« 瀬戸内海クルージング | トップページ | さくら さくら »

2007年3月28日

粟島ハイキング

070318seto031t

粟島から眺めるエメラルドグリーンの瀬戸内海・・・

※バタバタしていて更新がまた遅くなりましたが、
よろしくお付き合い下さい。m(_ _)m

 
香川県三豊市宅間町粟島。
城山(222m)・阿島山(181m)・柴谷山(145m)の3つの山が、瀬戸内海の潮流で陸続きなってできた島。上空から見ると、その独特の形から船のスクリューのように見えることで有名ですが、僕は地図を見てカタツムリの頭(またはナメクジ)の形に見えるなぁ・・・と。(笑)

070318seto017

船で港に着くと粟島の方が島の解説をしていただきました。

周囲の複雑な地形で海岸線を測ると周囲16kmあるにもかかわらず、面積は4平方kmしかないちょっと変わった島。明治時代から昭和62年まで、航海学校・船員学校で栄え、多い時は3,000人近くいた住民も、学校が廃校になってからは現在はその約10分の1まで減ってしまい、今となっては年金暮らしのお年寄りが大半なんです・・・と苦笑いして説明してくれました。


070318seto018
さて、いよいよ港から海沿いの道を城山(じょうのやま)に向けて出発です。


070318seto019t
海をバックに菜の花が満開。


070318seto020
車がほとんど通らない道路、平和な港の風景。


070318seto021
粟島海洋記念館(旧海員学校)を右折。
この建物は当時の名残を残す大正時代の建築様式。


070318seto027t
みかん畑の脇を抜け、しばらく進むと木段の登山道。
最初から息切れしそう・・・。

070318seto023t
4合目あたりから後ろを振り向くと粟島の港と海岸線、その先には四国の飯野山(讃岐富士)が・・・。


070318seto024
登山道に咲くスミレが励ましてくれる・・・。


070318seto025
ようやく5合目・・・。


070318seto026t
春の陽気にヤマザクラが開き始めてました。
満開になったらキレイだろうなぁ・・・。

城山への登山道は、延々と木段が続き平坦な道がほとんどありません。普段運動不足の人にはかなりきついコースかも・・・。←人のことは言えない!?(汗)


070318seto028
だんだんと会話もなくなってきて、やっと9合目。
あとひと息!


070318seto029

港から約35分。最後の急登を登りきると、山頂手前の東屋。
思わずリュックを下ろしてひと休み。
おぉーーー、瀬戸内海の眺め!絶景です!


070318seto030t
ほどなく城山山頂(222m)に到着。
ふと見上げると空には、きれいな暈が・・・!


070318seto032
振り返れば、東屋と瀬戸内海。


070318seto033
阿島山方向。砂浜は西浜海水浴場。


070318seto034
柴谷山方向。


070318seto035
灯台のある小島


070318seto036
遥か瀬戸大橋が海の向こうに浮かぶ


070318seto037
四国の荘内半島、粟島との距離は最短で約700m。


070318seto038
写真を撮っているとようやくフーさんが頂上へ。
膝が笑っとるーと。(笑)


070318seto039
参加者全員が山頂へ到着。
思い思いの場所で海を見ながらお弁当タイム。

城山では、予定時間を過ぎていたのでお昼を食べてすぐ下山。
後の班で到着した方々には少し時間が足りなかったかな・・・。
下りは快適、約15分で麓の小学校まで到着。

070318seto022
写真は休校中の粟島小学校。
2003年から地元の児童はゼロだそう・・・。
子供がいない島はやっぱり寂しい・・・。


070318seto043t
港の船着場、透明度はこんなに高い。


070318seto044t
海上タクシーの待合所。
島のみかんをご自由にどうぞ・・・。


070318seto045
参加者の子供たち。
ハイキングの後でも元気いっぱい。

そうこうするうちに、楽しい瀬戸内の島の時間も束の間。
粟島を離れる時が・・・。

070318seto046
お世話になった島の方々がテープを持って見送りに来てくれました。


070318seto047
「ありがとうー、おばあちゃん、またくるよー」


070318seto048
「元気でなー、またこいよー」


070318seto049t
別れのとき。
蛍の光とともに・・・船がどんどん港を離れる。


070318seto050
少しセンチな思いで粟島を後に・・・。


070318seto051
船は備讃瀬戸大橋、坂出方面へ。


070318seto052
斜張橋(岩黒島橋、櫃石島橋)と下津井瀬戸大橋。
こんなふうに見えるのは海上ならでは・・・。

南北備讃瀬戸大橋は国際航路。

070318seto054
小さな漁船も・・・


070318seto053
大きな貨物船も・・・。


070318seto055
そこうこうするうちに間近に迫ってきます。


070318seto056
巨大なコンクリートは、アンカレイジと呼ばれていて中には点検用のエレベーターもついています。


070318seto057t
南備讃瀬戸大橋の下をくぐります。
橋から海面までは、およそ65mもあります。


070318seto058
すでに日は西に傾き、瀬戸大橋と船がシルエットに・・・。


070318seto059
漁師さんの姿も・・・何を採っているのかな。


070318seto060t
キラキラと光る春の海・・・。

というわけで、長くなりましたが、瀬戸内海エコクルージングと粟島ハイキングはこれでフィナーレ。
お天気にも恵まれ、春の瀬戸内海を思いっきり楽しんだツアー。参加者のみなさんはちょっぴり疲れ顔も、みんな満足げな表情でした。
また来年もあるといいですね・・・。(^_-)-☆
 

 2007年03月28日 |

« 瀬戸内海クルージング | トップページ | さくら さくら »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粟島ハイキング:

コメント

いいところですね。
沖の島まで行くと、透明度が違いますね。
笠岡諸島でも北木島や真鍋島あたりまで行くときれいでした。

投稿: よしとう | 2007/03/29 7:53:41

yamaさん、その節にはお世話になりました。
「粟島ハイキング」の「ハイキング」案内は嘘の表現だよ・・・と係りの人に文句言いながらの登山でした・・・・(笑)
木段の登りがきつかったこと、一週間も疲れをひっぱりました。お疲れさんでした。
島での時間がゆっくり出来なかったのが残念でしたが、好天に恵まれてのクルージングは最高に気持ち良く、海からの景色も堪能できました。
また誘って下さい。

投稿: フーさん | 2007/03/29 13:39:42

いやぁ~すっごく楽しかったのですねぇ。。。( ̄▽ ̄*)
なかなか、疲れそうな登りですが…
綺麗に木道が敷かれ 頂上から見る景色が、また最高!
天気にも 恵まれ、良かったですね♪
アタシも いい汗かきたくなっちゃいましたぁ~。
お弁当持って。(笑)

投稿: tanu | 2007/03/29 16:31:44

こんばんわぁ♪ カカオです。
港から35分と言う事は、そんなに高い山ではないと思いますが、普段から登りなれてないと膝に来ますよね^_^;
私は昨年、3歳児に負けました。えぇ娘です(笑)
結婚してから太ったせいか下りで膝が、、、
ふぅぅぅ(。-_-。)
それにしても瀬戸内はやっぱり良いですねぇ
また妻とユックリ行きたいなぁと改めて思いました。

投稿: カカオ(ブログdeフォトコン) | 2007/03/29 22:44:42

こんばんわ。

海の色がとても綺麗ですね。
瀬戸内と言うよりも、南の島のような感じです。
透明度も高くて、なんだかすぐに泳げそう!

ところで、城山の登山階段は、いったい何段あるのですか?
とても、長そうな階段ですが・・・
一気に上ったら、ふくらはぎがパンパンになりそうです。

投稿: 運転手 | 2007/03/29 22:47:03

>よしとうさん
おはようございます。
粟島、タイムスリップしたようないい場所でした。
いつか、笠岡諸島ものんびり回ってみたいものです。

>フーさん
その節はお疲れ様でした。
頂上に着くとお連れさんが、もしかするとフーさんは上まで登ってこないかもしれないと言われてビックリしました。(笑)
確かにハイキングにしては急登の連続でキツかったですよねー。ぜひ、またご一緒しましょう!(^^)

>tanuさん
さすがにこの年になると、木段の連続は、息切れします。(笑)
でも、頂上から瀬戸内海の眺めは360度、最高でした。
島のてっぺんはそういう意味ではいいっすよー。tanuさんもどこかでいい汗をかいちゃってください!(^○^)

>カカオさん
おはようございます。
そうですね、子供はどんなとこでも元気ですねー。
どんどん先に行って置き去りにされると確かに自分の体力の衰えを感じます。(汗)

>運転手さん
城山の階段、んー何段あるのかな・・・。(^_^;)
瀬戸内海でも街から離れた島に行くとやはり透明度はそれなりに高いですね。
時間があれば、μ720SWで撮ってみたい気もしました。あはは・・・。

投稿: yama | 2007/03/30 7:21:42

こんにちは。
ハイキングと言うより、これはもう登山なのでは?
最初の木段を見たとたん、私は、息切れしてしまいました。(笑)
登れません‥
でも、頂上からの展望は、素晴らしいですねーっ!
お弁当も、より美味しかった事でしょう。

投稿: ジェナス | 2007/03/30 10:41:17

yamaさん、こんにちは。
いやぁ~しかしyamaさんの説明はわかりやすいし
勉強になります(笑)
しかし本当に粟島の海の色は印象的でしたねー。
頂上ではもう少しゆっくりしたかったです。

ということで近所の桃の花もいっきに開きましたので
この週末はいろいろ行きたいのですが・・・子供が
熱だしていてどうなることやら(T_T)

投稿: こんぶ103 | 2007/03/30 12:44:39

絶景ですね!
エメラルドグリーンの海、のんびりとした島の風情、
映画のロケ地にでもなりそうなところですねっ
粟島海洋記念館(旧海員学校)を右折の「ふくろう」の
道しるべが和やかな風景にマッチしていますね^^

別れを惜しむ客船の出航シーン・・
フェリー甲板の船客と桟橋で見送りをしてくださる島の人たちを繋ぐ紙テープを見て、
昭和63年4月、瀬戸大橋開通とともに廃止された宇高連絡船を思い出しました・・
赤・黄・緑などカラフルな紙テープは、いつの頃からか環境保護(ゴミ禁止等)で廃止になり
味気ない出航シーンに変わっていったことを憶えています。

粟島の写真はどれも春の風が伝わってくるよう^^
みかんの写真・・自然に囲まれた島の
ゆっくりと流れる時間が映し出されてるようでステキですねっ

投稿: kamome | 2007/03/30 23:22:18

コメントが残せません

投稿: ccrkasago | 2007/03/30 23:39:14

>ジェナスさん
写真見ただけで息切れ・・・あはは。登る時間としては短いのでハイキングですが、ハードさは登山なみですかね。(^_^;)
頂上では空を見上げたら、暈が見えたのでラッキーでした。

>こんぶさん
アップが遅くなって、もう記憶をたどって思い出しながら・・・書きましたよ。(笑)
桃に桜に花の季節になってきましたが、お子様、風邪大丈夫でしょうか。日曜日にはどこかおでかけできるといいですね。
また気が向いたら児島へもご家族で遊びにいらしてくださーい。

>kamomeさん
粟島、のんびりとタイムスリップしたようないいばしょでした。いかにも瀬戸内の島らしい、という表現がピッタリでしたよ。
テープのお見送りは想定外でした。(^_^;)
宇高連絡船、僕も両親の実家が香川なので小さい頃から数え切れないくらい乗っていました。デッキでうどんを食べるのが楽しみで・・・。(笑) 懐かしいなぁ・・・。
kamomeさんは香川にお住まいなので、粟島にも行く機会もあるかもしれませんね。城山展望台、ゆっくり登っても40分くらいだと思いますのでぜひチャンスがあればお出かけ下さい。

>カサゴさん
ご無沙汰しています。
また落ち着いたらお邪魔させていただきますね。

投稿: yama | 2007/03/31 9:16:38

おはようございます
 危うく天橋立か?
 と思うところでした

いいたびしていますね

投稿: 加藤忠宏 | 2007/03/31 9:20:07

 こんばんわ
来年もきっとありますよ!!、父が言っていた。島から帰ってきて、良く歩く癖がついた、よっぽど2合目でダウン悔しかったのでしょう、写真よく解ります、旨いです、お礼申し上げます、父の話をまじえて、このクルージング素朴で、心あったまる、最高水準のものでした、演出も旨くテレビのドキュメントにしても、十分通用するしろもの、100万ドルの価値がある、東京、大阪、名古屋のお方に、内容が知れると、羨むことでしょう、写真の旨いお方も若干乗船しているんですもの、晴々とした凪の瀬戸の海、乗船しているすべての人々、船まるごと、エコクルージングにふさわしい最高の姿でした。
どなたさんがしたのか知らねど、ものすごい企画をしたものですね!!、父はにこにこしながら写真を見ていました。
 父は帰りに児島駅前の交通信号機を渡る直前に両足が引きつり倒れてしまい、足をなぜて貰っていたら、救急車(児島きょうてい)がピーポー、ピーポー??、てぎわが早い??!、倉敷消防の119じゃない、?!、頑固で頭の機敏な父はすぐそばに広告塔があったからもたれて立ったそうです、倉敷市民病院か川崎病院に担ぎこまれてただろう、帰れんめにあうとこじゃた、苦笑いしています(故、竜太郎がもう少し児島の町でうろうろして欲しかったのだろう、早く帰ろうとしたから、罰があたったかな言っている)。
 ほんとうに、しんどかったけども、強制づけない、それぞれみなさんの持ち前で行動、どなたさんが作ったか知らない1段1段の急な登りの山道を踏んで頂上へ、山頂から見た景色、”うん、うん”(写真を見て)。
 このエコクルージングは、強烈です、一人一人が、それぞれの思いで、ダイアモンドの輝きのように心の中に残った、そして、環境問題を一人一人が正しく語るeducationとなった、”参加してよかった”、父ともどもの語りであります。
 ぜっけいかな、ぜっけいかな、コメントなんか書けないのが、あたりまえです、写真も撮る事忘れてしまう景色、写真を撮ったお方は立派です、それにしても、父の撮った写真は下手くそです、お写真確認しました、よろしく。
 あまりにも、感激、コメントが長く成りました事お許し下さい。おわり


投稿: 館山 薫 | 2007/03/31 21:53:31

なんだか一緒に行ったような気分になりました。
海と島の景色、やはり瀬戸内海は素晴らしいですね。
別れのテープには涙が出そう(笑)でしたが、
なぜか瀬戸大橋をくぐるとホッとした気持ちに・・・。
素晴らしいレポート?ありがとうございました。

投稿: komachi | 2007/04/01 16:57:59

きれいな海の眺めにうっとりです^^
橋の下も大迫力ですね。
見事な写真の数々楽しませて頂きました。
ありがとう~♪

投稿: | 2007/04/01 18:29:20

注ー館山 薫のコメント・・・おわり。です。
”海”はタイプした覚えがありません。
                  館山 薫
              2007、04、01.

投稿: 館山 薫 | 2007/04/01 21:11:15

>加藤さん
ご無沙汰しています。
天橋立・・・なるほどですね。
しまったー、股覗きするの忘れました。(笑)

>館山さん
返信遅くなりました。
たいへんご丁寧な感想、そしてお父上のエピソードありがとうございます。
そうでしたか、お話聞いてビックリしました。
ハイキング、確かにキツかったですから、足のほうは大丈夫でしょうか。少し心配しています。僕の写真では決してわからない・・・参加したものだけが感じるものがありますね。時間が経てば、また懐かしく感じられることでしょうね。お父上によろしくお伝え下さい。

>komachiさん
写真、整理してレポート風にしてみたら長くなっちゃいました。(^^ゞ
別れのテープ、確かにジーンとくるものがありました。島に行くと昔と変わらぬ時間と風景が感じられて、また行ってみたいです。

>花さん
こんばんは。
スナップ写真ばかりですが、雰囲気くらいは多少伝わったでしょうか・・・。瀬戸大橋の風景、見慣れていても、見る場所によってとても新鮮です。(笑)

投稿: yama | 2007/04/01 22:51:23

こんにちは(^▽^)
こんなきれいな海岸があるんですね。知らなかったです。
沖縄かと思ってしまいました(汗)
海洋記念館、とても素敵な建物ですね。
私も参加すればよかったなと後悔です(^^;)

投稿: juju | 2007/04/05 14:02:29

>jujuさん
最近、ご無沙汰でスイマセン。m(__)m
沖縄ほどではありませんが、瀬戸内の中ではきれいな方だと思います。次回こういう企画があればまたお知らせしますので今度はぜひ参加してくださいね。お待ちしています。(^^)

投稿: yama | 2007/04/05 19:32:09

コメントを書く