« ウミネコとカモメの違い | トップページ | だるま夕日の瞬間 »

2008年11月11日

ツメレンゲの花咲く頃

Tsumerenge01t
「下津井のツメレンゲ」 2008.11.9 下津井にて

港町下津井の片隅でツメレンゲの花が人知れず咲き始めた。

 
この日は肌寒い曇り空。
偶然、別場所で夢民谷さんにばったりお会いしたので、これから下津井にツメレンゲの花を見に行くのだけど・・・と声を掛けると、二つ返事でOK、一緒に見に行くことに・・・。(笑)
 
Tsumerenge03t

現地に着くと、石垣のあちこちに群生したツメレンゲの花が咲き始めていた。
 
ツメレンゲは、ベンケイソウ科の多年草で高さ10-30cm程度の乾燥に強い多肉植物。
その名前は、動物の「ツメ」のように尖った多肉質の葉がちょうど蓮の花(蓮華「レンゲ」)のように出ていることに由来する。このツメレンゲ、種よりむしろランナー(地下茎)で増えることが多いようで、晩秋、10~11月にかけて細長く花穂状に白っぽい花をたくさんつける。
環境省RDBでは準絶滅危惧種に指定されており、岡山県内では、高梁市成羽町や和気町をはじめ、身近なところでは岡山城の石垣や倉敷美観地区の瓦屋根などで見ることができる。昨年度、美観地区での調査では、この15年でツメレンゲが6割も減少したという報告があり、日本の建築様式の変遷、環境の変化とともに徐々に住処を奪われていく運命にある。しかしながら、わが家から程近い下津井に意外にその貴重なツメレンゲが驚くほど群生する場所が存在することは一般にほとんど知られていない・・・。(実際はほとんどの人が気づかずに見過ごしているだけと思うのだが・・・。)

よく見ると、養分供給の違いなのか個体差なのか、花は白色を基準にして緑色が濃いものと薄紅色の濃いものがある。

Tsumerenge02t
緑色が濃いツメレンゲ
 
 
Tsumerenge04t
薄紅色のツメレンゲの花
 
 
Tsumerenge05t
真上から撮影した花穂
 
 
Tsumerenge06
草地のへりにもたくさん群生
 
 
当然のことながら、もしかしてツメレンゲを食草とする蝶、クロツバメシジミの幼虫がいないかと淡い期待を胸に少し探してはみたが残念ながら見つからなかった・・・。その後、下津井の古い町並みへ移動。
 
Seguro01
民家の屋根にセグロセキレイ
 
 
Tsumerenge07
屋根瓦の上のツメレンゲも開花していた
少し貧弱に見えるが・・・
 
 
Tsumerenge08
こちらは、コケと共生するツメレンゲ
前年の枯れたツメレンゲの名残りも・・・
 
 
Hoshigaki01
秋の風情を感じる干し柿
 
 
Tsumerenge09
瓦屋根で生きるツメレンゲ

 
倉敷美観地区同様、ここ下津井でも年々古い瓦屋根が減っているが、今もなお生き残ったツメレンゲたちが晩秋の潮風を受けながら花を咲かせ、歴史と情緒ある港町の家並みをじっと見守り続けている。
 

 2008年11月11日 |

« ウミネコとカモメの違い | トップページ | だるま夕日の瞬間 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/43078442

この記事へのトラックバック一覧です: ツメレンゲの花咲く頃:

» 豪渓 トラックバック ふぉと☆めも-2
穏やかな小春日和。 キラキラ、輝く紅葉が撮れる! ってわくわくして出かけたのに・・・ 到着した時間(2時半)、渓谷は日陰だった(T_T) 見頃はもう少し後のようでした。 でも多くの人で賑わってましたよ♪ ... 続きを読む

受信: 2008/11/13 0:08:21

» ツメレンゲ トラックバック 夢民谷の日記
3日間も有給で休んでいると 仕事が溜まっていて 今日は さすがに厳しかったです(汗) 月曜日でも 良いのは残して  やっと帰ってきました! また 休日です(^-^)/ さて 話は 由加山の続きです♪ 11月9日 由加山で モミジを撮った後  バッタリyamaさんと会いました(^-^)/ そして 私が自然の姿を見たいと言っていた ツメレンゲが 生えている場所を教えてくださるということで 一緒に 行きました。 今年は 道の駅や普門寺などで 売っているツメレンゲも見まし... 続きを読む

受信: 2008/11/14 20:31:06

コメント

ツメレンゲって初めて知りました。
実は、先日美観地区のお土産屋さんへお仕事でお邪魔したと時、オーナーさんから屋根に生えている草を抜いといて、と言われ、抜きました。抜くときに、葉っぱが多肉植物だ~と思いながら抜きました。ラストの写真のように生えていました。
それが、多分ツメレンゲだったんでしょうね。
ショック!無知でした。

投稿: よしとう | 2008/11/12 7:36:08

先日は お世話になりました。
おかげさまで 屋根に生えているツメレンゲを見る事が出来ました。
さすがに綺麗に撮られてますね。
私は 後日 アップしますので トラバさせていただきます。

投稿: 夢民谷住人。 | 2008/11/12 7:37:37

こんばんは。

写真も 素晴らしいし 文章も 素晴らしいです。

先日 新聞 見ましたよ♪

投稿: かんちゃん | 2008/11/12 22:42:00

>よしとうさん
美観地区でのお仕事のエピソードありがとうございます。
ツメレンゲ、昔から貧乏草とか言われて嫌う人も結構います。きっとそのお土産物屋の方もそうだったんでしょう。倉敷は有名観光地だけに屋根の手入れも必要なので致し方ないですが、次回は逆に、瓦屋根に生きる準絶滅危惧種のツメレンゲを店の売りにしてお客さんを集めてみては・・・と一度提案してみてください。(笑)

>夢民谷さん
先日はどうもでした。
あれだけ下津井を歩いておられる夢民谷さんでさえ、あのツメレンゲの大群落にビックリされてたのでご一緒した甲斐がありました。(笑)
僕はあまり写真撮らなかったので、夢民谷さんの写真が楽しみです。
トラバお待ちしています。(笑)

>かんちゃん
どうも、ありがとう。
ツメレンゲ、観察中心で写真はあんまり撮ってません。
新聞掲載といっても登場人物の一人に過ぎませんので・・・。(笑)

投稿: yama | 2008/11/12 23:23:54

こんばんわ。

写真を見た最初の印象は、アロエのつぼみに似ていると思いましたが、花の姿は全然違いますね。

石垣や屋根瓦に生えている姿は、とてもたくましさを感じさせます。
しかし、数を減らせているとは・・・
環境の変化についていけない弱い花でもあるのですね。

投稿: 運転手 | 2008/11/13 23:02:30

>運転手さん
ツメレンゲはご覧いただいてお分かりの通り、石垣や瓦といった、他の植物が生育できないような環境下で生きる道をあえて選んだ、どちらかと言えば強い植物になるでしょうね。それとは裏腹に、瓦屋根や石垣の日本家屋がどんどん減り住処も奪われてしまうとは、なんとも皮肉な結果ですよね。

投稿: yama | 2008/11/14 19:15:31

コメントを書く