« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日

笠岡のひまわり2009-夕景編-

Sunf2009_31t
「夕暮れのひまわり畑」 2009.8.29 笠岡干拓地にて

ひまわり畑の向こうに沈む夕日に夏の終わりを感じて・・・

 
Sunf2009_32
広大な畑が金色に染まるとき、
 
 
 
Sunf2009_33t
ひまわりたちが最後の輝きを見せ、
 
 
 
Sunf2009_33
恋人たちも、ファミリーもそれぞれのスタイルで楽しむ・・・。
 
 
 
Sunf2009_34t
空を染め、ひまわり畑に落ちてく夕日、
 
 
 
Sunf2009_35t
晩夏のひまわりたちよ、今年もありがとう・・・。
 

2009年08月31日 | | コメント (18) | トラックバック (3)

2009年8月30日

笠岡のひまわり2009-夏服編-

Sunf2009_02t
「夏服の君と・・・」 2009.8.25 笠岡干拓地にて

晩夏のひまわりに逢いに来た夏服の彼女たち。
夏の思い出のラストページに、この風景を焼き付けて・・・

 
Sunf2009_01
 
 
 
Sunf2009_03t
 
  
Sunf2009_04
 
 
 
Sunf2009_05
 
 
Sunf2009_06t
 
夕日に包まれる晩夏のひまわり畑。
夏の記憶とともにそれぞれの思いを胸に・・・。

Sunf2009_07t
2009.8.30追加 モデルはkinacoさん
 

2009年08月30日 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月29日

笠岡のひまわり2009

090828kasa01t
「笠岡のひまわり」 2009.8.29 笠岡干拓地にて

無事、満開の時を迎えた100万本の晩夏のひまわりたち・・・

 
笠岡干拓地ひまわり開花状況2009

▼2009.9.4現在 花の8割以上がうつむいて下を向いています。
すでに見頃は終わっています。また来年をお楽しみに・・・。
 
2009年の笠岡のひまわり写真はこちらへ→笠岡 ひまわり
 
 
▼2009.8.31現在 かなりの花がうつむき加減です。
見頃は今日まででしょう。

090831kasa01
2009.8.31撮影
 
 
▼2009.8.29現在 満開 絶好調です!
が、しばらく雨が降っていないのでひまわりたちも少し首を下げ気味です。
今月いっぱいが見頃でしょう。
 
090828kasa02
2009.8.29撮影

昨日より、展望台からさらに高い位置へとひまわり畑を見下ろす細い足場が組まれています。2002年に笠岡のひまわりが始まって以来初めてのサービスで、笠岡市のスタッフも気合が入っているようです。(笑)

もう1ヶ所北側のひまわり畑にも足場が組まれ、畑の中に遊歩道が作られています。

(以上、2009.8.29追記)
 
 
--------------------------------

▼以下 2009.8.25の状況です。

090825kasa01t

好天続きでようやく見頃を迎えた100万本のひまわりたち。
 
遅れていた笠岡干拓地のひまわりもようやく咲き揃ってきました。
現在8~9分咲きといった感じでまだ蕾もたくさんありますが、今週末がベストでしょう。毎年書いていますが、個人的にはお天気のいい日の夕方に行かれることをオススメします。夕日を浴びて金色に輝く広大なひまわり畑は圧巻ですよ!
 
090825kasa02
ひまわり畑と賑わう展望台
 
 
090825kasa03
西日を浴びて輝き始めるひまわり畑

(以上、2009.8.25追記)
 
--------------------------------

▼以下 2009.8.22咲き始めの状況です。

090822kasa01t
2009.8.22 笠岡干拓地にて

緑一色のひまわり畑の中、
ようやく咲き始めたひまわり。
例年なら8月中旬から咲き始める笠岡干拓地の100万本のひまわり。
今年の夏は梅雨明けが遅れ、日照不足の影響で開花が1週間から10日遅れています。
明日23日は、「大空と大地のひまわりカーニバル2009」が開かれますが、今のところひまわり畑はほとんど緑一色の状態です。
今後日に日に開花すると思われますが、ひまわり畑の見頃(満開)は、来週後半~8月末頃の見込みです・・・。
 
090822kasa02t
 
 
 
090822kasa03t
 
 
 
090822kasa04t
 
 
 
090822kasa05
 
 
 
090822kasa06
 
というわけで、僕も偵察だけですぐに帰ってきました。(^_^;)
 
毎年、笠岡干拓地の満開のひまわりを楽しみにされている方・・・
来週後半以降におでかけくださいね。

(以上、2009.8.22)

↓笠岡ひまわり写真はこちら
【関連カテゴリ】 笠岡 ひまわり
 

2009年08月29日 | | コメント (17) | トラックバック (3)

2009年8月23日

丸亀花火と瀬戸大橋

090822maru01
「丸亀花火と瀬戸大橋」 2009.8.22 香川県与島にて(クリックで拡大)

夏の終わりを告げる、海の向こうの花火と瀬戸大橋。

 
約4,000発の花火が夜空を焦がす まるがめ婆娑羅まつり花火大会。
毎年、この四国・丸亀の花火を瀬戸大橋を渡らずに本州側から撮影するのが僕の楽しみ。いつもなら鷲羽山や三百山付近からの撮影となるのだが、かれこれ3年間続けて鷲羽山に通っていたことと、今年は瀬戸大橋が安くなったこともあり与島まで行ってみた。
僕自身、花火のみの撮影はあまり興味がないので、もちろん今回も瀬戸大橋のライトアップと絡めた構図狙い。駐車場に車を停め、日没後次第に暗くなりつつある島の小道をのんびり漁港まで歩くこと20分。
 
090822maru02
備讃瀬戸大橋と丸亀花火。
期待していたよりずいぶん花火が小さい・・・まいっか。(苦笑)
 
 
090822maru03t
試しに花火だけを望遠で撮ってみると、
与島からでも結構距離があるなと感じた。
 
 
090822maru04
ライトアップされた瀬戸大橋と花火の位置関係から、
どうしても限られた構図になってしまう。
 
 
090822maru05
この写真が肉眼に見た感じに近いかな。(笑)
 
夏の終わりの丸亀花火。
さて、来年はどこで撮ろうかなぁ。(笑)
 
【関連記事】
丸亀花火(2008.8.23)
丸亀花火オフ (2007.8.25)
丸亀花火(2006.8.19)
 

2009年08月23日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年8月16日

オシロイバナと海

090816_01
「オシロイバナ咲く」 2009.8.16 下津井にて

海沿いの道。
夕方に花咲くオシロイバナ。

 
毎年、この時期になると大室から高室へ抜ける海沿いの道にオシロイバナが咲く。
きっと野生化して増えたものだと思うが、道の両側に赤紫色の小花がよく目立つ。オシロイバナは別名「夕化粧(ユウゲショウ)」といい、英名は「フォー・オクロック」というくらいだから、だいたい夕方4時頃に花開く。
きょうは夕日を見に行く途中、海を見ながら雲が多いなと思っていたら、西日に透かされた花弁が目に留まった。
そういえば、小学生の頃、夏休みにこの花で落下傘を作ったり、黒くなった種を取ってよく遊んだものだ。オシロイバナの花を見ると、そろそろ夏も終わりに近づいている気がする・・・。

090816_02
 
 

2009年08月16日 | | トラックバック (0)

2009年8月13日

下灘駅の夕日

Shimo21
「下灘駅 二人の夏」 JR予讃線 下灘駅にて

夕暮れの海、静かな無人駅、二人のシルエット。
君に僕の故郷の夕日を見せたくて・・・

 
Shimo22t
 
東京から、愛媛に住む彼氏に会いに来たという彼女。
そんな都会育ちの彼女に、下灘駅の夕日を見せてやりたいとこの場所に連れてきた彼氏。
つまり、遠距離恋愛中の二人。
きょうはここで日没まで夕日を見て過ごすのだという。夏らしいお揃いの帽子をかぶったロマンチックな二人。ともに笑顔が素敵で気さくな性格の持ち主だった。プラットホームのベンチで夕暮れの海を眺める二人のシルエットがとても絵になっていたので、僕が撮影をお願いすると、「いいですよ!」とちょっと照れ笑いをしながら快諾してくれた・・・。
 
Shimo23t
 
ゆったりと流れていく時間。
この日、残念ながら下灘駅の夕日は途中で雲に隠れてしまったけれど、幸せそうな二人に出会ったおかげで、僕までちょっぴりハッピーな気分になることができた。 
 
Shimo24
  
「また逢いましょう!」
 
そう挨拶して笑顔で帰っていった二人。
どうぞ、お幸せに・・・。
 
【関連リンク】
下灘駅(2009.8.12)
 

2009年08月13日 | | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年8月12日

下灘駅

Shimo01t
「海辺の無人駅」 JR予讃線 下灘駅にて

潮風がプラットホームを吹き抜ける海辺の無人駅。

 
Shimo02t

JR予讃線 下灘駅。
愛媛県伊予市双海町にある海辺の無人駅で、青春18きっぷのポスターに3度も選ばれ、数々のテレビドラマやCM、映画のロケ地になっている。ドラマ「HERO特別編」では主人公のキムタクが任地を離れるシーンに使われたほか、ザ・ベストハウス123で「一度は降りてみたい!日本の美しい無人駅BEST3」としても紹介された。また、毎年9月の第1土曜日には、「夕焼けプラットホームコンサート」が行われており、春から秋までは眼前の瀬戸内海に沈む夕日をこのホームから見ることができる。


 
Shimo03
 
下灘駅はかつて「日本一海に近い駅」だったが現在は海側を埋め立てて国道が開通したためやや海までの距離ができてしまった。とはいうものの、ホームのベンチに腰掛ければ眼前の海を堪能できる。もし旅の途中に乗車した列車がこの駅に停車したら、誰しも思わず降りてみたくなるに違いない。そんな旅心をくすぐる海辺の無人駅だ。

以下、下灘駅でのスナップ。 
 
Shimo04
下灘駅に到着した普通列車
 
 
Shimo05t
青春18きっぷのポスターにも使われた改札口
 
 
Shimo06t
下灘駅を離れる列車
 
 
Shimo07t
ホームのベンチと二人のシルエット
(※撮影許可をもらっています)
 
 
Shimo08t
下灘駅の待合室から見た改札口とホーム


Shimo09t
真っ赤な携帯で撮影する彼女
 
 
Shimo10
ほとんど乗客のない列車
 
 
Shimo11
駅名標と海
 
 
Shimo12
ホームから見る夕日と海、そして幻日
 
 
Shimo13
夕焼けトロッコ列車(ビール列車)も到着
 
 
Shimo14
下灘駅の夕景
浮かび上がる二人のシルエット・・・
 
【関連記事】
下灘駅 夕日(2009.8.13)
ふたみシーサイド公園(2009.8.6)
 

2009年08月12日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年8月 9日

虹と夕焼けの三百山

090808_01
「虹と夕焼けのコラボレーション」 2009.8.8 三百山にて

夏の夕空に浮かんだ幻想的な虹と夕焼け。

 
090808_02

昼間は蒸し暑く、夏らしい晴天が広がった昨日。
夕方、三百山へ行くと徐々に薄い雲が覆ってきた。

そして、夕日の時間。 
 
090808_03
いったん夕日は雲の中へ入ったものの、
 
 
 
090808_04
かろうじて空の下が開いている。
 
 
 
090808_05
ふと、上空を見ると雨が降っていた。
この光のカーテンを見て、何かが起こりそうな予感が・・・。
 
 
 
090808_06
そうこうするうち、反対側、東の空に虹が!
 
 
 
090808_08
この時点ではまだ薄くて短い虹だった。
 
 
 
090808_07t
しばらくして瀬戸大橋の上にも虹が・・・。
お約束の「二つの架け橋」。何度見ても素晴らしい。
 
 
 
090808_10
背後が明るくなって振り返ると・・・
おおおーっ、夕日と綺麗な空!!
 
 
 
090808_11
反対側に目をやると、強烈な輝きを見せる虹の端。
西に、東に、忙しい。(笑)
 
 
 
090808_12
島々の向こうに太陽が沈んでく・・・。
 
 
 
090808_13t
東の空でも空が染まり始め、
 
 
 
090808_14t
西の空では強烈な夕焼けが始まる。
 
 
 
090808_01
日没後、虹と夕焼けが同居する幻想的な空。
 
 
 
090808_15
濃地諸島の夕景、
 
 
 
090808_16
真っ赤に染まる雲、
 
 
 
090808_17
息を呑む残照の空。
 
というわけで・・・
西には、夕焼けに包まれる瀬戸内の多島美。
振り返れば、東には、夏空に現れた虹、そして瀬戸大橋。
前と後ろで何とも贅沢な光景が広がり、至福の時間でした。
 
【関連記事】
虹の写真(2007.8.14)
夏空へ架ける虹(2007.8.13)
ダブルレインボーを見た日(2008.6.22)
 

2009年08月09日 | | コメント (17) | トラックバック (3)

2009年8月 6日

ふたみシーサイド公園

Futami01
「ふたみシーサイド公園-恋人岬」 愛媛県伊予市双海町にて

夏のある日。
瀬戸内海に沈む夕日が美しい町・双海町を訪ねてみた。

 
Futami11t
ふたみシーサイド公園にて

『沈む夕日が立ち止まる町』
そんなキャッチフレーズで夕日をテーマにした町おこしを十年以上にわたって続けてきた町がある。
愛媛県伊予市双海町。松山市からさらに西へ20数キロ離れた人口約6000人の瀬戸内海に面した小さな町。にもかかわらず、道の駅 ふたみシーサイド公園には年間50万人以上が訪れるという。

同じ瀬戸内海で、倉敷市児島の夕日をPRしている僕としては、以前から是非とも一度行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかったのだけれど、ようやく最近立ち寄ることができた。

実際に訪れてみて、「夕日」をテーマに、ソフト、ハード共にさまざまな仕掛けや具現化が行われているなあという印象を持った。
また海辺に人が集うことにより、やはりその人たちが風景の一部となり、相乗効果としてとても絵になっていた。
以下、ふたみシーサイド公園のスナップ。 

Futami02
夕日のシンボル
 
 
Futami03
石のモニュメント
 
 
Futami04
夕日のミュージアムにて
 
 
Futami05t
恋人の聖地「恋人岬」
 
 
Futami06t
オリジナル放送局 「夕やけこやけステーション」
 
 
Futami07t
海の家・売店
 
 
Futami08
レストラン 夕浜館メニュー
「夕日丼」って??
 
 
Futami09
道の駅から見た海
 
 
Futami10
恋人岬と砂浜の夕景。次第に日が傾いて・・・。
 
【関連記事】
下灘駅(2009.8.12)
下灘駅 夕日(2009.8.13)
 

2009年08月06日 | | コメント (9) | トラックバック (0)