« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日

瀬戸大橋と月を眺めて

070729lightup01
三百山にて

日没後、夕涼みを兼ねて瀬戸大橋を眼下に月光浴・・・

 
いつものように、夕方、仕事帰りで海へ直行。(笑)
ところが瀬戸内は、このところずっと霞が出ていて、きょうもかなり見通しが悪い。なので適当に時間を潰し、夕日が沈んだ頃、久しぶりに月を狙って三百山へ。
たまたま夕日を撮りに来られていたmosyupaさん、かんちゃんがおられたので、しばし雑談の後、3人で山へ登って月と瀬戸大橋のライトアップを・・・。
きょうの月の出は下津井瀬戸大橋の橋脚の間から昇ってくるので条件はよかったのですが、やはり見通しが悪く空の色がイマイチでございます・・・。(苦笑)

070729lightup02t
・月明かりに照らされる下津井港
 
 
070729lightup03t
・浮かび上がる瀬戸大橋
 
 
今宵は月もぼんやりしていて写真も平凡ですが、まあ、3人で雑談しながらの楽しい夕涼みができたからよしとしましょ・・・。(^_^;)
 

2007年07月28日 | | コメント (17) | トラックバック (1)

2007年7月27日

夏の幻影

070728sunahama
・大室海岸にて

 
夕陽に映るシルエット
まるで あの夏の君のよう・・・

瞳を閉じれば浮かぶ
波打ち際で はしゃいだね

素足で歩きたいの・・・
頬を夕暮れ色に染めて そういった

時が流れ また夏が巡り来ても
決して色褪せたりしないよ・・・

 
 

2007年07月27日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年7月23日

梅雨明け

070723_01t
「帰り道」 下津井・大室漁港にて

中国四国地方もやっと梅雨明けしました・・・

 
070723_02t

きょうの瀬戸内は朝から爽やかな青空が広がって、予定通りの梅雨明け宣言。平年より3日遅い梅雨明けだそうですが、比較的カラッとしていたので最高気温33度(岡山市)とはいえ、それほど蒸し暑さは感じませんでした。

今週は気温も上がって真夏の暑さが続きそうですね。
いよいよ大人も夏休みが欲しくなります。(笑)
みなさま、どうぞご自愛ください・・・。


あ、そういえば、ちょうど1ヶ月前・・・。
この浜辺にはハマナデシコがひっそりと咲いていました。
児島の海岸でもごく限られた場所でしか見られない海浜植物ですが、ここでは毎年梅雨時期に花を咲かせてくれています。

070723_03
「ハマナデシコ」 2007.6.23撮影

▼ココログメンテナンスのお知らせ
7月24日(火)21時~翌25日(水)15時まで、記事、コメントの投稿ができなくなります。悪しからずご了承ください。m(__)m
 

2007年07月23日 | | コメント (17) | トラックバック (2)

2007年7月22日

チョウトンボに魅せられて

070722tyou01

チョウトンボ
そのコバルトブルーの輝きに魅せられて・・・

 
夏を代表するトンボの一種、チョウトンボをあちこちの池や湿地で見かける季節になってきました。
 
070722tyou02
コバルトブルーかつメタリックな翅の輝きはチョウトンボの最大の特徴。
 
 
070722tyou03
前後の翅がしばしば違う方向を向くのも、チョウトンボならでは・・・です。
 
 
070722tyou04
滑空する様子が飛行機に似ているところから別名「ヒコウキトンボ」とも呼ばれています。その瞬間を撮ろうとしましたが、今回はここまで・・・。(苦笑)
 
 
070722tyou05t
みなさんの近くでも、ハスやヨシなど水生植物が生えている場所で見かけたら教えてくださいね。
 
 
 
(おまけ)
全然関係ありませんが、きょうの三百山夕景。
日没前、雲が薄くなって空がほんのり赤く染まっていました。
そろそろ梅雨明けかな・・・。

070722yukei
 

2007年07月22日 | | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年7月19日

Beach Girls

070719natsu01
玉野市 渋川海岸にて

明日からいよいよ夏休みだね・・・

 
海、貝殻、かき氷、セミの鳴き声、かぶとむし・・・
みなさんは、「夏休み」で何を連想するのかな?

あー、大人にも夏休みを・・・。(笑)

2007年07月19日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月17日

ハッチョウトンボ 次なる世代へ

070717hattyo01
「ハッチョウトンボの交尾」
EOS20D+Tokina AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
17mm ISO400 1/200sec F11 +1/3EV

日本最小のハッチョウトンボ。
その小さな命を次の世代へ・・・

 
前回はハッチョウトンボの視界に入る風景を、少し遊び心を入れてご紹介しましたが、今回は魚眼レンズで撮ったハッチョウトンボの交尾シーンから・・・。

魚眼レンズ、あるいは超広角レンズで虫たちを撮る理由は、昆虫たちの眼に映る風景や、彼らが暮らす環境を写真で伝えることができるから。
これなら、ハッチョウトンボをご存知ない方でも、写真を見るだけで、このトンボが湿生植物が生い茂っている池や湿地に暮らしているんだ・・・ということが一目でおわかりいただけるはずです。
ところが、当然のことながら魚眼レンズは写る範囲が極めて広いので、中心になる被写体にある程度近寄らないといけません。ましてや、日本で最も小さいと言われる体長2cmに満たないハッチョウトンボとなるとなおさら。しかし、あまり近寄りすぎると、結果的に彼らの暮らしの邪魔をしたり、人間を極端に怖れるようになってしまうので撮影する側としては非常に難しいところです。上の交尾シーンでは、あえてレンズをワイド側(10mm)ではなくテレ側(17mm)にしたのもそのためです。
 
 
070717hattyo03t
「ハッチョウトンボ メス」

昨日ご紹介した真っ赤に成熟したオスと異なり、メスは茶色と白のちょっと地味なストライプ模様をしています。最初の写真を見て、もしかすると違う種類が交尾してる・・・と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。(笑)
 
 
070717hattyo02
「ハッチョウトンボのパトロール」

最後のこの写真は、僕が以前からずっと撮りたかったシーン。
交尾を終えたハッチョウトンボのメスは、こうして草に止まりながら、水面に移動し何度か尻尾を打ち付けるようにして産卵を繰り返しますが、その間、オスは周囲の敵に襲われないようにずっと近くを飛び回ってパトロールを続けます。
ただでさえ体の小さなハッチョウトンボのオスとメス。その両者の眼にピントを合わすというのは、実際のところ極めて至難の業なのですが、今回はオスがいい位置を飛んでくれたこともあって、タイミングよくその瞬間を捉えることができました。

来年もまた、彼らの子供たちがこの池に元気な姿を現わしてくれるのを願うばかりです・・・。 

2007年07月17日 | | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年7月16日

ハッチョウトンボが見た風景

070716hattyo01t
ハッチョウトンボ(オス)

「きょうは、雨もやんだし暑くなりそうだなぁ~。」

 
070716hattyo02t
「ハスの花もだいぶ終わっちゃたなぁ~。」
 
 
070716hattyo03
「天気がよくなってきたから、いろんな人がやってきそうだな・・・。」
 
 
070716hattyo04t
「お、向こうから来たのはmosyupaさんだな・・・。」
 
 
070716hattyo05
「あ、今度は、カコさんだ・・・。」
 
 
070716hattyo06
「ところで、yamaさん、カメラが水に浸かりそうだよ・・・。」(笑)
 
梅雨明け間近・・・。
そろそろこの池からもハッチョウトンボが姿を消す頃・・・。

というわけで、真っ赤になったハッチョウトンボ(オス)が見た景色を
魚眼レンズで覗いてみました・・・。(^_^;)
 
【過去のハッチョウトンボ関連記事】
ハッチョウトンボを撮る
日本最小の赤トンボ ヒメアカネ
黄昏のハッチョウトンボ

2007年07月16日 | | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年7月15日

台風一過・瀬戸内海の夕景

070715yukei00t

台風一過、瀬戸内海は久しぶりの澄んだ空が広がって・・・

 
台風4号が通り過ぎていきましたが、皆さんのところは大丈夫でしたでしょうか・・・。
こちら児島では昨夜21~22時頃をピークに風も少し収まり、夜中の満潮時にも幸い波が堤防を越えることはありませんでした。午前中、念のため王子が岳下のからこと丸さんにも台風見舞いに・・・。すると、売店下の砂が少し流されてました。でもカコさんからたぶんこれなら1~2日で復旧できるよと聞いて少しホッとしました。

その後、僕は何も予定がなかったので山猫さんに携帯メールして王子が岳から一緒に一日撮影ドライブに付き合ってもらいました。
すると、行く先々で知り合いに会うわ会うわ・・・。(笑)
mosyupaさん親子、カコさん(再登場)、夢民谷さん、スズメバチさん、ハマちゃん、TOSHIさん、ひとみさん、フーさん、ようこさん、フクロウさん、よこちゃん・・・(お会いした順)てな感じです。
みなさん、梅雨空続きで相当ストレスが溜まってたのでしょうね。。。(^m^

とりあえず、きょうは台風一過、瀬戸内の飛びっきりの空と夕景を・・・。


070715yukei01
・台風後特有の雲 王子が岳下駐車場にて
 
 
070715yukei02
・まるで「吹き出し」のような雲 唐琴にて
 
 
070715yukei04
・青空と横長の雲 以下、三百山にて
 
 
070715yukei05
・瀬戸大橋方面の空
 
 
070715yukei06
・そして、夏のサンセットタイムへと・・・
 
 
070715yukei07
・夕日と人々のシルエット さすが三連休です。(笑)
 
 
070715yukei08t
・眩しい夕日にどんどん雲が染まって・・・

三百山、まだ山にかかりますが、南の端(の端)から見ればかろうじて夕日が・・・。来週末くらいからなんとか撮れそうですね。
 
 
070715yukei09t
・沈んだ夕日に照らし出される雲のコントラスト
 
 
070715yukei10
・台風の名残、いろんな形、いろんな色の雲が・・・・
 
 
070715yukei11
・見上げると北側にマゼンダに染まる雲・・・
 
 
070715yukei12
・日没後はほどなく色を失って・・・
 
 
070715yukei13
・帰り際の空、お疲れ様でした・・・。

というわけで、久しぶりの澄みきった空と夏の夕景タイムでした。(^^)
 

2007年07月15日 | | コメント (18) | トラックバック (4)

2007年7月14日

台風4号接近中

070714taihu00t
瀬戸大橋 7/14 18:42撮影

大型で非常に強い台風4号が接近中です。

 
せっかくの三連休、夏台風の接近で大荒れの空模様になりましたね・・・。
台風4号の進路に当たる近畿地方や海沿い地域にお住まいの方は、今後十分お気をつけください。
あまり思い出したくはないですが、2004年8月31日、児島をはじめ瀬戸内海沿岸に甚大な高潮被害をもたらした台風16号が記憶から離れません。今回も沿岸地域では今夜0時ごろに大潮の満潮を迎えるため、高潮、高波の可能性がありますので厳重な警戒が必要です。

14日20時半現在、児島では雨よりむしろ風が強い状況です・・・。

仕事帰りに少し寄り道してみました。

070714taihu03
・下津井田土浦公園 波はそれほどない・・・
 
 
070714taihu02
・三百山にて 強風に木々が揺れ・・・
 
 
070714taihu01
・低く垂れ込めた雲が流れてく・・・
 
 
070714taihu04t
・瀬戸中央道は二輪車通行止め
(20:30に児島-坂出IC間で全車両通行止めになりました)
 
 
070714taihu05
・JR瀬戸大橋線も・・・

きょうは午後から瀬戸大橋を通って四国へ渡る列車は強風のためすべて運休になりました。 岡山~児島駅間では、普通列車のみ折り返し運転を行っていましたが、下り岡山(19:59)発児島行き、上り児島(20:15)発岡山行き列車を最後に本日は列車の運転を全て休止したようです。そうそう、関係ないですが、JR児島駅がいつの間にか自動改札になってました。(^_^;)

台風4号は、明日未明にかけて近畿地方を通過する見込みです・・・。
みなさまの地域でも、十分ご注意ください。被害がないことをお祈りします。
 
.

2007年07月14日 | | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年7月10日

光と影の海-三百山-

070710_300_03

梅雨のわずかな晴れ間。
光と島々が織り成すモノクロームの海。

 
070710_300_b1
・過ぎ行く時間の中で光を待つ・・・
 
 
070710_300_02
・雲からこぼれ落ちる柔らかな光
 
 
070710_300_01
・そして、重なり合うように光の帯を描き出す・・・

以前、ご紹介したダイナミックな幾何学模様を描く冬の王子が岳にはかないませんが、三百山から見る梅雨の合間の海を撮ってみました。来月になればまた夏の夕日も見られるようになりますね。(^^)
 

2007年07月10日 | | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年7月 9日

ベニシジミとハルジオン

070709beni01t

相変わらずお天気がスッキリしないので、さわやかなベニシジミとハルジオンのマクロなど・・・

 
070709beni02
 
 
070709beni03

前回のクモとホタルを撮った後に撮影したもの。
ベニシジミは原っぱや道端など、どこでも見かける被写体ですね。先日はハルジオンの花がたくさん咲いていたので、嫌味にならない程度に前ボケを作って少しソフトな部分を作ってみました。蝶の中でも比較的近寄っても逃げないことが多いので、初心者の方のマクロ撮影でも撮りやすい被写体ですね。

2007年07月09日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年7月 8日

終わらない生命

070707kumohotaru01

ひとつの命が終わっても、また次へと繋がる昆虫たちの生命サイクル。
人間と違って、自然には無駄がないのだ・・・

 
最初から、少しショッキングな写真ですみません。(^_^;)
きょうの写真は、昨日、ちょっと気晴らしに近くをウロウロしていて撮影したものですが、ゲンジボタルの死骸をクモ(ハナグモ)が運んでいるところです。

070707kumohotaru_1

ホタルが可愛そうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これも考えようによっては自然の生態系を保つ上でのひとつのリサイクルに過ぎません。
 
 
さて、ホタルついでにもうひとつ。
昨日は七夕。あいにく、瀬戸内地方も例年の通りの曇り空で、星空を見ることができませんでしたが、たまたま夜11時ごろにmosyupaさんから、「ヒメボタル探索中」との携帯メールをもらったので、僕が2年ほど前にヒメボタルを確認している地元・児島の竹林へmosyupaさんとお友達をご案内しました。聞けば、先日の山陽新聞のヒメボタルの記事を見られてあちこち歩き回っておられたそうです。
暗闇の中で思ったよりたくさんの数(30-50匹)のヒメボタルがまるで夜空の星のように輝いていました。きょうに限っては、七夕の銀河ならぬ「森の星空」といったところでしょうか・・・。(笑)

ヒメボタルは幼虫時代に土の中にいる巻貝を食べる陸生のホタルで、ゲンジボタルやヘイケボタルより少し遅れてちょうどこの時期に姿を現します。小さな体でチカチカッと素早く点滅するのが特徴で、岡山県内では新見市哲多の天王八幡神社や北房の備中鍾乳穴(かなちあな)が有名です。ただしヒメボタルも多い代わりに人もかなり多く、見物人やカメラマンの間でトラブルがあったりして興ざめしてしまうので、僕はなかなか足が向きません。

昨夜は、一応カメラもセットしたのですがお見せできるものはありません。(笑)
それでもmosyupaさんが声を掛けてくれたおかげで、思いもよらぬ神秘的な「森の七夕」を楽しむことができました。やっぱり地元で気の置けない仲間たちと見るヒメボタル鑑賞はいいものですね。(^^)

2007年07月08日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年7月 5日

梅雨の夕景-2nd act-

070705sora02

梅雨の夕焼け。
次第に空を茜色に染めて・・・

 
070705sora01t
眩いほどの夕焼け。
 
 
070705sora03
時間の流れとともに色を変えていく・・・。

梅雨の夕景を3回に分けてアップしましたが、最初の暈と幻日の空から上の写真までわずか1時間あまり・・・。めまぐるしく変化する空をただぼんやり眺めていました。

そういえば、今朝の朝焼けもきれいでした。梅雨時期の湿った空は、時として目を見張るくらい鮮やかな朝焼けや夕焼けを演出してくれますね。

2007年07月05日 | | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年7月 4日

梅雨の夕景-1st act-

070704sora01
下津井大室港にて

何気ない夕日も
梅雨の合間に見るとなぜかうれしいね・・・

 
070704sora02t
海岸の落日
 
 
070704sora03
染まり始める空・・・。

2007年07月04日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月 3日

梅雨の夕景-Prologue-

070703sora01
三百山にて

梅雨の合間の夕景ショー。
はじまりは、空にかかる暈と幻日・・・

 
070703sora02t
そして、二筋の飛行機雲が・・・。

・・・久しぶりに瀬戸内の夕景など。(^_^;)

2007年07月03日 | | コメント (6) | トラックバック (0)