« 空を映す海 | トップページ | 桜咲く瀬戸内海 »

2009年4月 5日

ムラサキケマンに思う

Murasaki01t
「ムラサキケマン」 2009.3.27 自宅にて

わが家で花を咲かせたムラサキケマン。

 
ムラサキケマン。
県中北部に行けば、ごく普通に林縁や路傍に見られる春の野の花だが、岡山県南の平野部ではほとんど見られることはない。ところが、写真のムラサキケマンが生えている場所は倉敷市児島のわが家の勝手口。しかも通路の両側数ヶ所で紫色の花を咲かせている・・・。
もちろん種を蒔いたわけではない。では、いったい、どうしてムラサキケマンがわが家の敷地内に生えているのか?

その犯人は十中八九、僕に違いない。
きっと昨年、県北へ出かけた時に、土と一緒にムラサキケマンの種を靴の裏につけて車で自宅まで運んでしまい、それが春になって発芽したのだろう。しかもあちこちから生えているところを見ると、隣家との間で日当たりがあまりよくないやや湿った土質が、ムラサキケマンの生育条件にピッタリ合ったのかもしれない。
 
Murasaki02t
 
自らの力で移動ができない「植物」は、繁栄のために風、水、昆虫、鳥、動物、あるいは人によって種子を運ばせる巧妙な仕組みを長い年月をかけ作り上げてきた。
尾瀬の湿原や海外の自然保護区などでは、固有種を含めた生態系保護のために、観光客は入山口で靴の裏の土を必ず落としてから中に入る。外来種の侵入を防ぐためには当然のルールだ。もちろん僕も入山時は靴の裏の土に注意を払っているのだけれど、帰りはついついうっかりそのまま帰ってしまうことがある。今回は持ち込んだ先が自宅だったため笑い話で済ますことができるけれど、逆に繁殖力の強い外来種の種を、野山や湿原に持ち込んでしまうことのないよう十分に気をつけたい。

 2009年04月05日 |

« 空を映す海 | トップページ | 桜咲く瀬戸内海 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/44539770

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキケマンに思う:

コメント

こんばんわ。
靴の裏の土って意外と付いているんですよね。
普段は、あまり気にすることはありませんが、小笠原の母島では下船時の靴底洗いをしていました。

離島のような、外界と隔絶しているところでは、生態系への影響がすぐに出そうです。

投稿: 運転手 | 2009/04/05 0:19:12

>運転手さん
お早いコメントありがとうございます。
気をつけていても知らず知らずのうちに結構靴の裏や衣服について運んでしまってるでしょうね。離島も十分気をつけないといけませんよね。母島では靴洗い場があるんですね。さすが固有種の多い島、今後も継続して自主防衛してほしいものです。

投稿: yama | 2009/04/05 0:47:48

yamaさん邸の庭先に運ばれてきたムラサキケマンの種
お連れ人となったyamaさん(笑)
とても興味深いお話です。

先日、長女からカモミールの種をプレゼントしてもらったのですが、
これが、くしゃみをすれば飛んじゃうような小ささ・・
植物の種類によっては、ミクロ単位の種もあるので
靴裏にくっついて移動してしまうケースって
結構ありそうですね・・

尾瀬の湿原や海外の自然保護区では、
靴裏の土を落として入山するのが常識だったとは、
知りませんでした(^_^;)
いい年になって知らないことって
本当にたくさんあってお恥ずかしい限りです(^_^;)
またひとつyamaセンセからお勉強させていただきました^^ 


投稿: kamome | 2009/04/05 0:53:12

違うかもしれませんが 風の道の横の藪の中にも 紫ケマンが咲いていました。
(myブログ4/3#37参照)
そう言えば 数年前まで 風の道には ハートの形の花のケマンソウも咲いていました。
風の道も もしかしたら 山野草を育てるのに適した土かもしれませんね(^-^)/

投稿: 夢民谷住人。 | 2009/04/05 20:27:45

ええ話しじゃぁ~♪

ありがたや、ありがたや。。

水鳥公園のまわりでも外来種で
ジャパン植物生態を守る為に
削除、削除~。。ボランティアです、ピシッ!

投稿: ほった老人 | 2009/04/06 2:35:46

「ムラサキケマン」ってはじめて知りました。
県北中部には普通に咲いているんですかー。

種の移動問題は難しいですね。

業務連絡。
桃源郷、今週が見頃です。

投稿: よしとう | 2009/04/06 7:36:19

ムラサキケマン、こちらも咲いてました~♪
山が近所なので…散歩道は最近、山が多いのです。(ノ´∀`*)
なるべく、余計なことにならないよう…気を付けなくてはですね。

投稿: tanu | 2009/04/06 19:37:14

こちらでのウンチク、すごくためになりますが
割とオチのほうが楽しみだったり。(w
色んな問題がありますが、自己管理に委ねられるのが現状なんですよねぇ。。。
自分も気を付けてずっと撮影を楽しんでいきたいですね。

投稿: フクセン | 2009/04/06 22:44:51

☆○0o。.(*′▽`p∮コンニチヮ∮q.。o0○☆

可愛いお花ちゃんですね、ついて来ちゃったんですかぁw
なんか、わかりますよ、このお花ちゃんの気持ち…きっと長い影が気になったのかもw


って、そんな話はどうでもいいのですが、こう言う場合、
やっぱり、庭先から抜いて、処理した方がいいのでしょうか?

頑張って咲いてるけど、本来ないものだから、やっぱり、そのままはダメですよねぇー

難しいですね

投稿: pissenlit♪ | 2009/04/07 13:35:40

yamaさん、こんにちは。

これって私にはいいお話♪
ある日、自分の家の庭に、種を蒔いたわけでもない小さなお花が咲いたら、それはとっても嬉しい出来事です。

私のベランダにも一昨年だったかな?
普通より少し大きめのネジバナが咲きました・・・種がどこからか飛んできて上手に植木鉢に土に着地をしたみたい。

yamaさん、とうとうイチデジを購入ましたよ!
使っていたコンデジが壊れてしまったので、おサイフとのご相談もあって(笑)悩みに悩んで、EOS KISS X2っていうのを。
初心者には良い機種かな?って分からないなりに思ったのですが、どうでしょう?
まだ手元には来ていません。そして、このことを話したのはyamaさんが最初・・・エヘ(^^)

投稿: jugon | 2009/04/07 13:39:33

そうか、なるほど‥それで、分かった!
旦那の家の庭には、苔が無かった、
探しても、無かったのに、
苔が増えだして、不思議に思っていた、
実家に行くたび、私が、靴底に付けて、持ち帰っていたのか!!
現代社会、移動の手段も、様々、
あっという間に、長距離移動が可能になり、
何が、どこに持ち込まれても、分からない時代ですものね、
植物だけの話では、留まらないでしょうね。

投稿: ジェナス | 2009/04/07 21:08:22

植物の生命力というか勢力拡大作戦はすごいですね。
自分もどこかの山や別の地域に出かけるときには気をつけなければと思いました。とくに今もまだ独特の生態系が維持されている所では。

投稿: ジョンからの手紙 | 2009/04/09 6:35:28

■皆様レスが大変遅くなり申し訳ありません。m(__)m

>kamomeさん
先日は○○回目(笑)のお誕生日おめでとうございます!
カモミールの種、娘さんからのプレゼントだったそうで、無事育ってハーブティー飲めるくらいになるといいですね。
植物の種って、オナモミやセンダングサのように結構人間が運んでるケースもあるので向こうが一枚上手といったところでしょうか。実際は落下した場所によっては生育できないケースもあるのでできるだけたくさん運んでもらった方が確率は上がりますね。(^^;

>夢民谷さん
記事拝見しました。
どうやら写真見るとこれもムラサキケマンの花のようですね。
意図的に植えられているのか偶然に生えたのかはわかりませんが・・・。
ケマンソウは園芸種なので植えられているんでしょうね。(^_^;)

>ほった老人
そうっすかねー。
僕のうっかり話を紹介してみなさんの参考になればと思って・・・。
外来植物は繁殖力が強いのでほった老人だけの削除じゃ間に合わないかも。(笑)

>よしとうさん
ムラサキケマン。県中北部ではホトケノザの代わりといったところでしょうか。
業務連絡ありがとうございます。m(__)m
桃源郷、明日も出張があり今年は難しいかもしれません。悔しいですがよしとうさんの写真で楽しませていただいたので満足です。

>tanuさん
ムラサキケマン、ご近所でも咲いてるんですね。
ってことはこれを食草とするウスバシロチョウがもう少ししたら見られるかもしれませんね。白っぽい透明の翅が綺麗なので5~6月にかけて探してみてください。

>フクセンさん
お久しぶりです。冬眠明けご機嫌いかがですか?(爆)
外来植物の問題はここでさらっと語ってもなかなか終わらないんですが、冬場は夕日ネタが多かったので、身近な植物ネタもたまにはね。(^_^;)

>pissenlit♪さん
コメントありがとうございます。
ムラサキケマンはこの辺りではあまり見かけませんが、今回のように場所が合っていれば簡単に生えるのでもしかすると目立たぬ場所にところどころあるのかもしれません。
外来種の場合は抜いた方がいいでしょうが、ムラサキケマンはそこまでの必要はないと思いますので来年まで少し様子を見てみます。(^^;

>jugonさん
ご無沙汰しています。m(__)m
確かにおっしゃるとおり偶然咲いてうれしいものもありますよね。
ネジバナだったら僕もうれしいかな。(笑)
それから・・・デジイチ購入おめでとうございます!\(^o^)/
しかも僕だけにナイショでお話してくれたとは光栄です!うれしいなぁ。
EOS KISS X2 初心者には使いやすいと思いますよ。50mmF1.4とかあれば雑誌に載っているような料理写真が撮れますね。がんばってくださーい!

>ジェナスさん
しばらくご無沙汰してスミマセン。m(__)m
 >私が持って帰っていたのか!!
実際はどうなのかわかりませんが、苔のお話も興味深いですね。
園芸用の土に種が混ざっていたりということもありますしガーデニング用の資材に種が付いていたりとかいろんなルートが考えられますね。
でも笑い話で済ませるうちはまあいいんじゃないかな?(^_^;)

>ジョンさん
どうもです。
人間が運ぶケースもよくありますが、鳥がフンと一緒に運んで育てるケースもよくありますよね。(^_^;)
そうそうショウジョウバカマ見に行かなくちゃと思いつつ時間が経ってます。まだ間に合うかな?

投稿: yama | 2009/04/10 16:58:14

ジャコウアゲハについて検索中にこちらにたどり着きました。はじめまして、どうぞよろしく。

実はその前にもヒメボタルとヤマガラの情報検索中にも遭遇していたのですが、古い記事だったのでコメントは書き込まなかったのです。私の家の前にある杉林では数千のヒメボタルが6月上旬に光っています。またヘイケとゲンジがほぼ同じ時期に出ます。3種同時に自宅にいながら鑑賞できます。

春になって、周囲からジョウビタキが姿を消しましたが、シジュウカラとホオジロが飛び回っていて、先だってはヤマガラがやってきてくれました。

ジャコウアゲハのところでコメントすべきかもしれませんが、海岸に仕事で頻繁に出かけていて、ハマダイコンの群生する場所をいつも通過していたのですが、見かけた記憶がありませんでした。海岸で蝶を見かけることが少ないような気がしますが、飛翔する時間帯とあっていないのでしょうか。管理人さんの書かれる情報は興味深いものです。

ムラサキケマンのことですが、福岡教育大学の福原さんのサイトで、動物によって種子が運搬され散布されるケースの一つとしてムラサキケマンが示されています。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/
管理人さんがキャリヤーだった可能性が高いのでしょうが、アリさんの可能性はアリ、でしょうか。

投稿: beachmollusc | 2009/04/12 7:28:49

初めまして。
観ていて飽きない素晴らしい作品ばかりですね♪
是非ともこれから遊びに来たいと思えるブログに出会えました。
だから勝手にリンクいただきますね^^

投稿: takashi-don | 2009/04/14 19:01:49

> beachmolluscさん
はじめまして。
せっかくコメント頂いていたのにレスが遅くなり申し訳ありません。
以前にも検索で来て頂いたようでありがとうございます。3種の蛍が舞うなんて、とっても素晴らしい環境にお住まいなんですね。
ジャコウアゲハですが、すでに当地の海辺で舞い始めています。海岸近くの斜面にウマノスズクサがあり毎年海辺のハマダイコンの花に吸蜜に来てくれるのです。
ムラサキケマンの生育地はわが家から相当の距離があるので、アリの可能性は少ないですが、福原さんのサイトは素晴らしいですね!
ホントためになることばかりです。
またいろいろと教えてください。今後とも宜しくお願いします。


>takashi-don さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。意外とお近く(対岸)にお住まいのようで・・・。(笑)
こちらもリンクさせて頂き、またゆっくりとサイトを覗かせていただきますね。^^

投稿: yama | 2009/04/15 20:38:01

コメントを書く