« 扇ノ嵶(おぎのたわ) | トップページ | into the sun »

2007年1月19日

青春の浜辺Ⅱ

070119hamabe

君たちが大人になり、
再びこの砂浜で海を眺めるとき、
辛かった思い出も笑顔で話せる・・・
そんな日がきっと来るだろう。
 

 2007年01月19日 |

« 扇ノ嵶(おぎのたわ) | トップページ | into the sun »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/13578532

この記事へのトラックバック一覧です: 青春の浜辺Ⅱ:

» 冬の三百山の撮影会=夕景= トラックバック 加藤忠宏の講演紀行Part-2
1月30日 瀬戸内海で三百山撮影:講演の前に、四代目さんの運転でベラさん、ツジ... 続きを読む

受信: 2007/02/09 8:09:41

コメント

私も、うん十年前軟式テニスをしていまして先輩に随分しごかれました。屋外なんで夏なんか何度も倒れたこともあります。その思い出は辛いです、もうのどが渇いて倒れそうになった時友人が先輩に用事を頼まれたんです、校舎に入れば水が飲める、みんな辛いのに友人は
私に行くように言いました、自分も辛いのにね、何度も3人の友人に助けられ3年間クラブを続けらてんです。今も年に2回会ってます,
会うとその時のままなんですね、気持ち!私の財産の一つです。

投稿: yasukomama | 2007/01/19 22:48:37

今晩は 辛いのは今だけと聞いて今まで来ましたが まだ同じですまだ辛いです、これも自己責任でしょうかね、
こんなこと言えません若い人には、辛さは増えてくる 老後はどこへいくのでしょうか、

投稿: ccrkasago | 2007/01/19 23:00:16

光芒の海にシルエットに青春が写っているのでしょうね・・・感動です!!!

投稿: 馬 | 2007/01/19 23:12:45

>yasukomamaさん
硬式テニスをされてたんですね・・・。
その辛い練習を一緒に耐え抜いた友達がyasukomamaさんの財産・・・よくわかる気がします。同窓会いつまでもずっと続けていただきたいものです。(^^;

>カサゴさん
あはは、かなり現実的なご意見ありがとうございます。確かに一理ありますね。(~_~;)
将来、苦しいときがあってもそれを乗り越えた後にはきっと楽しいことがあると信じて今の若い人たちにはがんばってもらいたいですね。

>馬さん
どうもです。見ている分には気楽でいいのですが、砂浜での手押し車はかなり大変そうで思わず応援してやりたくなりましたね・・・。(^^ゞ

投稿: yama | 2007/01/20 23:38:29

コメントを書く