« 田園点景 | トップページ | 秋晴れのカマキリ »

2009年11月14日

久須美鼻 夕景

Kusumi01

久須美鼻のタイドプールから見る瀬戸大橋の夕景。

 
Kusumi11t
久須美鼻灯標 2007.3 船上から撮影

久須美鼻(くすみのはな)。
倉敷市児島の南東部、ちょうど鷲羽山連峰の端が海に落ちる場所で岡山県最南端の岬といっていいだろう。
先端部には久須見大師堂が建っているが、松が生い茂っていて残念ながら見通しはあまり良くない。またその下は急な崖になっており、干潮時しか降りることができないため、見かけるのはゴム長を履いた釣り人くらいだ。

久須美鼻といえば、やはり海上にあるグリーンのタイル張り灯台(灯標)が目印。その周囲の海域はかなり潮流が速く下津井名物のタコも多く生息している。明石と同様、潮流の速い場所は餌が豊富でタコがよく育ち、身が締まって旨いというのが定説だ。

さて、そんな久須美鼻で、まだ暑さが残る9月のある日に夕景を撮影した。

Kusumi02_2
夕暮れの海を渡る列車
 
 
 
Kusumi03
陸地ではここが岡山県最南端
 
 
 
Kusumi04
下津井瀬戸大橋と夕日
 
 
 
Kusumi05t
夕月と灯台
 
 
 
Kusumi06
茜色の時間
 
 
 
Kusumi07
瀬戸大橋ライトアップと灯標
 

 2009年11月14日 |

« 田園点景 | トップページ | 秋晴れのカマキリ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/46758592

この記事へのトラックバック一覧です: 久須美鼻 夕景: