« 備讃瀬戸夕景 | トップページ | 海辺のブランコ 第二章 »

2010年2月 9日

瀬戸内海と星景

100206ouji41t
「オリオンと瀬戸内海」 2010.2.6 王子が岳にて

冬の夜空高く輝くオリオン座と瀬戸内海。

  
100206ouji43
 
夕日、残照、そして夜空・・・。
土曜日の夜は、人気(ひとけ)のない王子が岳で、ひとり三脚を立てて星空と海を眺めた。
 
 
 
100206ouji44

御存知の方も多いと思うが、冬の王子が岳山頂付近の強風はハンパではない。特に冬型の気圧配置が強まった日には、三脚を立てるどころか、じっとしていても体が持って行かれそうになる。 
しかし、この日は幸いなことに風がそれほどでもなかったので、備讃瀬戸の大パノラマと綺麗な星空のコラボを時間が経つのを忘れ、まったりと堪能することができた。ただ、眼下の視界を確保するために断崖の岩の先端に三脚を立てたりしたので、ここで落ちたら誰もきっと助けてくれないだろうなと思いつつ・・・。(苦笑)
 

 2010年02月09日 |

« 備讃瀬戸夕景 | トップページ | 海辺のブランコ 第二章 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/47524845

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内海と星景:

コメント

お疲れ様でした。
満点の星空と人が灯した明かり両方が互いを引き立てあっているように見えます。

同じ頃、松の枝を避けつつ俯瞰するために穴場稲荷様の岩場の先っちょに三脚を据えて落ちたらちょっとやばそうだな...と(笑)

投稿: mosyupa | 2010/02/09 23:38:12

>mosyupaさん
 >松の枝を避けつつ俯瞰するために穴場稲荷様の岩場の先っちょに
はいはい、あの辺はだいぶ上に行かないと視界が悪いですね。
そっかー、同じ頃、下津井におられたんならメールすればよかったな。(笑)

投稿: yama | 2010/02/10 7:22:20

オリオンの輝く下、それぞれの場所で夜空を仰ぐお二人…www
私も夜の出動時(娘の送迎)には、必ずと言ってもいいほど南の空に輝くオリオンを見上げます(笑)

こんな風に撮ってみたいと思う星景を拝見させていただいて、写真を見ながらニッコリしてしまいました^^

臨場感たっぷりの崖っぷちの撮影、心揺さぶられつつ、足元にはお気をつけくださいね〜と願うKamomeでした(^-^;

投稿: Kamome@携帯 | 2010/02/10 20:23:17

昨夜眠りに就く前に携帯でyamaさんのブログ開いたの
うわ~っこれはすごいパソコンで見なくっちゃと起きて見た
感動(@_@)
オリオン座きれいに撮れてる
この日私も見上げましたよ肉眼ですけど。
夜空の色、きれいな色~!いい色~!
三枚目の王子が岳からの写真すごい
なんという高さだと想像できる写真
あの石の上で~?よくぞご無事で(=^▽^=)
時間の経つのも忘れて~?没頭してたんですね!
感動して眠れなくなっちゃいました
(b^-゜)

投稿: お初 | 2010/02/11 1:07:28

魚眼レンズの画像ははあまり好きではないのですが、こういう風に使うとステキですね!
特に2枚目の星座が・・・

悠久の時間のなかの、ほんの一瞬に生きる私たち、いえ生かされてるのですよね。

この星の光も、はるか昔のもの。
いま、本当にそこに存在しているのでしょうか?

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010/02/11 17:39:16

>kamomeさん
携帯から書き込みありがとうございます。^^
三人三様、オリオンを眺めている姿を想像するとなんだか笑えてきますね。
そうそう、ここからだと大槌小槌が並んで見えるんですよ。もちろん、その奥にはkamomeさんの住む高松市街も・・・。きっと今頃あったかい団欒のひとときだろうなと思いながら冷たい手をこすり合わせながら街の明りに目をやっていました。(笑)

>お初さん
いつも温かいコメントをありがとうございます。
あら、お初さんもオリオンを眺めていらっしゃったんですね。
僕はこんな崖っぷちで一人で星空を見上げていましたが、澄んだ夜空と壮大な景色に包まれて全然寂しく感じませんでした。
逆にこの景色を独り占め?していることにもったいなく感じてきたくらいです。(笑)
暖かくなって黄砂や花粉や霞が出るまでにまた時間があれば星空と海を撮りに行きたいです。

>森のどんぐり屋さん
ありがとうございます。
確かに魚眼レンズは使い方によって善し悪しが出ると感じています。しかし、ここぞという時に広さを伝えるには便利なレンズだと思います。
おっしゃるとおり、スケールの大きい風景を目の当たりにすると、本当に人間は生かされているのだと感じますね。
星の光、そうそう、今ウワサになっていますが、もしかすると冬の大三角のひとつ、オリオン座のベテルギウスはすでに存在しないのかもしれませんね。(笑)

投稿: yama | 2010/02/11 22:19:30

yama-san

ご無沙汰です。チョウお久しぶり~

お忙しいようですね。

去年は仕事の都合でなかなかyama-sanの
プログへお邪魔できずに失礼しておりました。

冬の夜空は、見ているのは、寒いけれど、凛としていて
好きです。仕事帰りによく、夜空に光る星座を仰ぎ見ながら
家路につきます。
なんか元気になれるような感じがして・・・
東京の夜空も冬は星がよく見えてキレイですよ。
(そちらほどではありませんが・・)

今年は、前のようにこちらへお邪魔できそう
ですので、またステキな写真を見せてください。

^^v


投稿: shoegirl | 2010/03/05 2:51:05

>shoegirlさん
せっかくチョウお久しぶりにコメント頂いたのに、相変わらずの遅レスでゴメンナサイ。m(__)m
お忙しくされていたのですね。。。
一時期、心配しておりましたが、きっと
No news is good news だろうなとポジティブに考えてましたので・・・。(笑)
こちら瀬戸内は今日はなごり雪が降りましたが、東京はいかがでしたか? そうそう、東京といえば、僕がCDジャケット撮影をさせていただいた六ツ森ケイ子さんのランチタイムコンサートが3月17日のお昼に東京都中央区京橋の宝くじドリーム館(12:00-12:50)であります。和に捉われない素敵なヒーリングサウンドの数々。入場無料ですのでもしお時間取れるようでしたら昼休みに抜け出してください。
以上、業務連絡でした。(笑)

投稿: yama | 2010/03/10 0:56:46

コメントを書く