« 冬の港の片隅で・・・ | トップページ | 青春の浜辺Ⅱ »

2007年1月17日

扇ノ嵶(おぎのたわ)

070113ogi

トンネルを抜けると・・・

 
070113ogi02

そこは、瀬戸大橋。(笑)

ここ扇ノ嵶(おぎのたわ)は、瀬戸中央自動車道 児島ICから下津井・鷲羽山へのルートとして、県内外から車で訪れた人が瀬戸内海を最初に目にする場所。特に初めて児島に来られた方は、暗いトンネルを抜けた瞬間、突然開ける瀬戸大橋の眺望に思わず声をあげる場所でもあります。ちなみにこの信号を左折すれば、鷲羽山、下津井方面へ、右折すれば鷲羽山ハイランドを経て、三百山方面へも行くことができます。


070113ogi01

「嵶(たわ、たお)」とは、「山がたわんだところ」を指しますが、この漢字自体、JIS第2水準になっていて普段あまり目にする機会はありません。現在も自然地名としてわずかに残っていますが、そのほとんどが岡山県の地名のようです。
扇ノ嵶は鷲羽山の峰が一段低くなった場所にあり、児島ICから坂を登って来ると道路は「新扇ノ嵶トンネル」へと続いていますが、トンネルに入る手前に左へ入る脇道があります。それが上の写真にある旧道の「扇ノ嵶トンネル」。トンネル内にはともに歩道があり歩くこともできます。


070113ogi03

さて、トンネルを抜けた先に、人知れず、じっと瀬戸大橋の方を見つめる一体の銅像があります。


070113ogi04

星島二郎 (ほしじま にろう 1887-1980)。
倉敷市(旧児島郡藤戸村)出身の政治家で、犬養毅の秘書を経て、衆議院に連続17回当選、46年間にわたって議員を務めた彼は、上品かつ物静かな紳士的政治家で、金権には無縁な清廉さが身上の人だったそうです。
そして瀬戸大橋の架橋は、彼の尽力なしでは決してなし得なかった事業とさえ言われています。

070113ogi05

ところが、1980年、念願だった瀬戸大橋の完成の姿を見ることなく92歳でこの世を去ることに・・・。
その郷土の偉人の栄誉を称えるべく、ここ扇ノ嵶には彼の銅像が立ち、じっと見つめる視線の先には雄大な瀬戸大橋の眺望が広がっています・・・。

【扇ノ嵶(おぎのたわ)の地図】
扇ノ嵶


・・・・・というわけで今回は、少し趣向を変えて児島のスポットをガイドしてみました。
岡山県では、今年4月~6月まで、JR各社とタイアップした「岡山デスティネーションキャンペーン」が展開されます。先日紹介したサザエさんのオープニングも言わばそのプレキャンペーン。
デスティネーションとは、聞きなれないかもしれませんが、「(旅の)目的地」(=destination)」のこと。ならば、ぜひその中で全国のみなさんに児島へも目的地の一つとして訪れていただき、瀬戸内の風景や自然を満喫していただけたら・・・と。
それで、当ブログでは岡山デスティネーションキャンペーンが始まるまでに、倉敷・児島の観光ポイント、僕のおすすめ撮影スポットなどをいくつか紹介していく予定です。
ま、不定期なのであまり期待せずにお願いします・・・。(^^)
 

 2007年01月17日 |

« 冬の港の片隅で・・・ | トップページ | 青春の浜辺Ⅱ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 扇ノ嵶(おぎのたわ):

コメント

yama-san

こんばんは~

トンネルを抜けると広がる景色・・・
ぜひ、行ってみたいですねぇ~!
(いつかかならず!)

ひさびさの一番乗り?
^^v

投稿: shoegirl | 2007/01/17 22:24:06

こんばんは(^_-)-☆
じゃあ、昨年訪れたトンネルは・・・
「新扇ノ嵶トンネル」だったんですね!
確かにトンネルを抜けると、海が開けて瀬戸大橋が見えたような・・・
銅像には、全然気がつかなかったかも^^;

また、いつか訪れてみたいです、三百山。
素敵な夕陽に出会いに・・・^^v
ご挨拶が大変遅れましたが、今年もよろしくです♪

投稿: momo | 2007/01/17 23:05:00

>shoegirlさん
一番乗り、どーもです!
トンネルを抜けると・・・はJR瀬戸大橋線も同じですね。^^;
あったかくなったら、春風に誘われてふらっと・・・てのもいいかも。(^_-)-☆

>momoさん
お久しぶりです。
そうですね、普通に来ると2車線の新扇ノ嵶トンネルになりますね。上の写真のトンネルは一方通行になってますが結構車は通ります。
トンネル出ると瀬戸大橋に目を取られるので星島二郎の銅像にはまず気がつかないでしょう。(苦笑) こちらこそよろしくです・・・。

投稿: yama | 2007/01/18 6:56:58

ホシジマ ジロウさんじゃなくてニロウさんだったんだ。目からウロコが落ちました。
今度は、三百山からの目印となっている青佐山の中腹あたりの夕陽スポットを探して見ます。

投稿: よしとう | 2007/01/18 8:24:37

yama-san

瀬戸大橋線もトンネルをぬけると・・・なの?
気づかなかったぁ~~・・・。

春風に誘われてふらっと旅に出る・・・。あこがれちゃいますが、現状ではちょっと無理かな?

でもそのうちふらっと行きたいところのリスト作っておこうかな。目的があるっていいことぢゃぁ~ん?! 
^^v

投稿: shoegirl | 2007/01/18 12:42:38

このトンネルを抜けた景色、わかっていてもワクワクします♪
「たわむ」は岡山の方言だとばかり・・・漢字もあったんですね。
この銅像ここを通るたび、このおじさんは誰だろうと思っていました(^ ^;)
私ももう少し足を止めて観察するようにします♪

投稿: jujuberry | 2007/01/18 16:47:39

yamaさん、こんばんは。


「おぎのたわ」って読むんですね・・・。
私、ずっと「おうぎのたわ」って読んでました(笑)。

倉敷・児島の観光スポット!楽しみにしています☆
参考に出かけたいと思います~~!
私も何かしら地元探検してきます!

投稿: yasue | 2007/01/18 18:26:40

星島さん、今はずっと瀬戸大橋を見ていれるんですね。
このトンネルを見たことはありますが、通ったことはないかも知れません。
今度は注意してキョロキョロとしてみます。

投稿: komachi | 2007/01/18 20:17:02

>よしとうさん
青佐山、僕も中腹の展望台まで登ったことがあるんですが、東向き寄島方面の方が展望はよかった記憶があるんですが、西も見えるんですか・・・。また教えてください。

>shoegirlさん
児島駅を出るとJR瀬戸大橋線もトンネルに入ります。抜けると下津井瀬戸大橋ですが上が道路なのでパッと明るくはなりませんよね。
行きたいところリスト、僕も作ろうかな・・・。(^_^;)

>jujuberryさん
たわむという言葉は知っていても嵶という感じはなかなか読めませんよね。(^^ゞ
星島二郎の銅像、駐車場がないから素通りする人が大半だと思います。やっぱり歩いて見なきゃダメですね。(^_^;)

>yasueさん
「おぎのたわ」は「おうぎのたわ」が使われてるうちに短縮された言葉じゃないでしょうか・・・。旧道トンネル入り口にはひらがなで「おぎのたわ」と書かれているので一度確認してみてください。

>komachiさん
星島さんにとっては念願の夢の橋だったから、ずっと見られるのは本望かもしれませんね。(^^)
旧道は地元の人しかまず通らないですね。(笑)

投稿: yama | 2007/01/19 22:47:36

是非、このトンネルを抜けて、瀬戸大橋を望んでみたいです。
扇ノ嵶・・・読めませ~~ん。

投稿: jugon | 2007/01/21 16:46:49

>jugonさん
そうですか、ありがとうございます。
でもすっごく短いトンネルですのであっけないかもしれません。(苦笑)

投稿: yama | 2007/01/21 19:45:10

コメントを書く