« 瀬戸大橋と月を眺めて | トップページ | この海に逢いたくて・・・ »

2007年8月 2日

瀬戸内の伝統漁法を学ぶ

070729ryou08

「漁師さんの船に乗って、天然鯛の獲り方を学び、とれたての旬を味わう!」
そんな瀬戸内ならではのオトナの休日はいかが・・・?

 
今回は、児島・下津井の漁師、西田さん親子のご好意で、瀬戸内海で天然鯛を獲る伝統的な「ごち網漁法」を取材させてもらいました。海の近くに住んでいても、漁師さんの船に乗って、目の当たりに漁を体験するなんてことは普段なかなかできないもの。さて、お目当ての天然鯛は獲れるのか・・・?
(写真はすべて2007.7.29撮影)

070729ryou02
下津井の港を出港。霞んではいるがまずまずのお天気。
 
 
070729ryou03
瀬戸大橋を見ながら沖合いの漁場へ。
穏やかな瀬戸内海、幸いきょうは潮も良いという。楽しみ・・・。
 
 
070729ryou05
徐々に漁場に近づくと、ごち網のロープを投入していく・・・。
ごち網漁法とは、楕円形の1枚の網と、その両端に結びつけたロープで、魚を包囲して追い込んでいく漁法。瀬戸内でも昔から盛んな漁法で、主に中底域にいるマダイやチヌを獲る。マダイは春が産卵期なので4月からこの漁が始まり、産卵を終えてまた脂が乗ってくる夏の8月までが漁期だそう・・・。
 
 
070729ryou06
これが「ごち網漁法」のロープ。長さ400mもある。
 
 
070729ryou07
どこに網を入れるかは、その日の潮目を見て決めるという。
次にロープの出方を見ながら、網を投入していき魚のいる(であろう)場所を取り囲むように船を操る。そして網につけた錘で網が沈むのをしばらく待ってからローラーで巻上げを開始。
 
 
070729ryou08
網の引き上げは手で行う。
さすが、親子、息もピッタリ。
 
 
070729ryou08a
最後は慎重に網の先についた巾着袋を引き上げる。
緊張の瞬間!
 
 
070729ryou09
第1回目の網では、なんとマナガツオが・・・。
他にチヌやマダイが10匹ほど入っていたが、西田さんの話では、ごち網でマナガツオが獲れるのは極めて珍しいとか・・・。
マナガツオはまさに今が旬の高級魚。関東の方にはあまり馴染みがないかもしれないが、刺身や塩焼きにして食べると淡白な白身で美味しい。僕も生きたマナガツオを見るのは初めてだったのでちょっと興奮気味。(笑)

070729ryou10
網に挟まったマダイを外していく。
 
 
070729ryou13 
こちらはチヌ(クロダイ)。
釣り人にも人気の高い魚なのでご存知の方も多いだろう。

1回目の網では数が少なかったので、場所を移動して2回目の網を投入。
さて2回目の成果はいかに・・・?
 
 
 
070729ryou11
西田さんは下津井のベテラン漁師で海苔の養殖もされている。余談ですがこの西田さんの海苔を食べたら市販の味付け海苔を食べられくなります。(笑) それでも食べてみたいという方は児島・下津井の海産物店で手に入りますよ。
 
 
070729ryou12_2
こちらは息子の晃夫さん。思わず唸ってしまうほど逞しい腕っ節で網を引き上げる。実は、彼は地元の子供たちに下津井空手を教える良き指導者でもある。
 
 
070729ryou14
そして、これが、2回目の網の巾着袋。あまりの数の多さにビックリ!お腹が膨らんで浮いているのは水圧の関係。
 
 
070729ryou15_1t
素早く引き上げ、カゴに移すと・・・
 
  
070729ryou15_2t
ジャーン!!
40-50cmクラスのマダイやチヌがカゴにあふれるくらい・・・!
約40kgもありました。
 
 
070729ryou16
獲れた魚はいったん船の生簀に入れたあと、1匹1匹お尻から棒のような器具を使って空気を抜いていく。
 
 
070729ryou17
取材に同行した子供たちも、この作業を面白そうに見学。(笑)
 
 
070729ryou18
そして、一通りの作業が終わると、獲れたての天然鯛を船上で捌いてくれるという。
まずは、絞めて鱗落とし。
 
 
070729ryou19
慣れた手つきと包丁でマダイを下ろしていく。
 
 
070729ryou20t
これが、先ほどまで海で泳いでいた天然真鯛の刺身。
 
 
070729ryou21
豪快な鯛のあら炊き。これがまた旨い。
 
 
070729ryou22
最後に鯛めしまで・・・。
まさに至福の時間とはこのことです。

というわけでみなさんには申し訳ないですが、漁師風鯛づくしを、たらふくご馳走になってしまいました。(^_^;)
 
 
070729ryou24
この後、満腹で下津井の港へと戻る。(笑)
 
 
070729ryou01
実は、帰りの船で、写真のような天然鯛を、お土産にとクーラーボックスに満タンいただいてしまいました。(汗) 
 
 
070729ryou23
入りきらなくて困っていたら、別のトロ箱と氷も用意していただき、さらに珍しいマナガツオまで・・・。至れり尽くせりで恐縮です。m(__)m

あまりにもたくさん頂いたので新鮮なうちに、下ごしらえ。
わが家だけではとても食べきれないから、タイやチヌをいくらかご近所にも配ったところ絶賛のお礼をいただきました。
あ、そうそう、マナガツオを捌いたらナント産卵前の卵が入っていて、煮付けて食べたらこれがまた最高でした!マナガツオの卵なんて次に食べられるのはいつのことか・・・。身の方も脂が乗ってめちゃくちゃ旨かったです。
西田さん親子には本当にお世話になりました。m(__)m
以上、ちょっと贅沢なオトナの休日レポートでした・・・。
 

※下津井のごち網漁法体験のお問い合わせは、西田さん(086-479-9261)まで。4~8月の漁期の間、10名くらいまでのグループで申し込み可能ですが、常連さんの口コミで広がって毎年連日予約でいっぱいになるのでお早めに・・・。
 

 2007年08月02日 |

« 瀬戸大橋と月を眺めて | トップページ | この海に逢いたくて・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/15980833

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内の伝統漁法を学ぶ:

コメント

こんばんは^^
チヌが食べたくなりました^^

投稿: twilight_blue_x | 2007/08/02 23:59:54

>twilight_blueさん
こんばんは。
おっ、チヌ、お好きですか?
お持ちすればよかったですね。
今回は写真でご勘弁を・・・。(笑)

投稿: yama | 2007/08/03 0:41:14

さすがヤマさんだ!

魚が跳ねて海水がカメラにかかりませんでした?
昨年、父ちゃんのあみあげて大漁じゃ~
撮影撮影♪・・・・
撤収しました。。

飛び出た目玉撮ればおもろいのに・・(笑)
刺身が食べたい!コンビニには売ってないなぁ・・・

投稿: ほった老人 | 2007/08/03 1:18:25

凄い贅沢な1日の写真ですね!
刺身にあら炊きに鯛飯まで・・・
起きたばかりですが、新鮮な海産物の朝ご飯をたらふく食べたくなりました・・・
でも望んでもそんなのは無理(><)
養殖の海苔も美味しいのですね。
そちらに行くことがあれば購入してみます!

投稿: スクイレル | 2007/08/03 6:23:28

 何より、後半のお刺身やら鯛飯の方に
目が行ってしまいました。
おいしそうです!!
うらやましい♪

投稿: tokorin | 2007/08/03 8:29:15

いい企画があるんですね!
この時期のマナガツオ、いいっすネー。
刺し身、焼き、煮物、どれにしても最高でしょ!おまけに卵まで。
ウーン、見てるだけでヨダレが出てきちゃいました。

投稿: よしとう | 2007/08/03 10:16:32

おおー、これは見事ですね!!
チヌにマダイにマナガツオ、高級魚のオンパレードじゃないですかっ!
マナガツオのたれ付け焼き、たまりませんー。
味付け海苔はいつも下津井産をいただくのですが、
ひょっとしたら西田さんちのかしら?
贅沢なオトナの休日を過ごされましたね♪
昔、下津井の漁師さんに漁船で丸亀まで乗せてってもらって、
初めて一鶴に行った時の事思い出したざんす(笑)

投稿: ようこ | 2007/08/03 21:14:18

マナガツオ
 ・
  ・
   ・
(涎が溢れてしゃべれない)

思わず友人にTelして

私「マナガツオ獲りに行かんの?」
友人「300万」
私「ほへ?」
友人「マナガツオ漁の網が100に巻き上げ機とかが200で300。魚買った方が安上がりだよ」

仕方がないから漁師価格で買ってきてもらおうと思ったら

「付け焼きは大きくなくてもいいけど刺身は2kgくらいのじゃないと脂ののりがね。で○千円」

・・・私みたいな貧乏人の口に入るべきお魚ではないようです。
羨ましいです。 ジュル

投稿: mosyupa | 2007/08/03 21:39:52

うわ~~目茶苦茶ぜいたくなオトナの休日ですね~(^¬^)ジュル...
マナガツオ。。高くて手が出ましぇん。。
伝統漁法も見学します、、します、、
なので、全部食べさせて~~と心の中で叫んでみたw

お土産まで?いいな~
私も、今日、お土産もらったんだけど・・
なんか違うし(/_;)

投稿: miyu | 2007/08/03 22:33:04

こんばんは。

いい体験ですねぇ。

こんな 体験 めったできないと 思います。

さすが yamaちゃん!

投稿: かんちゃん | 2007/08/03 23:13:03

見事なお刺身ですね。
間違いなくおいしいという感じが伝わってきます。
いいな  いいな^^

投稿: | 2007/08/04 8:23:23

なんと贅沢な企画!
しかも天然真鯛のお土産つきなんて羨ましい~^^ぜひ体験したいです(笑)

やっぱ瀬戸内の真鯛はきれいなピンク色ですね~。美しく・・・見るからに・・・おいしそ!

投稿: TOSHI | 2007/08/04 8:23:26

をお~!
なんだか良い体験してますね(^^)
旨い魚食いたくなっちゃいましたよ・・・。

投稿: 山猫 | 2007/08/04 10:46:58

天然鯛の獲り方のレポ 見応えありました^^
マダイの色艶のいいこと!
お刺身になった切り身も写真で一杯いただけそうなくらいピチピチ、プリプリ感があって美味しそう(^_-)-☆

こちらでも「せとしるべ」赤灯台のある高松埠頭では夜釣りを楽しむ人が増えるシーズンです。
投げでキスやベラ、チヌも釣れたりするようです。
何度かチヌを釣り上げた瞬間を見せていただいたことがあるのですが、それだけでもちょっとした感動なのに漁船で網上げされた瞬間は、歓声があがりそうですねっ

子どもさんたちも、忘れられない夏の思い出ができたことでしょう~♪
船酔いは大丈夫でしたか?www
あぁ゛・・それにしても卵入りの脂ののったマナガツオ!美味しそう!!

投稿: kamome | 2007/08/04 13:14:47

★みなさん、レスが遅くなり申し訳ありません。m(__)m

>ほった老人さん
こんちは、漁師の息子のほった老人に反応していただき嬉しいです。
そうそう海水がレンズに飛んできて慌てて拭き拭きしました。(^_^;)
刺身はやっぱり魚屋でないとダメですよねぇー。あ、昨日おとといはまた海の幸を堪能してきました。(笑)

>スクイレルさん
こんにちは。
おかげさまで高級魚ばかりを食べさせていただきました。
なかなか普段は買えないので貴重な贅沢体験でした。(笑)
スクレイルさんは魚やタコがお好きですか?またこちらにお越しの際は海産物や美味しいお店もご案内しますね。(^_-)-☆

>tokorinさん
鯛めしは鯛1匹丸ごと炊いた後、骨を丁寧にとってもらってかき混ぜてもらいました。これぞ漁師風ですね。今年のお盆はふるさとに帰られるのかな?帰省されたらまた本土の海の幸もたらふく食べてください。(^^)/

>よしとうさん
マナガツオ、うまいっすよねー。毎年夏になると、丸ごと一匹いただいてそれを分けて食べたりするんですが、今年は西田さんのおかげで刺身に塩焼き、照り焼きと立て続けに堪能できました。マナガツオ、そちらでも獲れるのかなー?

>ようこさん
スイマセンねぇ、高級魚三昧でようこさんには写真のお土産だけになっちゃいました。(^^ゞ
味付け海苔、下津井産だったらたぶん西田さんのでは?パッケージは青い袋で10枚入りだったらまず間違いないと・・・。うちも少し前にたくさん頂いたのですが、あっという間になくなってまた追加しないとと思ってた矢先です。(笑)

>mosyupaさん
もしかして、マナガツオ想像して我慢できなくなりました??
とすると、会話は実話ですね!?(笑)
漁師さんでも時期によって魚の専門があるから、そうそう獲れないのでしょうね。。。
おっしゃるように、いい型だとだいたい1匹数千円くらいすると思うので僕もめったに食べれませんが、でもひと夏に一回は・・・食いたいですよねぇー。こっそり友達の漁師さんが持ってきてくれることを祈っときます。(笑)

>miyuさん
すいませんねぇー、写真だけで・・・。(^_^;)
今が旬の味というとやっぱりマナガツオ、漁師の方でもなかなかとれないって言われてたのでラッキーでした。
お土産どんなのをもらったのかなー?
また拝見しなくては・・・。

>かんちゃん
こんちはー。
僕も漁師の船に乗ったのは久しぶりですよ。
それにしても、これだけ食べられるとは思ってなかったので幸せなひと時でした・・・。(^^ゞ

>花さん
タイの刺身を捌く手つきを見て僕も家で少しやってみましたが、久しぶりなのと家庭用包丁ではなかなかうまくいきませんねー。刺身は歯ごたえとほんのり感じる甘みがたまりませんでした。自分だけでスミマセン。m(__)m

>TOSHIさん
40-50cmのいい型のマダイがだいぶ混じっていてキレイな桜色をしていました。
釣り好き、魚好きのTOSHIさんとしては、たまらないでしょうねぇ。(笑)
またお時間あるときに写真忘れて児島に釣りにいらしてください。チヌのいいサイズも結構上がっているようですよ♪(^^)

>山猫さん
ども・・・。
めっちゃ旨かったっすー。
家計もだいぶ助かったし・・・。(笑)

>kamomeさん
見ていただきありがとうございます。今回は波も穏やかだったので船酔いは全然大丈夫でした。
やっぱりプロの技を見るというのは、どんな仕事においても何かのヒントを得ますね。
魚の獲り方、捌き方、もてなし方・・・すべてが勉強になりました。
そちらもいろんな魚が釣れるようですね。
ベラはこちらではギザミと呼んだりしますが、これもきれいな魚で白身が美味しいですねー。マナガツオの卵はちょっと可愛そうな気もしましたが、捌いてすぐに煮付けにしていただきました。絶品でした!(^▽^)
あ、そうそう昨日は遠出帰りだったので坂出花火は間に合いませんでした。。。m(__)m

投稿: yama | 2007/08/05 15:48:52

yamaさん、めっちゃいいな~!!
こんなに大漁で、とれたての真鯛のお刺身、綺麗ですね。
鯛めしもヨダレもの♪

マナガツオって鰹の仲間ではないんですよね?
マナガツオのお煮付け、美味しそうです。
yamaさん家のお料理も見せていただきたかったナ。

投稿: jugon | 2007/08/11 13:21:16

>jugonさん
瀬戸内の新鮮素材ここにあり・・・って感じでしょ?(^_-)
マナガツオは真名鰹って書きますが、カツオと同じ時期に獲れてカツオより旨い真のカツオという意味らしいですね。あ、うちの料理っすか?素材が良いので僕の下手な小細工は止めて刺身と塩焼きで頂きましたよ。(^_^;)

投稿: yama | 2007/08/11 20:18:49

コメントを書く