« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日

王子が岳 夕陽のしらべ2009

Sunset_ouji05t
「夕暮れ太鼓」 2009.5.30 王子が岳にて

夕日のまち児島の恒例イベント、サンセットフェスタinこじま 「王子が岳 夕陽のしらべ」が行われました。

 
Sunset_ouji01
サンセットフェスタ会場(王子が岳山頂 芝生広場)
 
 
久しぶりの更新です。m(__)m
さて、昨夕行われたサンセットフェスタinこじま 王子が岳 夕陽のしらべ。昨年の秋より観客は少なかったですが、心地よい海風に吹かれて和楽の演奏を楽しんできました。今回も顔見知りの方々と話している時間が長かったので写真は少しだけ・・・。
 
Sunset_ouji02
光を浴びる児島瑜伽太鼓
 
 
 
Sunset_ouji03t
モーターパラグライダーと海
 
 
 
Sunset_ouji04t
瑜伽太鼓の上を飛ぶ
 
 
 
Sunset_ouji06t
モーターパラグライダーのシルエット、そして・・・
 
 
 
Sunset_ouji07
今回のサプライズは空飛ぶ鯉のぼりのパフォーマンス!
 
 
 
Sunset_ouji08b
島々の間を行くモーターパラグライダーと鯉のぼり
 
 
 
Sunset_ouji08
瀬戸大橋を見ながら、海上を泳ぐ鯉のぼり
  
 
 
Sunset_ouji09t
海をバックに出番を待つ
 
 
 
Sunset_ouji10
くらしき作陽大学の演奏
 

この後、夕日は厚い雲の中へと隠れてしまい夕日鑑賞タイムはありませんでした。
 
 
Sunset_ouji11
全国大会で優勝し続けているという少女の箏演奏、素晴らしかった
 
 
 
Sunset_ouji12
夕闇の空と海に包まれての箏演奏
 
 
王子が岳 夕陽のしらべは今回で3回目。
あくまで個人的な感想ですが、全体的に前回のサンセットフェスタに比べ若干メリハリが少なかったように思うのは気のせいでしょうか。特に後半は淡々と箏演奏が続いたせいか、途中で席を立って帰られる観客が多かったのが残念。それから少々厚かましい要望かもしれませんが、単なる演奏発表会ではなく、演奏者の方々に「夕日」というテーマ、あるいは風景、季節に合った選曲をしていただけたら、視覚と聴覚で一体感が生まれ、相乗効果で聴く側ももっと盛り上がったのに・・・と思います。(ちょっと辛口でスミマセン)
しかしながら、主催者の皆さんや売店・テントの方々、警備の方々の対応、挨拶は非常に気持ち良く、初夏の爽やかな風を感じながら心地よい演奏を楽しむことができました。関係者の皆さんお疲れ様でした。
次回のサンセットフェスタinこじまは、初秋の鷲羽山で9月19日(土)に開催予定です。ぜひ、ご家族お友達お誘い合わせの上お越し下さい!
 
【サンセットフェスタ 関連記事】
王子が岳 夕陽のしらべ&中秋の名月(2008.9.14)
雨のサンセットフェスタ(2008.5.24)
王子が岳 夕陽のしらべ2007(2007.9.22)
サンセットフェスタ in こじま2007 鷲羽山(2007.5.20)

2009年05月31日 | | コメント (15) | トラックバック (1)

2009年5月 7日

角島大橋を撮影する

角島大橋 写真
「角島大橋」 2009.4 山口県下関市 角島大橋にて

エメラルドグリーンの海にかかる角島大橋。
何度見ても見飽きることのないこの絶景をいろんな角度から撮影してみた。

 
T_ohashi02t 
 
まずは角島大橋のおさらいから・・・。
角島大橋は山口県下関市の北西部、西長門国定公園にあり、全長1,780m、離島に架かる無料の橋としては日本で二番目に長い(日本一は沖縄県の古宇利大橋1,960m)。海と橋が調和したその美しい景観から、2000年11月完成以来、数々のCMロケ地にもなっています。

【角島大橋の地図・撮影場所】
角島大橋
 
 
さて、今回はそんな角島大橋を何ヶ所から撮影してみることに・・・。まずは定番、海士ヶ瀬の撮影ポイントから。地図を見てもお分かりいただけると思いますが、本土側から撮影する場合は午前中が順光になります。
 
T_ohashi03
角島大橋(C-PLフィルター有り)
 
 
T_ohashi07
ホテル西長門リゾート付近から
 
  
以下2枚は午後撮影
T_ohashi04
展望台から 
 
 
T_ohashi05
展望台から


続いて、橋を渡る前に少し北へ移動し島戸海水浴場付近から撮影。
 
T_ohashi11
咲き乱れるハマダイコンをバックに
 
 
T_ohashi12
宮古島ではなく、本州の海 (笑)
 
 
T_ohashi13
橋のアップダウン(望遠レンズで撮影)

こうして橋の一部が高くなっているのは大きな船が通行できるようにするため。海面からの高さは最も高い部分で約18m。
 
 
T_ohashi06t
いよいよ橋を渡って角島へ
 
 
T_ohashi15
島の北側の船着場から見る角島大橋
 
 
T_ohashi16
橋の下に西長門リゾートが見える
 
 
T_ohashi17
家の下に見えるガードレールの道がトップ写真の撮影場所
 
 
T_ohashi18
アップで見ると、本土側も下りになっているのがよくわかる
 
 
次は、僕がおすすめの撮影場所。
あえて場所は書きませんので地図で探してみてください。^^ 
 
T_ohashi21
橋は海上でこんなにもカーブしている
 
 
T_ohashi22
引いた構図はこんな感じ
 
 
最後に角島大橋の上にある停車ゾーン。上下線とも各3台分の停車スペースがあります。
 
T_ohashi25
上り車線側スペース
 
 
T_ohashi26
角島大橋の制限速度は時速40km
 
 
T_ohashi27
船の航行ゾーン
 
 
T_ohashi28
見下ろせばワカメなどの海藻がビッシリ
 
 
T_ohashi29t
まっすぐなセンターライン(車に引かれないよう・・・)
 
 
T_ohashi30t
伊瀬の灯台と漁船をバックに・・・
 
  
以上、角島大橋、いかがでしたでしょうか?
まだ撮影場所は他にもありますが、角島大橋をいろんな角度から眺めることで、その高さやカーブ、橋の仕組みもよくわかってきますね。
 

2009年05月07日 | | コメント (25) | トラックバック (1)

2009年5月 2日

赤田海水浴場

Akada01
「透明度抜群のビーチ」 2009.4 山口県下関市 赤田海水浴場にて

JPEG撮って出しの1枚。(リサイズのみ、クリックで大きくなります)
この海の透明感が伝わるだろうか・・・・

 
土井ヶ浜から国道191号を北へ進む。特牛(こっとい)の集落を過ぎたところで左折、角島大橋方面の県道へ入る。この辺りから肥中海水浴場、赤田海水浴場と小さなビーチが点在する。とりわけ赤田海水浴場は小さいながらもキャンプ場を完備した穴場的存在といえよう。
 
【赤田海水浴場の地図】
赤田海水浴場
 
赤田海水浴場の看板を左折して海へ向かえば浜のすぐ前まで車で入ることができる。やはり、ローカルな浜ならではといったところ。
また、この赤田浜はちょうど西を向いているので、夕暮れともなればビーチから見える夕日もきっと綺麗だろう。

Akada02
駐車スペース
 
 
Akada03
ハマダイコン
 
 
Akada04
小ぢんまりとした綺麗なビーチ
 
 
Akada05
角島大橋が見える
  
さて、いよいよ角島へ・・・。(笑)←引っ張り過ぎ
 

2009年05月02日 | | トラックバック (0)