« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日

CDジャケット撮影~六ツ森ケイ子 K's melody~

Ks_melody_cd

新しくリリースされた六ツ森ケイ子さんの3rdアルバム「K's melody」のCDジャケット写真撮影を担当しました。

 
半月ほど前から告知させていただいてましたが、僕がCDジャケットとライナーノーツの写真撮影を担当させていただいた六ツ森ケイ子さんの3rdアルバム「K's melody」が、11月25日にリリースされました。
そして一昨日、待ちに待ったアルバムが僕の手元にも届きました!
 
Ks_melody01

表のジャケットは、森の木漏れ日の中、気持ち良さそうに箏を演奏する麗しい六ツ森さんと、森の妖精風のヒロさん(笑)。そして、裏の収録曲一覧には、青い空の下、草原で箏を奏でる六ツ森さんの写真。ともに春の高原のような爽やかさを感じるでしょう。

実はこれらの写真にはちょっとしたエピソードがありまして・・・きょうはココでこっそり暴露しちゃいます。(笑)
 
まずは、撮影日。
ジャケット写真を見る限り、春の新緑の森のようで涼しげに見えるでしょう?
でも、この写真の撮影日はナント、猛暑の8月中旬、朝からとても蒸し暑い日でした。しかも、この場所にたどり着くまで、山道や急な石段を登ったり下りたりしてもらわなければならず、六ツ森さんとスタッフのみなさんは大きな箏と台などの荷物を持っての慣れない山歩き。それはもうみなさん息を切らしながら汗だくで・・・大変辛い思いをさせてしまいました。
しかしながら、撮影場所に着いて汗を拭き、準備が整うとその表情は真剣そのもの。一瞬でミュージシャンの顔になるところはさすがプロです。そして木漏れ日の森の中で心地よい箏と尺八のセッションが始まり、聴衆は僕一人。なんだか得した気分で、仕事じゃなかったらずっと聴いていたいくらいでしたが、もちろんそんなわけにもいかず・・・。その後は、レンズを交換しながらアングルを変えての撮影に汗を流しました。

次に撮影地ですが、どこだと思います?
実は、この依頼をいただいてから、まず最初に僕のイメージ作りのために、六ツ森さんにメールで新しいアルバム全曲のタイトルと、全体の曲の雰囲気についてオフレコで尋ねたところ、春らしい雰囲気の曲が多いということで、大山の森の中か蒜山高原で撮影しようと考えていました。ところが、なかなかそこまでの時間が取れず、近くで撮影できる場所を探すことに。そこで僕がよく知っている場所で思いついたのが鷲羽山と三百山。(笑)
ちなみにジャケットの写真が鷲羽山で、収録曲一覧の写真が三百山です。よくご存知の方でも、とてもそんなふうには見えないでしょう?

今日はその証拠として、数百枚撮影した写真の中から少しだけ未公開画像を公開。(笑)

Ks_melody11
鷲羽山で、海と瀬戸大橋をバックに演奏風景
 
 
Ks_melody12
過ぎゆく船をバックに・・・


Ks_melody13
三百山での演奏風景
 
 
 
余談ですが、今回の依頼がもし屋内や街中での撮影なら丁重にお断りするつもりでした。なぜなら、ポートレートや人物中心の撮影なら僕なんぞより適した方が大勢いらっしゃるはずだからです。そこを、六ツ森さんがイメージ作りからロケーションの選択まですべてを任せてくれたのでやり遂げることができたと思います。
実際に自分が撮影した写真に対しては、いろいろと反省点もあるのですが、こうしてCDのジャケットという完成物になるとやはりうれしいものです。


Ks_melody02

このライナーノーツには、まずプロデューサーとしてのヒロさんが、今回のアルバム完成までのプロセスや音楽へのこだわりを書かれています。そして六ツ森ケイ子さんが感謝の言葉や全12曲への思いを綴った解説文が添えられています。
そしてここには、僕と六ツ森さんの出会いのきっかけとなった一枚の写真が載せられています。中秋の名月の夜、王子が岳のサンセットフェスタで撮影した一枚で、後に僕が「月夜のストリング」と題し、昨年の六ツ森さんのコンサートポスターにもなった写真。斜め45度の六ツ森さんご自身も大のお気に入りと言っていただいています。でもこの写真を見るたび、六ツ森さんがかぐや姫に見えてくるんですよね~。(笑)

 
Ks_melody_np

「和の枠超え癒やし追求」
2009.11.25の山陽新聞にも、「K's melody」の発売と、六ツ森さんの独創性豊かな新しい音楽への取り組みが紹介されていました。

僕も早速CDを聴かせていただいたのですが、まず驚いたのは音楽としての完成度の高さです!
もはや、和楽とか筝曲ではなく完全に新しいジャンルの音楽ですね。イージーリスニング、ヒーリングミュージック、インストゥルメンタル・・・?何度も繰り返し聴いたのですが、ふと気がつけば六ツ森さんの演奏する箏の音がいつの間にかアコースティックギターやハープの音色に変わっている?そんな錯覚に気づいて思わず自分自身の耳を疑ってしまうほど。(笑)
箏と尺八、そしてキーボード、パーカッション、ギター、それぞれの楽器が絶妙なバランスで主張し合っていて、小室等さんが評した「箏の音のポップス化、心地よい、大成功」に繋がっています。斬新でいて、どことなく懐かしい。目を閉じてCDを聴いていると記憶の中のさまざまな風景や情景が浮かんできて頭の中をリフレッシュしてくれます。そして聴き終わったときには、心が安らいで素直な気持ちを取り戻した自分がそこにいる。うまく言葉で言い表せないけれど、そんな素敵な楽曲がたっぷり詰まっています。正直、僕もひいき目なしでオススメの一枚です。
さわやかで やさしくて 楽しくて 心地よい・・・ぜひ、六ツ森さんからの新たな音楽のプレゼンテーションを一人でも多くの方に聴いていただきたいと思います。
 
Ks_melody_handbill
プロモーション用のチラシ
 
 
【関連リンク】
六ツ森ケイ子 オフィシャルサイト
六ツ森楽器店オンラインショップ「K's melody」のご購入はこちら
六ツ森ケイ子(コロンビアミュージックエンタテイメント)一部の楽曲が視聴できます。
「K's melody」 Amazon co.jpでも買えます。

【関連記事】
王子が岳 夕陽のしらべ&中秋の名月(2008.9.15)
六ツ森ケイ子&1988コンサート(2008.10.28)
倉敷芸文館へ(2008.12.21)
癒しのコンサート(2009.9.23)
 

2009年11月29日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月23日

与島のだるま夕日

091123_01t
「夕日の海を」 2009.11.23 香川県与島にて

瀬戸内海のだるま夕日に逢いたくて今週も与島へ。

 
本日の瀬戸内地方は、一日中、穏やかな晴天でしたが、夜中に濃霧注意報が発令されたこともあり、夕方になっても霞んでいて見通しはあまり良くありませんでした。
実は先月後半から、週末はだるま夕日狙いであちこちへ出かけているものの、今年はなかなか歯車が合わず、連戦連敗でダルマさんは転んでばかり。(苦笑) 先週も与島へ来たのですが、もう少しのところで雲の中へ・・・。
そして、今日が今シーズンの与島でのラストチャンスとなるため、ダメ元で瀬戸大橋を渡って行ってみることに・・・。
現地に着くといつもなら見える遠くの低い島影が霞んで確認できない。けれど、水平線近くに雲はなさそうなので、五分五分くらいの確率かなと思いながら夕日が沈むのを待ってみました。
 
  
091123_02
霞む島影と水平線
 
 
 
091123_03
やはり、何といっても夕日が海に映るこの瞬間がうれしい!
 
 
 
091123_04
そして、だるま夕日へと・・・
  
 
 
091123_05
低い島影を少し噛んだがご愛嬌(笑)
 
 
 
091123_06
太陽の中に船が・・・
 
 
 
091123_07
水平線の下へと沈んでいく夕日
 
 
 
091123_08
 
 
結果的にラストチャンスで与島のだるま夕日に出会えてよかったです。霞みのおかげで、最後の方はきれいな橙~紅色の夕日になってくれました。
そういえば、2年前、ここで初めてだるま夕日を見た日も11月23日。
やっぱり今日は「ダルマ夕日デー」だったのかな。(笑)
 
【与島のだるま夕日 関連記事】
ダルマ夕日と瀬戸内海(2007.11.23)
ダルマ夕日の瞬間(2008.11.12)
夕日のシルエットアート(2008.11.14)
 

2009年11月23日 | | トラックバック (0)

2009年11月21日

鴻池SAの夕日

Kounoike01t

「瀬戸内海に沈む夕日が見えるサービスエリア」
瀬戸中央自動車道 鴻ノ池SAから見る水島灘の夕景。

 
瀬戸中央自動車道唯一のサービスエリア、鴻ノ池(こうのいけ)SA。
ここは上下線でSAの位置が少し離れており、下り線は山側の小高い場所にあるため、駐車場からは車が走る本線と瀬戸内海が見えます。また11月と2月には、水島灘に沈んでいく夕日を眺めることができます。

Kounoike02
鴻ノ池SA(下り線)から見る夕景
 
 
 
Kounoike03
サクラの紅葉が夕日を浴びて
 
 
 
Kounoike04t
本線越しの夕日
 
 
さて、鴻ノ池SAはドッグランがあることで有名。エリア内にはワンちゃんと一緒に散歩できるスペースもあります。また売店にはココと蒜山SAでしか手に入らないお土産や、美味しいたこ焼の販売も・・・。ただ、ガソリンスタンドがなくなってしまったので注意が必要です。詳しくは本四高速のサイトをご覧下さい。これからまだまだ寒くなりますが、土日祝の瀬戸大橋1000円を利用して四国方面へ向かわれる方は、鴻ノ池SAでちょっとひと休みしてみてはいかがでしょう。
 

2009年11月21日 | | トラックバック (0)

2009年11月15日

天使雲

091114cloud01t
「天使雲」 2009.11.14 香川県与島にて

残照の蒼い空。
瀬戸大橋から天使が昇っていった。

 
091114cloud04
雨と晴れの境界の雲 8:20頃 三百山にて


昨日の早朝、天気図を見ると、寒冷前線と低気圧に伴う雲がちょうど東西を分けるように発達していました。そして、明け方、その雲の塊が西から東へ通過し、その後、北から冷たい大気が流れ込んだため、一日中、面白い空を見ることができました。特に夕方は、トップの天使雲をはじめ、この時期では珍しい大きな積乱雲や、想像力をかき立てる様々な雲が見られました。
もしかすると、皆さんもいろんな雲を見られたのではないでしょうか。うっかり見逃してしまったという方はぜひ写真で想像してみてください。
 
  
091114cloud02
(丸くぽっかり空いた上の雲が)横たわるに見えます
 
 
 
091114cloud03
こちらは巨大な雲が正面から見たカニみたい
 
 
 
 
(おまけ)
091114rainbow_t
過剰虹 7:50頃 自宅近くにて

そうそう、雨上がりの朝、くっきりとした虹(過剰虹)も出ました。クリックしていただくと虹の紫の内側に赤とオレンジの帯がうっすら見えます。この綺麗な晩秋の虹、わずか数分で消えてしまいましたが、早起きしていた方は倉敷以外でもご覧になられた方がいるかもしれませんね。
 
 
(業務連絡)
この1ヶ月ほど、いろいろと忙しくて更新が滞りご心配をお掛けしました。
その間、少し風邪気味だったくらいで体調は変わりなく元気で写真もボチボチ撮っていますので、徐々にアップしていきたいと思っています。
昨日は、溜まっていた写真で記事(といってもほとんど写真のみですが・・・)を一気に9つアップしました。おかげで疲れてパソコンの前で知らないうちに眠ってしまいました。(笑)
  

2009年11月15日 | | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年11月14日

下津井城址の黄葉

Kouyou01t

海を見下ろすタイワンフウの黄葉。
下津井 城山公園(下津井城址)にて

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

高架橋の夜

Star_bridge_t

トワイライトタイム。
見上げれば、空いっぱいに輝く星たち。

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

下津井 干しだこゆらり

Hoshidako01t

下津井の風物詩。
干しだこが潮風に揺れる季節。

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

Kaji_t

いつの時代から
どれくらい海を越えてきたのだろう・・・

2009年11月14日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

海辺のブランコ

Branko

このブランコに腰掛けて
夕日が海に沈むまで
ずっと揺られていたい

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

秋晴れのカマキリ

Kama01

秋晴れのある日、
海を見ながらカマキリが日向ぼっこ?

 
Kama02
でも、ここは案内看板の上
 
 
 
Kama03
上ったはいいが、降りるのはちょっと怖い
王子が岳のハラビロカマキリでした。
 

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

久須美鼻 夕景

Kusumi01

久須美鼻のタイドプールから見る瀬戸大橋の夕景。

 
Kusumi11t
久須美鼻灯標 2007.3 船上から撮影

久須美鼻(くすみのはな)。
倉敷市児島の南東部、ちょうど鷲羽山連峰の端が海に落ちる場所で岡山県最南端の岬といっていいだろう。
先端部には久須見大師堂が建っているが、松が生い茂っていて残念ながら見通しはあまり良くない。またその下は急な崖になっており、干潮時しか降りることができないため、見かけるのはゴム長を履いた釣り人くらいだ。

久須美鼻といえば、やはり海上にあるグリーンのタイル張り灯台(灯標)が目印。その周囲の海域はかなり潮流が速く下津井名物のタコも多く生息している。明石と同様、潮流の速い場所は餌が豊富でタコがよく育ち、身が締まって旨いというのが定説だ。

さて、そんな久須美鼻で、まだ暑さが残る9月のある日に夕景を撮影した。

Kusumi02_2
夕暮れの海を渡る列車
 
 
 
Kusumi03
陸地ではここが岡山県最南端
 
 
 
Kusumi04
下津井瀬戸大橋と夕日
 
 
 
Kusumi05t
夕月と灯台
 
 
 
Kusumi06
茜色の時間
 
 
 
Kusumi07
瀬戸大橋ライトアップと灯標
 

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

田園点景

Denen

黄金色の海、収穫の時。

2009年11月14日 | | トラックバック (0)

海を渡る列車

Train_sea

瀬戸大橋夕景。
夕日に輝く海を普通列車が渡っていった。

2009年11月14日 | | トラックバック (0)