« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月23日

丸亀花火

Marugame01t
「丸亀花火と瀬戸大橋」 2008.8.23 鷲羽山にて

夏の終わりに夜空を焦がす、海の向こうの丸亀花火。鷲羽山から瀬戸大橋のライトアップ越しにダイナミックな光のコラボレーションを・・・。

 
【丸亀花火の関連記事】
丸亀花火 (2006.8.19)
丸亀花火オフ(2007.8.25)

ここ何年かで恒例行事になってしまった感がある丸亀婆娑羅まつり花火オフ。夕方は曇りで空が少し霞んでいましたが、瀬戸内海を隔てて約13km先で上がる丸亀花火を、地元児島の鷲羽山から撮影。毎年同じような写真ばかりなので今年は望遠レンズで花火と瀬戸大橋のアップを中心に・・・。
 
Marugame02
今回は横構図はほとんど撮らず・・・
  
 
Marugame03t
縦構図を中心に撮影。
まずは、斜張橋の横に上がる大玉花火を・・・。
 
 
Marugame04t
偶然、岩黒島のループ橋に降りていく光跡が写っていました。
一般は降りられないのでたぶん島民の方の車かな。
 
 
Marugame05t
少し場所を移動して斜張橋の橋脚(H)の中に花火が入る位置へ。
手前は櫃石島の漁港の灯り。
 
 
Marugame07t
そして、最後に上手くハート型の花火がHの中に開いてくれました!
この写真が、今回一番のお気に入り・・・かな。(笑)
 
というわけで、今年も、ようこさんmosyupaさん、フーさんはじめ地元の写真好きのみなさんとワイワイ言いながら、夏の終わりの納涼花火を楽しむことができてよかったです。

午後9時過ぎ。花火が終わり、帰り道は秋を感じさせる涼しい風が・・・。やはり僕にとって笠岡のひまわり丸亀の花火を見ないと夏が終わりません。

2008年08月23日 | | コメント (16) | トラックバック (1)

2008年8月22日

笠岡のひまわり 黄昏編

Sunf08_11
「Good bye summer days..」 2008.8.15 笠岡干拓地にて

夏も終わりに近づく頃。
茜色に染まる夕空とひまわりに切なさを感じて・・・

 
Sunf08_12
ほんのりと茜色に色づく雲。
 
 
Sunf08_13
そして、広大なひまわり畑に夕闇が訪れて、
 
 
Sunf08_14t
東の空に丸い月が浮かび上がる。
 
 
Good bye summer days!
夏よ、ひまわりたちよ、
今年もありがとう・・・。
 
【関連カテゴリ】 笠岡のひまわり

2008年08月22日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月19日

笠岡のひまわり 晩夏の夕日編

Sunf08_07t_2
「Are you sunsetflowers?」 2008.8.15 笠岡干拓地にて

僕にとって君たちは夕日の花。
晩夏の夕日に輝くひまわりたちの姿に魅せられて・・・

 
Sunf08_08_2
ひまわり畑に夕日が沈む。
 
 
Sunf08_09_2
広大な大地と100万本のひまわりたちを染めながら・・・
 
 
Sunf08_10t_2
見る見るうちに山影に沈む夕日とひまわりたち。
 
(追記)
どうやら今年もようやく展望台が設置されたようですね。(笑)

2008年08月19日 | | コメント (14) | トラックバック (2)

2008年8月17日

太陽と海の教室

080810_01t
「われは海の子」 2008.8.10 倉敷市児島 大浜海水浴場にて

瀬戸大橋が見える海でスノーケリング。
夏休みの宿題全然終わってないけど、まいっか・・・。(笑)

 
080810_03t

海が近い田舎に住んでいると、その恩恵にあずかることが多い。
特に夏のこの時期、子供が海に泳ぎに行きたいといえば15分後にはサンダル脱いで海の中。(笑) 
 
080810_04
青い空と海が呼んでいる・・・。急いでスノーケリング準備して・・・。
 
 
080810_05
早速、水飛沫をたてて泳ぎまくる。(笑)
 
 
080810_06
こっちが僕のスノーケルとマスク。
 
 
080810_07
こっちが子供用。
 
 
080810_08m
瀬戸内海なので透明度はこんなもの。
同じ大浜でも、角島大浜とはかなり違う・・・。(笑)
 
 
080810_09
スノーケリングの後は砂遊び(砂湯?)でひと休み。
 
 
080810_10
かと思えば、またゴーグルで泳いだり水中観察したり、
 
 
080810_11t
波打ち際を走り回ったりと、海の子パワーには呆れます。
 

080810_12t
気がつけばこんなことまで・・・。(笑)
 

夏休み中の子供たちにとっては、これぞ、太陽と海の教室
そろそろ宿題も気になるけど、家の中に閉じこもっているよりは外で遊んでくれる方がずっといい。
 
080810_02

最後に、大浜海水浴場のアクセス案内。
倉敷市児島大畠、下電ホテルの東側に広がる砂浜で瀬戸大橋が一望できるビーチ。潮通しがいいので透明度も比較的良い。
夏の海水浴シーズンでも比較的空いているのは、駐車場が少ないから。
まともな駐車場といえば、瀬戸大橋寄りの山側に約10台ほど停められる位で、ここが一杯なら久須美鼻の駐車場に停めて歩く(約5分)。
また、JRで児島駅から来られる方は下津井電鉄バス「とこはい号」で「下電ホテル前」バス停下車が便利。 

2008年08月17日 | | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年8月15日

笠岡ひまわり情報2008

Sunf08_01
「笠岡干拓地 ひまわり畑」 2008.8.15 笠岡市にて
(8/15現在、8部咲き程度といったところです。)

晩夏の瀬戸内を彩る笠岡のひまわり畑
夕暮れの干拓地に黄色い絨毯が輝く時・・・。

 
お盆休みの真っ最中、いかがお過ごしでしょうか?
僕の方は13日から大阪へ帰省していたのですが、きょうの夕方、岡山に戻ってきました。自宅に着いてまだ余力があったので、ひとっ走りして笠岡のひまわりを覗いてきました。
笠岡干拓地に着くとすでに日も傾いて18時過ぎ。日没まで40分余りの短い時間でしたが、少しだけ夕暮れのひまわりを撮ってきました。

以下、ご参考までに今年の笠岡干拓地のひまわり開花状況など・・・。

・2008.8.15現在、8部咲き程度。
・今週末から来週始めにかけて満開を迎えそうです。(見頃は8/16~24)
・生育状況は昨年とほぼ同じ、ただし花は今年も小ぶりです。
・相変わらず畑の土はガチガチ、なぜかコオロギが異常に多いです。
・今年はメインのひまわり畑に展望台が設置されていません。
 →(8/19追記)遅れて設置されたようです。(笑)
・昨年同様、ひまわり畑は2ヶ所。(北側にもひまわり畑があります。)
※国道2号線浜中から干拓地まで(神島大橋周辺を除く)新しいバイパスができているので岡山・倉敷方面からのアクセスがよくなっています。

【笠岡干拓地 ひまわり畑の地図】→クリックすると拡大します。
笠岡干拓地のひまわり畑
 
 
 
Sunf08_03
蕾が西日を浴びて・・・。
 
 
Sunf08_04t
黄金色に輝くひまわり畑。
 
 
Sunf08_05t
夕暮れの青空をバックに仲良く・・・。
(※写真もう少しありますが、また次回にでも・・・)
 
 
『晩夏のひまわり』
笠岡のひまわり畑が始まった2002年から撮り始めて、今年ではや7年目。僕は、夕暮れが似合うこのひまわりたちを見ると毎年、夏の終わりを感じてしまいます。

今週末から来週いっぱい、大空と大地のひまわりカーニバル2008が行われる8/24(日)頃までが見頃となりそうです。ややお天気が下り坂ですが、お盆休み後半お時間のある方はぜひ、広大な笠岡干拓地のひまわり畑にお出かけください。
 

2008年08月15日 | | コメント (23) | トラックバック (0)

2008年8月13日

高松駅22時

080812takamatsu02
「22:07」 2008.8.12 JR高松駅にて

懐かしい杉山清貴アコースティックライブの後、JR高松駅へ・・・。

 
昨夜は仕事を早めに切り上げて、JR児島駅からマリンライナーで瀬戸大橋を渡り高松へ。

080812seto02
 
そもそも、なぜ高松まで行ったかといえば・・・
数日前、何気なく見ていた某ローカルTV局のCMで、「第43回 さぬき高松まつり」で、杉山清貴のアコースティックライブ(8/12 21:00~22:00)があることを知り、さらに入場無料ということもあって、久しぶりにこれは絶対行かねば・・・と。(笑)

日没後、空の明るさを失いつつある瀬戸内海を眺めながら、児島駅から高松駅まではマリンライナーで30分。
車内はお盆を故郷で過ごす帰省客で混雑気味。

080812takamatsu01

高松駅に着くと大きなスーツケースやバッグを持った人々が一気に吐き出され、ホームを歩く姿が目に付く。会場は中央公園なので駅からゆっくり歩いて15分位で到着。風がないせいかかなり蒸し暑く感じた。

少し時間があったけど、ライブの時間が近づくにつれ、1,000人を超える大勢の観客がステージ周辺に・・・。見渡すと、やはり30~50代の往年のファンが多い。(笑)

そして、21時・・・。
Tシャツにジーンズというラフな姿で杉山清貴登場。かつてはトレードマークだったサングラスも今はかけてなくて、ちょっとふっくらした感じに見えた。(笑)
1曲目は過ぎ去った遠い日々と切ない恋を振り返るバラード「always」。
以下、昨夜の演奏曲。

【8/12高松 杉山清貴 アコースティックライブ演奏曲】
1. always
2. TRADE WIND
3. in the ocean
4. 未来
5. Sound of the earth
6. Gift
7. さよならのオーシャン
8. ふたりの夏物語
(全8曲)

自前のギター1本で椅子に座って(最後だけスタンディング)の弾き語りとトーク、あっという間の1時間でまだまだ聴き足りなかったというのが正直なところだけど、約10数年ぶりに生のライブを見ることができて感激。
そして、ライブが終わり、高松駅までの帰り道では知らず知らずのうちに彼の曲を口ずさんでいました。(笑)

080812takamatsu03
22時過ぎの高松駅からサンポート方面。
 
 
080812takamatsu04t
マリンライナー待ちの高松駅改札でちょい流し撮り。(笑)
 
 
思えば、僕の学生時代は彼の曲をカセットに吹き込んでよく海やドライブに行ったもの。
彼のほとんどの曲の背景にはがあり、それが身近な葉山や鎌倉の海もあれば、遠くスケールの大きいハワイや大西洋の海であったり・・・。そんな海を舞台に大人の恋や切ない気持ちを歌った珠玉のナンバーを、僕はグループの頃からはもちろんソロになってからもずっと大好きで、20年近く経った今でも車の中に彼のCDはいつも積んであるほど。だから、時々このブログでも、彼の曲の中からピックアップしたお気に入りのフレーズを、写真のタイトルやキャプションなどで使わせてもらうことも・・・。

というわけで、昨夜は遅く自宅に帰ったのですが、気がつけば押入れに仕舞い込んでいたCDケースをひっくり返している自分がいました。(笑)
 

2008年08月13日 | | コメント (11) | トラックバック (1)

2008年8月 9日

角島大浜海水浴場で水中写真

070804oohama01
「波間から見る角島灯台」 2007.8.4 角島大浜海水浴場

本州屈指の透明度を誇る角島の海。
スノーケリングしながら水中デジカメ片手に遊んでみた。

 
夏の角島大浜で念願のスノーケリング。
オリンパスμ720SW(すでにかなりの旧モデルになってしまったが・・・)を使って水中撮影。この角島大浜海水浴場は僕が知る限り、本州でいちばん透明度が高いビーチ。
では水中デジカメで撮った角島の海の写真を少々・・・。

070804oohama02
子供たちもスノーケリングに夢中。
 
 
070804oohama05
まるでプールのような透明度。
 
 
070804oohama03
水深2m前後の海底はこんな感じ。
 
 
070804oohama07
海中から見た空はこんな感じ。
 
 
070804oohama06
子供を入れた半水面写真を狙ったが・・・難しい。
 
 
070804oohama04
かろうじて、シンプルな半水面写真は成功。
残念ながら魚はいなかったけど・・・。(^_^;)
 
えー、実は・・・。
この半水面写真に夢中になり過ぎて充電切れ・・・。(苦笑)
 
 
070804oohama_t
角島大浜海水浴場と角島灯台。EOS20Dで撮影。

猛暑が続いてますが、水中デジカメのスナップで少しは涼しい気分になれたでしょうか?(笑)
 

2008年08月09日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月 7日

角島 ホテル西長門リゾート

070804nishi01
「優しい波」 2007.8.4 山口県下関市豊北町

角島大橋の傍らに立つホテル西長門リゾートにて。
エメラルドグリーンの波が打ち寄せる海を眺めながら・・・

 
角島にホテルはない
宿といえば、旅館と民宿が数えるほど、そして角島大浜キャンプ場とバンガローだ。だから、正確には角島にいちばん近いホテルがこの西長門リゾート、ということになる。
プライベートビーチあり、温泉あり、そして目の前には碧い海と角島が見える絶好のロケーションだが、ひとつ難点を言えば、建物がかなり老朽化していた。建てられたのは、角島大橋ができるずっと前。何しろ、僕が学生時代の頃から旅行会社のパンフレットに載っていたくらいだから・・・。(苦笑)

070804nishi02
巻き貝をモチーフにしたチャペルと円錐形の鐘。
 
 
070804nishi03
ガラス張りのカフェの向こうには青い海。
 
 
070804nishi04t
テラスから見えるビーチと角島大橋。


実は、そんなホテル西長門リゾートがまもなく(2008.9.1)全館リニューアルオープンする。
■ホテル西長門リゾートのHP
 
■ホテル西長門リゾートの予約状況と口コミ情報

 
夏の海水浴シーズンが終わり、9月1日からというのが少し残念だが、来年の夏はきっと角島を訪れる旅行客たちで賑わうことになるだろう・・・。
でも、僕が角島で泊まるとしたらやっぱりキャンプ場だろうな・・・。(笑)
 

2008年08月07日 | | トラックバック (0)

2008年8月 6日

島戸海水浴場

070804_01t
「ハマユウ咲く海岸」 2007.8.4 山口県下関市豊北町

島戸海水浴場の朝。
角島大橋を臨む砂浜にひっそりと咲く自生のハマユウ(浜木綿)。

2008年08月06日 | | トラックバック (0)

2008年8月 4日

海に架ける橋

070804tusno01
「海上ドライブ」 2007.8.4 角島大橋にて

この橋を越えると角島の蒼い海が僕らを待ってる・・・。

 
本日の写真は、今からちょうど1年前の8月4日。台風が通り過ぎた翌日、角島大橋で撮影したもの。
角島大橋は全長1,780m。離島に架かる無料の橋としては日本で二番目に長く、角島へ渡る人たちのアプローチとして、まず誰もがそのロケーションに感動してカメラを向ける場所です。

070804tsuno02t


実は、うちのブログは夏になるとアクセス数が毎日1,200~2,000強くらいになるのですが、そのうち約1割が「角島」「角島 写真」「角島 キャンプ場」「角島 バンガロー」「角島 海水浴」など角島関連のGoogle検索。それゆえ、今年も角島の写真をアップしてくださいとか、角島に関する問合せ、また、角島情報をお願いしますというメールもよくいただく(実は昨日もご近所のFさんからいただいた・笑)ので、何らかの形でそのリクエストにお答えしなくては・・・と思っていました。

070804tsuno03t
 
というわけで、今週はちょっと趣向を変えて、今までブログで紹介出来なかった角島の風景やスナップ写真をハードディスクの整理も兼ねて(笑)少しずつアップしてみようかなと思っています。

【関連カテゴリ】 角島の写真
 

2008年08月04日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月 3日

海の向こうの花火

080802sakaide01
「瀬戸大橋ライトアップと坂出花火」 2008.8.2 児島にて

瀬戸内海の対岸、約13km離れた海の向こうの花火。

 
夏恒例、瀬戸大橋ライトアップ越しの花火第一弾の「坂出花火」。
昨夜、21:30から約30分間、地元の写真仲間と一緒に撮影してはみましたが、霞みで視界が悪くパッとしませんでした。やはり13kmも離れていると、何より海上の見通しが良いことがいちばんの条件です。
 
080802sakaide02t
瀬戸大橋を渡る列車と・・・。
低い花火は、煙突でよく見えない。
 
 
080802sakaide03
途中の中だるみ、船の光跡を・・・。
 
 
080802sakaide04
例年通りライトアップが消灯されてから上がる大玉。(全員溜息)

これだと雷撮影の方が楽しいなぁ・・・。
なぜか、僕は坂出の花火とは相性悪いです。(苦笑)

【関連記事】
坂出花火を与島から (2006.8.6)
坂出花火のはずが・・・ (2005.8.6)

 
ちなみに、海の向こうの花火第二弾「丸亀花火」は8月23日(土)20:00~21:00の予定です。

【関連記事】
丸亀花火オフ (2007.8.25)
丸亀花火(2006.8.19)
 

2008年08月03日 | | コメント (8) | トラックバック (4)

2008年8月 2日

渋川海水浴場

080801_01
「入道雲サマー」 2008.7.26 玉野市 渋川海水浴場にて

夏の海といえば・・・

 
渋川海水浴場
日本の渚百選にも選ばれ、岡山県下でいちばんメジャーな海水浴場。
夏のシーズンになると、白砂青松の砂浜には大勢の海水浴客が訪れる。
最近は少しずつ水質も良くなってきているようだ。

ところが、この渋川海水浴場、ネックが2つ。
駐車料金が1,000円かかることと、どうしてもサメネットに興ざめすること。
せっかく開放感を求めて海水浴に来たのに、なんだかいきなりお金取られてしかも生け簀の中で泳いでる気分になるのはイヤだ。だから、僕を含め地元に住む人たちは渋川へはあまり行きたがらない。(苦笑)

けれど、やっぱり夏は渋川に行きたいっ!という方のために、もし僕の友人、知人が渋川海水浴場へ行くと言ったら、次のような方法をオススメしているのでご参考まで・・・。
 
まず、できるだけ朝早く起きて国道430号沿いにある手前(王子が岳寄り)の渋川駐車場(もちろん無料でトイレ完備)等に車を停めて少し歩く。そして渋川海水浴場を通り過ぎ、東側の渋川キャンプ場前の砂浜まで行けば興ざめするサメネットもなく、不思議なくらい人が少ない。(ただし小学生のキャンプ学習やバーベキューをやっている時は×)
 
080801_02
渋川キャンプ場前のビーチ。空いていてサメネットもない。 
 

さて、余計なおせっかいはこれくらいにして、本日は夏の海に行きたくても行けない、あるいは、日焼けするのがイヤという方に、渋川海水浴場の夏スナップなど。

題して「夏の海といえば・・・?」

080801_03
夏の海といえば「浮き輪」
 
 
080801_04t
夏の海といえば「ビーチパラソル」
 
 
080801_05t_2
夏の海といえば「貸ゴザ」
 
 
080801_06t
夏の海といえば「白いヨット」
 
 
080801_07t
夏の海といえば「入道雲」
 
 
080801_08t
夏の海といえば「かき氷」
 
 
080801_09t
夏の海といえば「扇風機」?
 
以上、夏の海といえば・・・
「ビキニ姿のお姉さん」を期待していた男性諸氏、残念でした。。(笑)
 

2008年08月02日 | | コメント (20) | トラックバック (1)