレは茜色の海と空。
海と空と島々が溶け合う時・・・。
 

0607_300yukei06
少し目をずらせば、月がぽっかり浮かんで・・・。
 
この日はギャラリーは少なかったけど・・・ 
「やっぱり空を見てたら気になって・・・」というフーさんも、ファインダーとプレビューを見比べながら満足げな表情。(^^)
途中から駆けつけた、「ここは初めて」という地元の若いお嬢様ペアもしきりにシャッター切られていました。見てるかな?(笑)
実際は目で見る方が絶対いいと思うのですが、みなさんにも写真で少しくらいはお伝えできましたでしょうか?(^^ゞ
  

2006年08月02日 | | コメント (19) | トラックバック (2)