« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年2月21日

幻想的な夕景と瀬戸内海に降る雪

20
「海上の雪雲」 2012.2.18 王子が岳にて

海に雪を降らす不気味な雪雲。
貨物船と比べるとそのスケールの大きさに圧倒される。

 
王子が岳の雪景色。
今回は幻想的な海の風景と夕景を・・・。
 
21t
再び山頂付近に降り始める雪
 
 
22
ピーク時にはこんなに激しく降って・・・
 
 
23
三角点の案内板


24
木々に吹き付ける雪
 
 
25_2
ようやく小止みになり西から太陽が顔を覗かせて
 
 
26t
染まり始める空と海
 
 
27
山頂付近だけが夕日を浴びて・・・
 
 
28
枯れ草に積もった雪
 
 
29
雪雲のベールが外れ、竪場島が見え始める
 
 
30t
夕日を浴びる雪原と味野湾
 
 
31
パラグライダーフライトエリアの夕景
 
 
32
雲に隠れていく夕日
 
 
33
東南方向。ニコニコ岩から大槌島
 
 
35
海上を流れていく雪雲
 
 
34
迫力ある雪雲が次第に遠ざかっていく
 
 
36t
白く積もった雪と奇岩群
 
 
37
上空には冬の夕焼け雲
 
 
38t
眼下に見える海岸線
 
 
39
沈みゆく夕日
 
 
40
夕日に染まる奇岩群とニコニコ岩
 
 
43
島から雪雲が離れていく
 
 
44
低く残った雪雲
 
 
45
そして、何事もなかったかのように、王子が岳が夜に包まれ始める・・・
  
 
というわけで、めまぐるしく変わりゆく夕景を前に、気が付けば3時間以上もシャッターを切りながら王子が岳の山頂付近をウロウロしていました。(笑)
今回は単なる雪景色だけでなく、なかなか見られない幻想的な光景も見ることができて感動でした。
 

2012年02月21日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月19日

王子が岳に雪が積もった日

01
「山頂に積もった雪」 2012.2.18 王子が岳にて

この冬初めて、王子が岳に雪が積もった日。

 
2月18日、14:30頃。
岡山から児島に向かって車を走らせていると、空が雲に覆われ雪がちらちらと舞い出した。外気温は5度、地上では積もりそうにないけれど、遠くを見ると山々には暗い雪雲がかかっていた。
この感じだと王子が岳なら積もるかもしれない・・・。
そう思って国道30号線に入り玉野方面へ行先変更。
案の定、山沿いの道に入ったとたん激しく降り出し前方が見えないくらい。しばらく走って王子が岳の駐車場に到着。車に積んでいた傘をさしながら山頂に向かうと遊歩道の木々や看板が白く雪化粧していた。 

02
山頂の看板
 
 
03t
降り続く雪。沖合いには日が差し始めて
 
 
04
雪の向こうに輝く海と斜張橋
 
 
05
ようやく雪が止んで光が差し始め、
 
 
06t
溶け始める雪
 
 
08
ニコニコ岩周辺の残雪
 
 
09
海の上の雪雲
 
 
10
再び西から迫る黒い雪雲
 
 
12
児島市街方面が雪雲に覆われて・・・


つづく・・・・。
 

2012年02月19日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月13日

国際宇宙ステーションと瀬戸大橋

Iss_shimo_2
「ISSと瀬戸大橋」 2012.2.12 下津井にて

日没後の薄明の空。
オリオン座の中を駆け抜けるようにISSが通過していった。

2012年02月13日 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月11日

国際宇宙ステーションと工場地帯

Iss_mizushima
「ISSと水島コンビナートの夜景」 2012.2.11 鷲羽山スカイラインにて

工場地帯の上空を通過するISS(国際宇宙ステーション)をコンポジット撮影。

 
今夜は鷲羽山スカイラインから水島コンビナートの夜景を撮影しました。
ただ夜景を撮るだけではつまらないので、久しぶりにISS(国際宇宙ステーション)を合わせてみました。写真の左下から中央上に向かって伸びる長い光跡がISSです。

ISSは、地球から約400km上空を時速約28,000km/hで周回しています。これは地球をわずか90分で一周するほどの速さです。今日はおよそ1分で西南西の空を横切っていきました。
ここ数日はISSが観測しやすいルートを通りますので、興味がある方は空を見上げてみてはいかがでしょう?
なお、ISSが観測できる日時と方位、ルートはJAXAのサイトに詳しく掲載されていますので参考にしてみてください。
岡山のISS通過時刻と方位はこちら
 

2012年02月11日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 6日

水島コンビナートの夕日

120204_01
「工場地帯に沈みゆく夕日」 2012.2.4 児島宇野津にて

冬の北風にたなびく煙と煙突群。
茜色の空とコンビナートのシルエット。

2012年02月06日 | | コメント (3) | トラックバック (0)