« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日

土井ヶ浜

Doigahama01
「打ち寄せる波」 2009.4 山口県下関市 土井ヶ浜にて

エメラルドグリーンが美しい土井ヶ浜海水浴場
まだ人影のないビーチには、心地よい潮騒だけが響いていた・・・

 
角島に向けて国道191号線を北に走る。いつものように土井ヶ浜に寄ってみることに・・・。
国道から、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムの案内板に従って左折、道なりに進めば駐車場があり、そこに車を停めて少し歩いていけば土井ヶ浜海水浴場の南の端に出る。

【土井ヶ浜海水浴場の地図】
土井ヶ浜海水浴場 
 
土井ヶ浜海水浴場は、環境省 日本の快水浴場100選にも選ばれていて、約1kmにわたって続くロングビーチとおよそ100m沖まで遠浅の砂浜が人気の山口県下屈指の海水浴場。夏になると「サザエさん」「波乗りジョニー」など、どこかで聞いたことのあるネーミングの海の家やバンガローが賑やかに建ち並ぶ。また浜辺まで車で降りられるキャンプ場や貸し別荘もある。

Doigahama02t
海への道
 
 
Doigahama03t
浜辺の片隅に咲くトウダイグサ
 
 
Doigahama04
約1km続く土井ヶ浜ビーチ
  
この日、土井ヶ浜に着いたのが午前10時前。ビーチには人影もなく、時折散歩の人に出会うくらい。しばらく砂浜の端に座ってぼんやり海を見ていたら、曇っていた空もいつの間にか晴れてきて、海の色も綺麗なエメラルドグリーンに・・・。さぁ、もう少し進んでみようか。
 

2009年04月30日 | | トラックバック (0)

2009年4月28日

角島2009-プロローグ-

Tsuno0904_01
「レンタカーと角島大橋」 2009.4 山口県下関市赤田浜にて

ただ、この青い海に逢いたくて・・・。
レンタカーを借り、1時間走っても見に来たい海の色がここにある。

 
さあ、いよいよゴールデンウィーク。
今年は高速道路1000円で山口県角島(つのしま)へ行かれる方も多いのでは?僕は、先日ひと足早く角島の海でゆったりとした時間を過ごしてきました。シンプルな海の写真ばかりですが少しずつアップしてみたいと思います。

2009年04月28日 |

2009年4月26日

備前屋甲子 夕映え

Yuubae

倉敷市下津井の夕陽の見える宿「鷲羽温泉 ホテル備前屋甲子」。
本日リニューアルオープンのメインダイニング「夕映え」の大型写真パネル制作に協力させていただきましたのでご報告を・・・。
最近CMばかりでスミマセン。m(__)m

 
Bizenya
三百山から見た備前屋甲子 2009.4.25撮影
 
 
児島下津井の西側、瀬戸内海の多海美を見渡す場所にあるホテル備前屋甲子。ここの自慢は美しい夕陽が眺められる絶好のロケーションと展望貸切風呂、そして瀬戸内の海の幸が堪能できるダイニング。
この度のリニューアルに当たって、ダイニングのコンセプトと内装にマッチする瀬戸大橋と夕日の写真を提供させていただきました。以下、事前お披露目会での写真です。
 
Yuubae03
シーサイドダイニング 夕映え
 
 
Yuubae04
夕映え エントランス
 
 
Yuubae05
大型写真パネル 大きさは幅6m(1.2m×5枚)×高さ2mあります
 
 
Yuubae06t
掘り炬燵の空間
 
 
Yuubae07t
海側のテーブル席 フローリングの床がピッカピカです

メインダイニング「夕映え」は160名収容で、宿泊客の方々が朝は瀬戸内海の多島美、夕方は自慢の夕陽を見ながら食事を楽むことができます。

鷲羽温泉 ホテル備前屋甲子のHPはこちら。 
 

2009年04月26日 | | コメント (12)

2009年4月19日

ジャコウアゲハと海

Jakou01t
「ジャコウアゲハ舞う浜辺」 2009.4.19 児島にて

青い空と海。
ハマダイコン咲く瀬戸内の浜辺にジャコウアゲハが舞う季節。

 
毎年紹介している海辺のジャコウアゲハのシーズンが今年もやってきた。例年より1週間から10日ほど早い発生で現在のところオス2頭、メス1頭の3頭確認。

Jakou02
止まってくれないジャコウアゲハ
 
 
僕が毎年この場所にこだわるのは、優雅に舞うジャコウアゲハを、海を背景にして撮影できるから。沖縄、南西諸島以外で「蝶(アゲハ)と海」の組合せが確実に撮れる場所はなかなかないだろう。
そんなわけで、今回は周囲の風景を入れたくて魚眼レンズ1本で狙ってみた。ところが昼間は、ゆっくりハマダイコンで吸蜜することもなく、時折姿を見せたかと思うとヒラヒラと花の見回りをしては、すぐに林の中へ消えていく。
 
 
Jakou03
逆光のジャコウアゲハ(メス)
  
 
 
Jakou04
ヒラヒラと翅を動かしながら吸蜜中


昼前、小1時間の間にジャコウアゲハは3,4回やってきたけれど、ハマダイコンで吸蜜中に寄ることができたのはわずか1回のみ。それでも何とか青い空と海とジャコウアゲハの組合せが撮れたので良しとしましょか。(苦笑)
 
【関連記事】
ジャコウアゲハの浜辺(2008.4.28)
ジャコウアゲハ夕景(2008.4.29)
 

2009年04月19日 | | コメント (14) | トラックバック (1)

2009年4月15日

夕陽の街 児島観光ポスター

P_yuhi
「夕陽の街 倉敷 こじま」
倉敷・児島観光PRポスターの写真撮影を担当させていただきました。

 
更新が滞っていて少し遅くなってしまったので、新聞等ですでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、児島の夕日をPRするポスター(製作/児島商工会議所・倉敷観光コンベンションビューロー)が完成しましたのでご報告です。

塩田、学生服、ジーンズ、瀬戸大橋・・・
児島のシンボルは時代の流れとともに徐々に変化してきました。そして、今回のポスターのコンセプトは、ズバリ「夕日」。つまり、瀬戸内海屈指の「夕日」の鑑賞地としての倉敷市児島をアピールするもの。主催者側の担当者の方からも、児島の夕日を前面に出した観光ポスターを作りたいと協力を依頼されたのですが、約10年間にわたって児島の夕日をPRしてきた僕としてもありがたいお話でした。

依頼をいただいてから、2月~3月初めはずっと夕日の沈む位置を計算ながら鷲羽山周辺に撮影に通いました。しかしながら天候等の条件もあり、なかなか満足するカットは撮れませんでした。もちろん過去に撮影した画像でもいいのですが、実はいくら上手く撮れた写真でもポスターに向いている写真とそうでない写真があります。

一般的にポスター向きの写真は、
1)縦位置
2)主題がハッキリしている
3)文字スペースを配慮した構図
でないといけません。

内々の話になりますが、今回、何点かの提出した写真の中から、夕日、瀬戸大橋、列車、船が一直線に並んだ写真と2/12にアップした夕日を眺める浴衣姿のシルエット写真が残り、最終的には前者に決定しました。もし、浴衣姿が女性だったら後者の方になっていたかも・・・。(笑)
冗談はさておき、このポスター、夕日だけでなく児島の名所である野崎家旧宅や鷲羽山、ジーンズ工房、児島へのアクセスマップも紹介されていて、1,000部も製作されたとのこと。岡山駅、倉敷駅をはじめ、主なJRの駅や観光案内所、ホテルなどで掲示されていますので、もしどこかでご覧になったら思い出してやってください。
  
Kojima_pos02
JR児島駅 観光案内所にて 

実は・・・右端のポスター「瀬戸大橋ライトアップカレンダー2009 -Fantasy World-」の写真も撮影協力させて頂きました。m(__)m

最後になりましたが、今年も児島の夕日とコンサートを楽しむイベント「サンセットフェスタinこじま」が5月30日(土)に王子が岳で行われる予定です。今までは春は鷲羽山、秋は王子が岳でしたが、今年は春が王子が岳、秋は鷲羽山で行われます。また詳細が決まりましたらここでお知らせさせていただきますね。
 

2009年04月15日 | | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年4月11日

桜咲く瀬戸内海

Sakura_ouji01t
「満開の時」 2009.4.9 王子が岳にて

春爛漫。
瀬戸大橋と青い海をバックに満開の時を迎えた桜。

2009年04月11日 | | トラックバック (1)

2009年4月 5日

ムラサキケマンに思う

Murasaki01t
「ムラサキケマン」 2009.3.27 自宅にて

わが家で花を咲かせたムラサキケマン。

 
ムラサキケマン。
県中北部に行けば、ごく普通に林縁や路傍に見られる春の野の花だが、岡山県南の平野部ではほとんど見られることはない。ところが、写真のムラサキケマンが生えている場所は倉敷市児島のわが家の勝手口。しかも通路の両側数ヶ所で紫色の花を咲かせている・・・。
もちろん種を蒔いたわけではない。では、いったい、どうしてムラサキケマンがわが家の敷地内に生えているのか?

その犯人は十中八九、僕に違いない。
きっと昨年、県北へ出かけた時に、土と一緒にムラサキケマンの種を靴の裏につけて車で自宅まで運んでしまい、それが春になって発芽したのだろう。しかもあちこちから生えているところを見ると、隣家との間で日当たりがあまりよくないやや湿った土質が、ムラサキケマンの生育条件にピッタリ合ったのかもしれない。
 
Murasaki02t
 
自らの力で移動ができない「植物」は、繁栄のために風、水、昆虫、鳥、動物、あるいは人によって種子を運ばせる巧妙な仕組みを長い年月をかけ作り上げてきた。
尾瀬の湿原や海外の自然保護区などでは、固有種を含めた生態系保護のために、観光客は入山口で靴の裏の土を必ず落としてから中に入る。外来種の侵入を防ぐためには当然のルールだ。もちろん僕も入山時は靴の裏の土に注意を払っているのだけれど、帰りはついついうっかりそのまま帰ってしまうことがある。今回は持ち込んだ先が自宅だったため笑い話で済ますことができるけれど、逆に繁殖力の強い外来種の種を、野山や湿原に持ち込んでしまうことのないよう十分に気をつけたい。

2009年04月05日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年4月 2日

空を映す海

Ouji01
「空を映す海」 2009.3.14 王子が岳にて

しばらく更新サボっていますが、無事生きておりますのでご心配なく。(笑)

2009年04月02日 |