« ヒロオビミドリシジミの輝き | トップページ | 虫たちの祝宴-大屋厚夫 »

2010年6月28日

ニホンザルに遭遇

Monkey02
「子ザル横断中」 2010.6.20 岡山県新見市にて

野生のニホンザルも集団登校?まるで、みどりのおじさん、おばさんに見守られて横断歩道を渡る小学生のよう・・・

 
Monkey03
道草中?
 
 
 
Monkey04
ん?後戻り?
 

先日、ゼフィルスを求めて山の中の田舎道を彷徨っていたら、前方を野生のニホンザルが横切った。傍らに車を停めて気づかれないようにしばし観察。
 
すると、最初はボス1頭のみだったが、安全を確認したのち、たくさんの子ザルやグループの仲間たちが数頭ずつ渡り出し、合計20数頭が道を横断した。その間約10分、渡った後に道草を食う子ザルやなぜかまた戻ろうとする子ザルもいて、ボスザルは手を焼いていたが、そのうちついに呆れ顔に・・・。まるで小学生の集団登校を見ているようで微笑ましかった。
 

 2010年06月28日 |

« ヒロオビミドリシジミの輝き | トップページ | 虫たちの祝宴-大屋厚夫 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5892/48740067

この記事へのトラックバック一覧です: ニホンザルに遭遇:

» 北極星と満天の星。穂高の自然と野生の猿達 トラックバック 伯爵様のデジタルフォトdiary
北極星と満天の星。穂高の自然と野生の猿達を撮影しました。 続きを読む

受信: 2010/07/09 3:31:32

コメント

ニホンザルの横断.。o○
新見でも見られるのですね^^
何とも微笑ましい光景に和まされますね。
写真を拝見しながら、北海道を訪れたとき遭遇した牛の横断や
キタキツネが道路を横切る光景を思い出しました(^_^;)

それにしても20頭ものおサルさんたちに出会えたなんて、ラッキーでしたね^^
 
地元で遭遇したことがないので、ちょっと驚きですが、
里山で暮らす野生のニホンザルたち、結構いるのですね~
安全を確保しているボス猿も無邪気な子猿たちを見守る姿もたのもしく見えますね^.^*

魅惑のゼフとお猿さんたちのお散歩風景、しっかり楽しませていただきました^^

投稿: kamome | 2010/06/28 23:55:33

yamaさんご無沙汰です。
いつも見逃げですみません。

おサルさんやっぱりいたんですね。
実家から山陰に走っているとき・・・
新見のあたりの山の中で寒さに震えるおサルさんたち
(震えていたのかはわからないけど冬でした)
らしきものを見たのですが、
急だったのであわてて車を止めることも出来ず、
戻ろうかどうしようか・・・
でもちょっとこわいな(一人だったので)と思って
通り過ぎたのです。
でもたくさんいるんですね。
私が見たのは二匹でした。

投稿: komachi | 2010/06/29 19:06:51

>kamomeさん
ニホンザル、岡山県でいうと高梁の臥牛山や真庭の神庭の滝では有名なんですが、今回、新見市の山里でバッタリ出くわしたので記事にしてみました。(^^ゞ
そうそう、北海道ならキタキツネやエゾシカの横断は当たり前ですよね。でも、こんなふうに野生動物と人間の生活圏は共通なのが本来の姿かもしれませんね。それにしても20数頭も次から次へとゾロゾロ出てきたのにはビックリしました。(笑)

>komachiさん
おー、komachiさんも新見周辺でサルに遭遇されたのですね。ニホンザルも時には車に向かってきたりと、大胆な行動に出ることがあるから、ひとりぼっちじゃなかなか戻って写真撮ろうという気になりませんよね。でも子ザルは別というか、あのあどけない表情とやんちゃな仕草が可愛いです。
あ、最後になっちゃいましたが、こちらこそご無沙汰で・・・。更新しないうちに忘れられるより読み逃げの方がマシなのでこれからもよろしくです。(笑)

投稿: yama | 2010/06/30 21:10:37

かわいいですねえ~

私も先日ホタルを見に行って、帰り道でイノシシの子どもと、アナグマに出会いました。

車の中から一瞬だったので、写せませんでしたが、愉快でした。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010/07/02 14:56:02

>森のどんぐり屋さん
ご無沙汰しております。m(__)m
へぇ、うり坊にアナグマですかぁ。なかなか出会えませんから貴重な体験をされましたね!
僕も5年前にアナグマに会いましたが、証拠写真程度です。(笑)↓
http://photo.air-nifty.com/blog/2005/06/post_e814.html

投稿: yama | 2010/07/03 23:44:06

コメントを書く