2013年10月 2日

青い海と瓦屋根

131002takami
「瓦屋根の向こうに」 2013.10.2 高見島にて

青い瀬戸内の海とは対照的に、急斜面に建つ瓦屋根の家々に人は住んでいない。

2013年10月02日 | | トラックバック (0)

2013年8月 2日

日本のミコノス島

130802koujima2
「日本のミコノス島」 2013.8.2 鴻島にて

日生諸島の“別荘の島”鴻島には300余りの別荘が建ち並ぶ。例えるなら「日本のミコノス島」だろうか。

2013年08月02日 | | トラックバック (0)

2013年7月20日

無人の海の家

130720kou
「無人の海の家」 2013.7.20 下津井高室にて

いつの間にか現れた無人の海の家。
夕暮れのシーサイドバーにはもってこいかも。

2013年07月20日 | | トラックバック (0)

2013年5月 9日

黒島ヴィーナスロード

130509vr
「黒島ヴィーナスロード」 2013.5.9 黒島・沖ノ小島にて

潮が良く引く日の干潮時にのみ現れる天使の道。

2013年05月09日 | | トラックバック (0)

2013年4月29日

海辺の藤棚

Fuji_kayou02t
 
「藤棚と海と」 2013.4.28 児島通生にて

海と島をバックに満開を迎えた通生浜の藤棚。

 
Fuji_kayou03t

倉敷市児島通生にある通生浜(かようはま)。
ここには、海からわずか数メートルの位置に藤棚が設けられていて、その長さは合計すると400メートル近くもあります。地元の人以外にはあまり知られておらず、水島灘に浮かぶ瀬戸内の島々を眺めながら藤の花を楽しむことができる穴場です。昨日は、快晴の空の下、近所の方々が藤棚の下を歩いたり写真を撮ったりしておられました。
 

 

Fuji_kayou04

 

Fuji_kayou

 


 
以上、快晴に恵まれたGW前半のひとコマでした。

2013年04月29日 | | トラックバック (0)

2012年12月24日

恋人たちのクリスマス

121224
「X'mas on the beach」 2012.12.24 渋川海岸にて

夕暮れの海辺で過ごす恋人たちにメリークリスマス。

 
きょうは、クリスマス・イブ。
仕事用に「島を絡めたクリスマスらしい一枚」が本日のミッション。(汗)
しかし、昼から海辺をウロウロしてみるも、風が強く、寒くて思いのほか人出が少ない・・・。(-_-;) 

そして、最後にたどり着いたのが夕暮れの渋川海岸。
浮島現象が見えるほど冷え込んでましたが、寒さに負けず2組のカップルがそれぞれのクリスマスを楽しんでおられました。

皆様も素敵なクリスマスを・・・!(^_-)-☆
 

2012年12月24日 | | トラックバック (0)

2011年1月17日

冬の碧

Seto_w1

冬の備讃瀬戸。
白波立つ碧色の海。

 
碧には「無色の奥から浮き出す青緑色」という意味があるらしい。
青でもなければ蒼でもない。
冬の瀬戸内を色で表すならこの碧(あお)がいちばんピッタリかなと思う。

2011年01月17日 | | トラックバック (0)

2010年7月24日

夏空

Natsuzora_t
「夏空」 20107.19 下津井にて

海の日。
瀬戸大橋の向こうに沸き立つ夏の雲。

2010年07月24日 | | トラックバック (0)

2010年7月19日

瀬戸内国際芸術祭2010スタート

Setouchi

きょうは海の日。
そして、いよいよ「瀬戸内国際芸術祭2010」もはじまりましたね。

  
瀬戸内海の美しい景観と自然の中で、アートをテーマにきょうから100日間に渡り開催される「瀬戸内国際芸術祭2010」。
 
・名  称:瀬戸内国際芸術祭「アートと海を巡る百日間の冒険」
・開催期間:2010年7月19日(海の日)~10月31日(日)
・会  場:瀬戸内海の7つの島+高松
     直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、高松港周辺
・参加作家:18の国と地域から75組のアーティスト、プロジェクト、
       16のイベントが参加
・主  催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会
 ・会長:真鍋武紀(香川県知事)
 ・総合プロデューサー:福武總一郎((財)直島福武美術館財団理事長)
 ・総合ディレクター:北川フラム(アートディレクター)
▼瀬戸内国際芸術祭公式サイト http://setouchi-artfest.jp/

ちょっと個人的に残念に思うのは岡山県の会場が犬島(岡山市)だけ、しかも倉敷市は全く含まれていないこと。
そういうわけで、トップの写真は、多少のジェラシーの気持ちを込め、昨日、三百山山頂から撮影した、僕オススメの多島海風景を、瀬戸内国際芸術祭のテーマ写真風にアップしてみました。(笑)

ま、そうは言うものの、現代アートを中心とした芸術作品に触れながら、古くから伝わる島の文化や人々の暮らしにも触れ、瀬戸内海の魅力を十分に感じることができる面白いプロジェクトだと思います。できれば、じっくり時間をかけて島めぐりをしてみたいものですね。
 

2010年07月19日 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月11日

海辺のブランコ 第二章

Branko

海辺のブランコ。
ここは僕のお気に入りの場所。

波の音、潮の香り・・・
まるであの頃にタイムスリップしたかのような
ノスタルジックな気分になる。
 
次回につづく...

2010年02月11日 | | トラックバック (0)

2009年8月12日

下灘駅

Shimo01t
「海辺の無人駅」 JR予讃線 下灘駅にて

潮風がプラットホームを吹き抜ける海辺の無人駅。

 
Shimo02t

JR予讃線 下灘駅。
愛媛県伊予市双海町にある海辺の無人駅で、青春18きっぷのポスターに3度も選ばれ、数々のテレビドラマやCM、映画のロケ地になっている。ドラマ「HERO特別編」では主人公のキムタクが任地を離れるシーンに使われたほか、ザ・ベストハウス123で「一度は降りてみたい!日本の美しい無人駅BEST3」としても紹介された。また、毎年9月の第1土曜日には、「夕焼けプラットホームコンサート」が行われており、春から秋までは眼前の瀬戸内海に沈む夕日をこのホームから見ることができる。


 
Shimo03
 
下灘駅はかつて「日本一海に近い駅」だったが現在は海側を埋め立てて国道が開通したためやや海までの距離ができてしまった。とはいうものの、ホームのベンチに腰掛ければ眼前の海を堪能できる。もし旅の途中に乗車した列車がこの駅に停車したら、誰しも思わず降りてみたくなるに違いない。そんな旅心をくすぐる海辺の無人駅だ。

以下、下灘駅でのスナップ。 
 
Shimo04
下灘駅に到着した普通列車
 
 
Shimo05t
青春18きっぷのポスターにも使われた改札口
 
 
Shimo06t
下灘駅を離れる列車
 
 
Shimo07t
ホームのベンチと二人のシルエット
(※撮影許可をもらっています)
 
 
Shimo08t
下灘駅の待合室から見た改札口とホーム


Shimo09t
真っ赤な携帯で撮影する彼女
 
 
Shimo10
ほとんど乗客のない列車
 
 
Shimo11
駅名標と海
 
 
Shimo12
ホームから見る夕日と海、そして幻日
 
 
Shimo13
夕焼けトロッコ列車(ビール列車)も到着
 
 
Shimo14
下灘駅の夕景
浮かび上がる二人のシルエット・・・
 
【関連記事】
下灘駅 夕日(2009.8.13)
ふたみシーサイド公園(2009.8.6)
 

2009年08月12日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年8月 6日

ふたみシーサイド公園

Futami01
「ふたみシーサイド公園-恋人岬」 愛媛県伊予市双海町にて

夏のある日。
瀬戸内海に沈む夕日が美しい町・双海町を訪ねてみた。

 
Futami11t
ふたみシーサイド公園にて

『沈む夕日が立ち止まる町』
そんなキャッチフレーズで夕日をテーマにした町おこしを十年以上にわたって続けてきた町がある。
愛媛県伊予市双海町。松山市からさらに西へ20数キロ離れた人口約6000人の瀬戸内海に面した小さな町。にもかかわらず、道の駅 ふたみシーサイド公園には年間50万人以上が訪れるという。

同じ瀬戸内海で、倉敷市児島の夕日をPRしている僕としては、以前から是非とも一度行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかったのだけれど、ようやく最近立ち寄ることができた。

実際に訪れてみて、「夕日」をテーマに、ソフト、ハード共にさまざまな仕掛けや具現化が行われているなあという印象を持った。
また海辺に人が集うことにより、やはりその人たちが風景の一部となり、相乗効果としてとても絵になっていた。
以下、ふたみシーサイド公園のスナップ。 

Futami02
夕日のシンボル
 
 
Futami03
石のモニュメント
 
 
Futami04
夕日のミュージアムにて
 
 
Futami05t
恋人の聖地「恋人岬」
 
 
Futami06t
オリジナル放送局 「夕やけこやけステーション」
 
 
Futami07t
海の家・売店
 
 
Futami08
レストラン 夕浜館メニュー
「夕日丼」って??
 
 
Futami09
道の駅から見た海
 
 
Futami10
恋人岬と砂浜の夕景。次第に日が傾いて・・・。
 
【関連記事】
下灘駅(2009.8.12)
下灘駅 夕日(2009.8.13)
 

2009年08月06日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年5月 7日

角島大橋を撮影する

角島大橋 写真
「角島大橋」 2009.4 山口県下関市 角島大橋にて

エメラルドグリーンの海にかかる角島大橋。
何度見ても見飽きることのないこの絶景をいろんな角度から撮影してみた。

 
T_ohashi02t 
 
まずは角島大橋のおさらいから・・・。
角島大橋は山口県下関市の北西部、西長門国定公園にあり、全長1,780m、離島に架かる無料の橋としては日本で二番目に長い(日本一は沖縄県の古宇利大橋1,960m)。海と橋が調和したその美しい景観から、2000年11月完成以来、数々のCMロケ地にもなっています。

【角島大橋の地図・撮影場所】
角島大橋
 
 
さて、今回はそんな角島大橋を何ヶ所から撮影してみることに・・・。まずは定番、海士ヶ瀬の撮影ポイントから。地図を見てもお分かりいただけると思いますが、本土側から撮影する場合は午前中が順光になります。
 
T_ohashi03
角島大橋(C-PLフィルター有り)
 
 
T_ohashi07
ホテル西長門リゾート付近から
 
  
以下2枚は午後撮影
T_ohashi04
展望台から 
 
 
T_ohashi05
展望台から


続いて、橋を渡る前に少し北へ移動し島戸海水浴場付近から撮影。
 
T_ohashi11
咲き乱れるハマダイコンをバックに
 
 
T_ohashi12
宮古島ではなく、本州の海 (笑)
 
 
T_ohashi13
橋のアップダウン(望遠レンズで撮影)

こうして橋の一部が高くなっているのは大きな船が通行できるようにするため。海面からの高さは最も高い部分で約18m。
 
 
T_ohashi06t
いよいよ橋を渡って角島へ
 
 
T_ohashi15
島の北側の船着場から見る角島大橋
 
 
T_ohashi16
橋の下に西長門リゾートが見える
 
 
T_ohashi17
家の下に見えるガードレールの道がトップ写真の撮影場所
 
 
T_ohashi18
アップで見ると、本土側も下りになっているのがよくわかる
 
 
次は、僕がおすすめの撮影場所。
あえて場所は書きませんので地図で探してみてください。^^ 
 
T_ohashi21
橋は海上でこんなにもカーブしている
 
 
T_ohashi22
引いた構図はこんな感じ
 
 
最後に角島大橋の上にある停車ゾーン。上下線とも各3台分の停車スペースがあります。
 
T_ohashi25
上り車線側スペース
 
 
T_ohashi26
角島大橋の制限速度は時速40km
 
 
T_ohashi27
船の航行ゾーン
 
 
T_ohashi28
見下ろせばワカメなどの海藻がビッシリ
 
 
T_ohashi29t
まっすぐなセンターライン(車に引かれないよう・・・)
 
 
T_ohashi30t
伊瀬の灯台と漁船をバックに・・・
 
  
以上、角島大橋、いかがでしたでしょうか?
まだ撮影場所は他にもありますが、角島大橋をいろんな角度から眺めることで、その高さやカーブ、橋の仕組みもよくわかってきますね。
 

2009年05月07日 | | コメント (25) | トラックバック (1)

2009年5月 2日

赤田海水浴場

Akada01
「透明度抜群のビーチ」 2009.4 山口県下関市 赤田海水浴場にて

JPEG撮って出しの1枚。(リサイズのみ、クリックで大きくなります)
この海の透明感が伝わるだろうか・・・・

 
土井ヶ浜から国道191号を北へ進む。特牛(こっとい)の集落を過ぎたところで左折、角島大橋方面の県道へ入る。この辺りから肥中海水浴場、赤田海水浴場と小さなビーチが点在する。とりわけ赤田海水浴場は小さいながらもキャンプ場を完備した穴場的存在といえよう。
 
【赤田海水浴場の地図】
赤田海水浴場
 
赤田海水浴場の看板を左折して海へ向かえば浜のすぐ前まで車で入ることができる。やはり、ローカルな浜ならではといったところ。
また、この赤田浜はちょうど西を向いているので、夕暮れともなればビーチから見える夕日もきっと綺麗だろう。

Akada02
駐車スペース
 
 
Akada03
ハマダイコン
 
 
Akada04
小ぢんまりとした綺麗なビーチ
 
 
Akada05
角島大橋が見える
  
さて、いよいよ角島へ・・・。(笑)←引っ張り過ぎ
 

2009年05月02日 | | トラックバック (0)

2009年4月30日

土井ヶ浜

Doigahama01
「打ち寄せる波」 2009.4 山口県下関市 土井ヶ浜にて

エメラルドグリーンが美しい土井ヶ浜海水浴場
まだ人影のないビーチには、心地よい潮騒だけが響いていた・・・

 
角島に向けて国道191号線を北に走る。いつものように土井ヶ浜に寄ってみることに・・・。
国道から、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムの案内板に従って左折、道なりに進めば駐車場があり、そこに車を停めて少し歩いていけば土井ヶ浜海水浴場の南の端に出る。

【土井ヶ浜海水浴場の地図】
土井ヶ浜海水浴場 
 
土井ヶ浜海水浴場は、環境省 日本の快水浴場100選にも選ばれていて、約1kmにわたって続くロングビーチとおよそ100m沖まで遠浅の砂浜が人気の山口県下屈指の海水浴場。夏になると「サザエさん」「波乗りジョニー」など、どこかで聞いたことのあるネーミングの海の家やバンガローが賑やかに建ち並ぶ。また浜辺まで車で降りられるキャンプ場や貸し別荘もある。

Doigahama02t
海への道
 
 
Doigahama03t
浜辺の片隅に咲くトウダイグサ
 
 
Doigahama04
約1km続く土井ヶ浜ビーチ
  
この日、土井ヶ浜に着いたのが午前10時前。ビーチには人影もなく、時折散歩の人に出会うくらい。しばらく砂浜の端に座ってぼんやり海を見ていたら、曇っていた空もいつの間にか晴れてきて、海の色も綺麗なエメラルドグリーンに・・・。さぁ、もう少し進んでみようか。
 

2009年04月30日 | | トラックバック (0)

2008年12月30日

冬のデニムブルー

Denim_blue01
「デニム色の海」 2009.12.28 三百山にて

ジーンズのまち児島から、今年最後のデニムブルー。

 
Denim_blue02
濃地諸島と下水島、上水島の間に海苔筏が浮かぶ


Denim_blue03
大向山から瀬戸内海を臨む 青い海が眩しい
 
 
Denim_blue04
停泊船の向こう、霞み始める瀬戸内海
 
 
 
さて、今年も残すところあと一日。
12/31、1/1は実家に帰省するので今年の更新はこれで最後になりそうです。今年も、拙い記事や写真に温かいコメントをありがとうございました。また、ブログや写真を通じてたくさんの方々と出会えたことに心から感謝です。
みなさん、どうぞ良い年をお迎えください・・・。
 

2008年12月30日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月17日

瀬戸内海の絶景を眺める蝶

080914_300
「海を見下ろす蝶」 2009.9.14 三百山にて

秋の昼下がり。
標高135mの山頂から瀬戸内海の絶景を見下ろすツマグロヒョウモン。

 
三百山にはおそらく誰よりも登っている僕でも、今まで撮れそうでなかなか撮れなかった写真。それが「広角レンズでの昆虫風景写真」。

この日、山頂にはツマグロヒョウモンのオスが数頭縄張り争い。他にもナミアゲハやアオスジアゲハ、モンキアゲハがやってきたりと賑やかな様相を呈していたので、広角レンズをセットしてイメージを膨らませながら、少しばかり待ってみた。
時折、ツマグロヒョウモンが近くには来るものの、最初は警戒してかなかなか止まってくれなかった。しばらくカメラを置いて海を眺めていたら、ようやく1頭が近くの枝に止まってくれた。慎重に近づいてシャッターを切らせてもらい、ほぼイメージどおり。非常にシンプルだけど、まずまずのお気に入り・・・。
 
 
 
(おまけ)
クロマダラソテツシジミ その後・・・

海辺の蝶といえば、先日ご紹介した南国の蝶「クロマダラソテツシジミ」。
先々週末、9月6日から7日にかけて、倉敷市児島周辺の同一場所数ヶ所を、2日連続で違う時間帯にチェックしてみたのだが、その時には確認できなかった場所2ヶ所でもこの日は確認できた。近場で羽化した個体が移動してきたのだろう。岡山県南でも、予想以上の繁殖力と生息地拡大にただただ驚くばかり・・・。
 
080914_kuroma02t
 
 
080914_kuroma03t
 
お約束の瀬戸大橋とクロマダラソテツシジミの組合せ。(笑)
こちらはまだイメージには程遠いけど今回は証拠写真ということで・・・。
 

2008年09月17日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月 1日

デニムブルーの海

080831_01
「デニムブルーの海」 2008.8.31 三百山にて

8月最後の日に見たグラデーション。
日本のジーンズ発祥の地 児島にふさわしい蒼い海。

2008年09月01日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月17日

太陽と海の教室

080810_01t
「われは海の子」 2008.8.10 倉敷市児島 大浜海水浴場にて

瀬戸大橋が見える海でスノーケリング。
夏休みの宿題全然終わってないけど、まいっか・・・。(笑)

 
080810_03t

海が近い田舎に住んでいると、その恩恵にあずかることが多い。
特に夏のこの時期、子供が海に泳ぎに行きたいといえば15分後にはサンダル脱いで海の中。(笑) 
 
080810_04
青い空と海が呼んでいる・・・。急いでスノーケリング準備して・・・。
 
 
080810_05
早速、水飛沫をたてて泳ぎまくる。(笑)
 
 
080810_06
こっちが僕のスノーケルとマスク。
 
 
080810_07
こっちが子供用。
 
 
080810_08m
瀬戸内海なので透明度はこんなもの。
同じ大浜でも、角島大浜とはかなり違う・・・。(笑)
 
 
080810_09
スノーケリングの後は砂遊び(砂湯?)でひと休み。
 
 
080810_10
かと思えば、またゴーグルで泳いだり水中観察したり、
 
 
080810_11t
波打ち際を走り回ったりと、海の子パワーには呆れます。
 

080810_12t
気がつけばこんなことまで・・・。(笑)
 

夏休み中の子供たちにとっては、これぞ、太陽と海の教室
そろそろ宿題も気になるけど、家の中に閉じこもっているよりは外で遊んでくれる方がずっといい。
 
080810_02

最後に、大浜海水浴場のアクセス案内。
倉敷市児島大畠、下電ホテルの東側に広がる砂浜で瀬戸大橋が一望できるビーチ。潮通しがいいので透明度も比較的良い。
夏の海水浴シーズンでも比較的空いているのは、駐車場が少ないから。
まともな駐車場といえば、瀬戸大橋寄りの山側に約10台ほど停められる位で、ここが一杯なら久須美鼻の駐車場に停めて歩く(約5分)。
また、JRで児島駅から来られる方は下津井電鉄バス「とこはい号」で「下電ホテル前」バス停下車が便利。 

2008年08月17日 | | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年8月 9日

角島大浜海水浴場で水中写真

070804oohama01
「波間から見る角島灯台」 2007.8.4 角島大浜海水浴場

本州屈指の透明度を誇る角島の海。
スノーケリングしながら水中デジカメ片手に遊んでみた。

 
夏の角島大浜で念願のスノーケリング。
オリンパスμ720SW(すでにかなりの旧モデルになってしまったが・・・)を使って水中撮影。この角島大浜海水浴場は僕が知る限り、本州でいちばん透明度が高いビーチ。
では水中デジカメで撮った角島の海の写真を少々・・・。

070804oohama02
子供たちもスノーケリングに夢中。
 
 
070804oohama05
まるでプールのような透明度。
 
 
070804oohama03
水深2m前後の海底はこんな感じ。
 
 
070804oohama07
海中から見た空はこんな感じ。
 
 
070804oohama06
子供を入れた半水面写真を狙ったが・・・難しい。
 
 
070804oohama04
かろうじて、シンプルな半水面写真は成功。
残念ながら魚はいなかったけど・・・。(^_^;)
 
えー、実は・・・。
この半水面写真に夢中になり過ぎて充電切れ・・・。(苦笑)
 
 
070804oohama_t
角島大浜海水浴場と角島灯台。EOS20Dで撮影。

猛暑が続いてますが、水中デジカメのスナップで少しは涼しい気分になれたでしょうか?(笑)
 

2008年08月09日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年8月 7日

角島 ホテル西長門リゾート

070804nishi01
「優しい波」 2007.8.4 山口県下関市豊北町

角島大橋の傍らに立つホテル西長門リゾートにて。
エメラルドグリーンの波が打ち寄せる海を眺めながら・・・

 
角島にホテルはない
宿といえば、旅館と民宿が数えるほど、そして角島大浜キャンプ場とバンガローだ。だから、正確には角島にいちばん近いホテルがこの西長門リゾート、ということになる。
プライベートビーチあり、温泉あり、そして目の前には碧い海と角島が見える絶好のロケーションだが、ひとつ難点を言えば、建物がかなり老朽化していた。建てられたのは、角島大橋ができるずっと前。何しろ、僕が学生時代の頃から旅行会社のパンフレットに載っていたくらいだから・・・。(苦笑)

070804nishi02
巻き貝をモチーフにしたチャペルと円錐形の鐘。
 
 
070804nishi03
ガラス張りのカフェの向こうには青い海。
 
 
070804nishi04t
テラスから見えるビーチと角島大橋。


実は、そんなホテル西長門リゾートがまもなく(2008.9.1)全館リニューアルオープンする。
■ホテル西長門リゾートのHP
 
■ホテル西長門リゾートの予約状況と口コミ情報

 
夏の海水浴シーズンが終わり、9月1日からというのが少し残念だが、来年の夏はきっと角島を訪れる旅行客たちで賑わうことになるだろう・・・。
でも、僕が角島で泊まるとしたらやっぱりキャンプ場だろうな・・・。(笑)
 

2008年08月07日 | | トラックバック (0)

2008年8月 2日

渋川海水浴場

080801_01
「入道雲サマー」 2008.7.26 玉野市 渋川海水浴場にて

夏の海といえば・・・

 
渋川海水浴場
日本の渚百選にも選ばれ、岡山県下でいちばんメジャーな海水浴場。
夏のシーズンになると、白砂青松の砂浜には大勢の海水浴客が訪れる。
最近は少しずつ水質も良くなってきているようだ。

ところが、この渋川海水浴場、ネックが2つ。
駐車料金が1,000円かかることと、どうしてもサメネットに興ざめすること。
せっかく開放感を求めて海水浴に来たのに、なんだかいきなりお金取られてしかも生け簀の中で泳いでる気分になるのはイヤだ。だから、僕を含め地元に住む人たちは渋川へはあまり行きたがらない。(苦笑)

けれど、やっぱり夏は渋川に行きたいっ!という方のために、もし僕の友人、知人が渋川海水浴場へ行くと言ったら、次のような方法をオススメしているのでご参考まで・・・。
 
まず、できるだけ朝早く起きて国道430号沿いにある手前(王子が岳寄り)の渋川駐車場(もちろん無料でトイレ完備)等に車を停めて少し歩く。そして渋川海水浴場を通り過ぎ、東側の渋川キャンプ場前の砂浜まで行けば興ざめするサメネットもなく、不思議なくらい人が少ない。(ただし小学生のキャンプ学習やバーベキューをやっている時は×)
 
080801_02
渋川キャンプ場前のビーチ。空いていてサメネットもない。 
 

さて、余計なおせっかいはこれくらいにして、本日は夏の海に行きたくても行けない、あるいは、日焼けするのがイヤという方に、渋川海水浴場の夏スナップなど。

題して「夏の海といえば・・・?」

080801_03
夏の海といえば「浮き輪」
 
 
080801_04t
夏の海といえば「ビーチパラソル」
 
 
080801_05t_2
夏の海といえば「貸ゴザ」
 
 
080801_06t
夏の海といえば「白いヨット」
 
 
080801_07t
夏の海といえば「入道雲」
 
 
080801_08t
夏の海といえば「かき氷」
 
 
080801_09t
夏の海といえば「扇風機」?
 
以上、夏の海といえば・・・
「ビキニ姿のお姉さん」を期待していた男性諸氏、残念でした。。(笑)
 

2008年08月02日 | | コメント (20) | トラックバック (1)

2008年7月20日

海の日

080720_00
「海と少年」 2008.7.20 下津井大室海岸にて

海の日、三連休、夏休み。
青い空と海が君を待ってるよ・・・。

 
080720_01
三百山から六口島方面。碧色の海が眩しい。
(ぽっかり浮かんだ雲がミッキーマウスに見えたのは僕だけ?・笑)
 
 
さて、絶好の天気と澄み切った青空に恵まれた瀬戸内地方。
でも、午前中からじっとしていても汗が滴り落ちるほどでした。
そんな今日は、瀬戸内海のローカルな砂浜の夏風景を・・・。

080720_02
大室海岸。雨が少ないせいか比較的透明度も高い。
連休の昼間でも3組ほどのグループしか・・・。(笑)
 
 
080720_03
夏の砂浜とビーチパラソル。
海岸には薄紫のハマゴウや赤紫のハマナデシコの花が満開。
 
 
080720_04
海には、白い波をたてて走り過ぎてくボート
  
 
080720_05
空には、夏の入道雲と
 
 
080720_06
パラグライダーも・・・
 
 
080720_07t
 
 
080720_08t
 
 
080720_10t
焼け付く砂浜にバッタも暑そう・・・(笑)
 
明日の「海の日」も瀬戸内地方は夏空が広がって暑くなりそうです。 
 

2008年07月20日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月 4日

連休の海辺

080503_01
「海で過ごす二人」 2008.5.3

ゴールデンウィーク後半。
海辺で思い思いに過ごす人々・・・

 
080503_02

せっかくの連休ですが、僕はあえて遠出することもなく、例年通り地元でのんびりしています。
都会に住んでいると、どうしても混雑する列車や渋滞する高速道路を使って出かけることになるのでしょうが、こういう時こそ田舎の「便利さ」を感じてちょっぴり優越感に浸ることができます。(笑)
 
 
080503_03

連休初日の岡山は気温が30度を超え、今年初の真夏日。
ジャコウアゲハは相変わらず元気でしたが、僕の方が暑くて集中力が持続せず、気が付けば海辺でボーっと寝っころがってしまってました。(笑)

2008年05月04日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月29日

シーサイドハウス&カフェ YOSHI-TSUNE

Cafe00t
「海カフェで過ごす至福の時間」 浅口市寄島町
sea side house & cafe YOSHITSUNEにて

カフェの椅子に腰掛けて海を眺めれば、
ただ、スローな時間だけが流れていく・・・

 
Cafe08

さて前回記事「海カフェ」からの続き。
後編は「海カフェからの風景」。


Cafe11t
ここは、アッケシソウで有名な岡山県浅口市寄島町の寄島園地、三郎島海岸にあるカフェ。その名は、「Seaside house & Cafe YOSHI-TSUNE(シーサイドハウス&カフェ よしつね)」さん。
前回ご紹介したように、このカフェにたどり着くためには、堤防を下りて道なき砂浜を約600m歩くか、もうひとつ、小高い丘を越えて山道を歩かねばならない。そして、中へ入ってみると・・・
 
 
Cafe12
広い窓から見える砂浜と海
 
 
Cafe13
そして、アンティークなランプと瀬戸内海


Cafe14t
目の前の海までわずか20m


Cafe15t
南西向きの日差しが差し込むテーブルにガラスの砂時計


Cafe16t
窓から砂浜と海を眺めながらのティータイム
 
 
Cafe17t
アイスティーで乾いたのどを潤して・・・
 
 
Cafe18
ブルーベリーソースの美味しいチーズケーキをいただきました
 
 
Cafe19t
窓からはキラキラと輝く午後の海と三郎島


Cafe20
 
実はこのお店、僕も以前に何度か雑誌で見て知っていたのだけれど、まさかこんな砂浜のど真ん中にあるとは・・・。
まさに知る人ぞ知る「大人の隠れ家」的カフェ。
春の休日に瀬戸内海を見ながらのんびりとランチやスイーツを楽しむにはピッタリ。お天気のいい週末にドライブを兼ねていかがですか?
あ、行かれた方はトラックバックかコメントを忘れずに・・・。(笑)

ご参考までに場所と地図を・・・。

sea side house & cafe YOSHI-TSUNE
(シーサイドハウス&カフェ よしつね)

〒714-0101
浅口市寄島町沖浦12117番地
Tel&Fax:0865-54-4537
営業時間・・・9:00~20:00
定休日・・・毎週水曜日
【Menu】
・日替わりランチプレート 980円~
 (11:30~14:00まで)
・ケーキ・ティータイムセット 680円~
 (10:00-11:30、14:00-20:00まで)
※上記時間、価格は変更の可能性があるので要確認。できれば事前に予約した方がベター。


より大きな地図で 紹介した場所 を表示
 

2008年02月29日 | | コメント (14) | トラックバック (3)

2008年2月28日

海カフェ

Cafe01
「海カフェへ行こう!」

瀬戸内海の海辺を散歩していて、偶然見つけたCaffeの文字。
看板を見ると、この堤防を下りた600m先にカフェがあると・・・??
えええぇぇーーー、そんなの信じられないけど行ってみよう~!(笑) 

 
春が近づくにつれ、昼間はポカポカとした日差しが感じられ、そろそろ海が恋しくなる季節・・・。そこで、いつもとはちょっぴり趣向を変えて、春の日向ぼっこにピッタリの瀬戸内の海カフェを前編後編の2回に分けてご紹介。

まず前編は「海カフェへの道なき道」。(笑)

Cafe02t
あれっ、堤防の下は海のはずなのに・・・!?
と覗いてみると看板の矢印の絵のように、段々になった階段が石積みの護岸へと続いていた。


Cafe03
護岸を100mほど歩けば広い砂浜へと変わった。見えるのはただただ砂浜と穏やかな碧い瀬戸内海。
誰もいないこのビーチの向こうに、本当に海カフェがあるのだろうか・・・?


Cafe04
半信半疑のまましばらく砂浜を歩くと、犬を散歩させているお姉さんとすれ違った。ひょっとしてこの方は海カフェの帰りなのか・・・?(笑)
 
 
Cafe05
歩いていると靴に砂が入るので、ここらでちょっと一休み。
遠くには、いつも見慣れた下津井瀬戸大橋と鷲羽山ハイランドも見える。
いったいここはドコ・・・?(謎)
 
 
Cafe06
延々と砂浜を歩くこと5分。
ビーチの片隅に1本の巨木。左手の林ではジョウビタキやメジロがさえずっていた。正面にはなにやら建物らしきものが・・・。もしかして、これが海カフェなのか・・・?
 
 
Cafe07
さらに近づくと、「地球とはもっとなかよくなれるはず」と書かれた看板。その先には赤い旗がなびくポールと波の侵入を防ぐための石垣が・・・。いよいよ到着か?
 
 
Cafe08
どうやら、この建物がカフェのようだ。
なぜか、発見の喜びと安堵感がこみ上げてくるのが不思議。(笑)

普通「海辺のカフェ」といえば、「海が見えるカフェ」か、「海沿いのカフェ」が大半だろう。でも、ここのカフェに限ってはご覧の通り、完全に砂浜の中に建っていて、しかも石垣から海までの距離はわずか15mほど。
これぞ、究極の海カフェ!?

というわけで、看板を頼りに道なき道、砂浜を600m歩いてようやくたどり着いた海カフェ。次回はみなさんを海カフェの中へとご案内しますね・・・。(笑)

海カフェの続きはこちら
 

2008年02月28日 | | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年8月11日

極上のビーチ!角島大浜海水浴場

070811_00oohama
角島大浜海水浴場にて(クリックで横800ピクセル)

沖縄でもモルディブでもパラオでもない、山口県下関市豊北町角島。
誰もが信じがたい透明度を誇る極上ビーチがここにある・・・
 

 
070811_20sw
海へと続く道、はやる気持ちは抑えられない・・・
 
 
070811_10sw
さあ、夏の海へ飛び出そう!
 
 
070811_11sw_t
角島の海で念願のシュノーケリング!
写真で伝わるかな?この透明感が・・・。
(以上3枚はμ720SWで撮影)
 
 
070811_04oohama
青い海と空、そして真っ白なビーチ
貝殻の欠片でできたサラサラの砂。
 
 
070811_05oohama
浜辺でひと休み。ニイニイゼミ君と戯れて・・・(笑)
 
 
070811_02oohama_t_2
コバルトブルー?それともエメラルドグリーン?
そんなこと、どっちだっていいさ。しっかりと目に焼き付けて・・・
 
 
070811_03oohama_t
青い空、打ち寄せる白い波と・・・
 
というわけで、昨日見た台風後のグレーの海はどこへやら・・・。
あまりの美しさで、正直、海に入らず写真を撮っている時間がもったいなく感じられるほど・・・。
 
続きはこちら・・・ 
【関連記事】
角島大浜海水浴場で水中写真(2007.8.4)
 
この角島大浜海水浴場、夏のシーズン中はとても賑わいます。なので、できれば朝早くに到着されることをおすすめします。そうすれば、こんな風に人も少なく、絶景のプライベートビーチ気分も満喫できますよ。
角島の海、あなたも飛び込んでみたくなりましたか?(笑)
 
 
【角島大浜海水浴場(キャンプ場)の地図】
角島大浜海水浴場

2007年08月11日 | | コメント (29) | トラックバック (2)

2007年7月23日

梅雨明け

070723_01t
「帰り道」 下津井・大室漁港にて

中国四国地方もやっと梅雨明けしました・・・

 
070723_02t

きょうの瀬戸内は朝から爽やかな青空が広がって、予定通りの梅雨明け宣言。平年より3日遅い梅雨明けだそうですが、比較的カラッとしていたので最高気温33度(岡山市)とはいえ、それほど蒸し暑さは感じませんでした。

今週は気温も上がって真夏の暑さが続きそうですね。
いよいよ大人も夏休みが欲しくなります。(笑)
みなさま、どうぞご自愛ください・・・。


あ、そういえば、ちょうど1ヶ月前・・・。
この浜辺にはハマナデシコがひっそりと咲いていました。
児島の海岸でもごく限られた場所でしか見られない海浜植物ですが、ここでは毎年梅雨時期に花を咲かせてくれています。

070723_03
「ハマナデシコ」 2007.6.23撮影

▼ココログメンテナンスのお知らせ
7月24日(火)21時~翌25日(水)15時まで、記事、コメントの投稿ができなくなります。悪しからずご了承ください。m(__)m
 

2007年07月23日 | | コメント (17) | トラックバック (2)

2007年7月19日

Beach Girls

070719natsu01
玉野市 渋川海岸にて

明日からいよいよ夏休みだね・・・

 
海、貝殻、かき氷、セミの鳴き声、かぶとむし・・・
みなさんは、「夏休み」で何を連想するのかな?

あー、大人にも夏休みを・・・。(笑)

2007年07月19日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年6月29日

コーラル島で水中写真

070629coral01
半水面写真」 プーケット コーラル島にて

エメラルドグリーンの海の中、そこは魚たちの楽園・・・

 
前回のコーラル島の続きです。
南の島の透明な海に来たからにはやっぱり水中写真が撮りたい!
ってことで、今回の水中撮影用にOlympus μ720SWと、会社の同僚に借りたCanon PowerShot G7+水中ハウジング WP-DC11の2種類のカメラを用意。

070629coral03
・Olympus μ720SW(710万画素、3m防水&そのまま水中OK)
 
 
070629coral04
・Canon PowerShot G7+WP-DC11(1,000万画素、水中ハウジングは40m防水対応)

最初はμ720SWだけの予定でしたが、事前にダイビングでは5~7mまでの深さまで潜ると聞いて、3m防水のμ720SWでは水圧に耐えられないかも・・・というわけで、PowerShot G7+WP-DC11を使うことに・・・。


070629diving200まずはダイビング。僕自身、ダイビングは初めてで不安もありましたが、コーラル島での体験ダイビングは砂浜から練習しながらスタートして、徐々に深いところに潜っていくというので、思い切ってチャレンジしてみました。
4人1組で最初に陸上で簡単にダイビングの基本や水中でのコミュニケーションの仕方、耳抜きの方法などの講習を受けた後、ウェットスーツにボンベやレギュレーター、水中マスクなどを装着していよいよ海へ。その時は写真のように余裕の表情でしたが、実際にインストラクターと1対1で水中での呼吸の仕方を練習すると、やっぱり思うように息ができず参りました。初めはみなさん同じだと思うのですが、結構パニックになりますね。(笑)
それでもがんばって水中へ入っていくとサンゴ礁の海には大きな貝や魚があちこちに・・・。少し呼吸にも慣れた頃にインストラクターに預けていたカメラを渡してもらってしばし水中撮影。

まずは、PowerShot G7+WP-DC11の画像です。
 
070629coral07
・カラフルなベラの仲間
 
 
070629coral06
・魚たちに導かれて・・・
 
 
070629coral05
・サンゴ礁の海とスズメダイの仲間
 
 
というわけで、ようやく水中になれた頃には体験ダイビングも終了の時間。
「うーん、もう少し潜って水中写真撮っていたかったなー。」
今回は初めてということもあり、まともな写真は撮れずじまいでしたが、今後はなんだかダイビングにハマりそうな予感も・・・。ヾ(・・;)ォィォィ
また次回どこかの海でチャンスがあればチャレンジしてみたいです。(笑)

で、今度はシュノーケリングセットを借りて気ままに海水浴&水中撮影をすることに・・・。コーラル島では膝~胸くらいの浅い場所でも、魚たちがエサをもらえると思って人に近寄ってきます。ハッキリ言って全然警戒心がないと思われ・・・。(笑)

以下、シュノーケリングの写真。

070629coral08
・黄色と黒のオヤビッチャがたくさん
 
 
070629coral09
・底の方にも・・・
  
 
070629coral11
・水面近くにもこんなにウヨウヨ・・・
 
 
次にカメラをμ720SWに交換して撮影。

070629coral10 
 
この写真を撮っているとき、
「海の中から空を見たらどんな風に見えるだろう・・・」
ふと、そう思ったので魚の視線で空を見てみる。(笑)
  
070629coral12
・魚の視線で・・・


070629coral13
・水中から見た空
 
この後、再びPowerShot G7+WP-DC11を借りて、前から撮りたかった「半水面写真」にチャレンジ。今までも何度か挑戦していますが上手く撮れたためしがなく、今回20枚ほどシャッターを切ってようやく撮れたのがトップの写真・・・というわけです。(^_^;)

ダイビングも楽しいけど、やっぱりシュノーケリングも楽しい! 
コーラル島での休日。しばし、時間の経つのも忘れてカメラ片手に魚たちと戯れたのでありました・・・。(笑)
 

2007年06月29日 | | コメント (39) | トラックバック (1)

2007年6月27日

コーラル島で遊ぶ

070627coral00
コーラル島にて(μ720SWで撮影)

プーケットでの3日目、海の癒しを求めてコーラル島ツアーへ・・・

 
プーケット周辺には39の島があると言われています。中でもコーラル島はプーケットからいちばん近いサンゴ礁の島。
本当はのんびりと、映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島や、カイ島、ラチャ島といった少し離れた島にも足を伸ばしてみたかったのですが、今回は社員旅行ということもありコーラル島に決定。南部のシャロン湾からスピードボートに乗って約15分で行けるので、忙しい日本人にもこのオプショナルツアーは人気が高いとか・・・。
以下、コーラル島のスナップです・・・。

070627coral01
・コーラル島に向かうスピードボート
 
 
070627coral02
・現地スタッフも同じボートに乗って・・・
 
 
070627coral03
・コーラル島に到着、透き通ったエメラルドグリーンの海!
 
 
070627coral04
・モクモク入道雲と海、ひと足早く夏気分♪
 
 
070627coral06t
・コーラル島でパラセーリング(以下3枚μ720SWで撮影)
 
ここコーラル島ではマリンスポーツが盛んで、島へ到着すると日本語が話せる現地スタッフが説明(営業?)にやってきます。せっかくなので僕も今回は久しぶりのパラセーリングと、体験ダイビング、その後のんびりシュノーケリングをすることに・・・。
以前にも書きましたが、パラセーリングは若い頃にインストラクター(飛ばす方)をしていて自分自身も何度も飛んだことがあるので全然平気です。(笑)
 
 
070627coral08
・μ720SWで空撮。片手撮影ですがちゃんと水平もとれます。(笑)
 
 
070627coral07
・でも、こんな感じで斜めにしたりする方が動きが出て面白い!
 
 
070627coral09
・ビーチに咲く花
 
 
070627coral10
・沖合いに見えるユニークな形の島
 
 
070627coral11t
・椰子の実ジュースで休憩
 
 
070627coral12t
・広い空、太陽の周りには暈が・・・
 
 
070627coral13t
・波打ち際にはかわいいヤドカリ君
 
 
070627coral14t
・色気のない足でスミマセン。。。(汗)
 
この時期のプーケットは毎日気温が33~35度あるのでじっとしていると暑くて暑くてたまりません。また湿度も日本と比べてかなり高く、やっぱり海に入りたくなります。
今回、コーラル島ツアーに参加していたのは日本人が圧倒的に多かったですが、それでも人は少なくビーチは広々、意外にゆっくりと楽しめました。

仕事で毎日バタバタしているためアップするのが遅れ遅れになってしまいましたが、次回は、コーラル島の続き、ダイビングとシュノーケリングの水中写真でも・・・。(笑)
 

2007年06月27日 | | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年6月19日

カロンビーチ

070619karon00t

プーケットの休日。
第1回目は、落ち着いた雰囲気のカロンビーチのスナップから・・・

 
070619karon01

カロンビーチ。
アンダマン海に面した約4kmの白砂が続くロングビーチ。
今回泊まったホテル「ヒルトン プーケット アルカディア リゾート&スパ」の目の前にあり、観光客の多い北側のパトンビーチに比べると、とても静かでのんびりとバカンスを楽しむにはもってこい。特に6月以降はプーケットは雨季が近づいてオフシーズンに入るため、広いビーチにも人はまばらな状態でした。またカロンビーチは、プーケットでは珍しい「鳴き砂」のビーチで、歩くとキュッキュッととても心地よい音がします。


070619karon02
監視小屋に立つ赤い旗。
これは遊泳禁止のサインで雨季の期間はこの旗がずっと出っ放しだとか・・・。波打ち際すぐのところから深くなるらしく少し波が出ても泳ぐことは難しいらしい。


070619karon03t
早朝6時に起きて、砂浜を歩いてみると、まさに「欧米か?」(笑)というほど欧米人が多い。
滞在型の彼らは、プーケットに来てもジョギングをしたり、ビーチで読書をしたり、とてものんびりとしたバカンスを過ごしています。それに比べて、周遊型の日本人はどこへ行っても、せかせかと時間に追われ観光地を巡ってばかり。僕も時計を外してのんびり過ごしてみたくなりました。


070619karon05
素足で気持ちよさそうに歩く女性。ビーチには英語で書かれたタイマッサージの看板が・・・。


070619karon06
親子で楽しそうに砂浜を散歩する姿も・・・。


070619karon07t
朝の入道雲の下で釣りをする地元のおじさん。


070619karon08t
流れ着いて、いつの間にか芽を出した椰子の実。


070619karon09
ここにも、お茶目なスナガニの姿が・・・。


070619karon10t
昼下がり、キラキラと光る海。


070619karon11
日没後のビーチ。

西に面したカロンビーチで僕が楽しみにしていた夕日。
今回、移動やスコールで、残念ながらそのダイナミックな夕日を見る機会はありませんでしたが、1日だけ迫力ある雲と茜色の空を見ることができました。もしもう一度ここに来ることがあれば、そのときは絶対に時計を外してボーっとアンダマン海に沈む夕日を眺めてみたいな・・・と思いました。
 

2007年06月19日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年5月 3日

瀬戸内海の幻の砂浜へ

070503takasu01

夕日に染まる「地図にない砂浜」。
GW後半初日は、瀬戸内・児島の幻の砂浜、高洲へ・・・

 
きょうは午後から山猫さんと浜辺でジャコウアゲハを観察。
夕方からは山猫さんが高洲(たかす)に渡るというので、僕もいったん家に帰り、少し遅れて子供たちを連れ、からこと丸さんの船で高洲へ・・・。やっぱりGWの大潮とあって、すでに潮干狩りのお客さんで大賑わい。

070503takasu02

高洲は、春から秋にかけての大潮の日だけ、児島・王子が岳の沖合い1kmに姿を現す干潟。すでにHPやブログでは何度となく紹介しているので、ご存知の方も多いはず。(高洲の地図
そうそう、高洲といえば、つい先日、鉄腕ダッシュのソーラーカーが児島に来た時(4月22日放送分)に「幻の島」として紹介されたばかり。(ちょっと放送時間が短すぎたのは残念ですが・・・) 

070503takasu03
夕暮れ時、高洲へ向かうからこと丸・・・


070503takasu04
船からはうっすらと幻日が・・・


070503takasu07

高洲へ着くと子供たちは早速、わいわい生き物探し。
一応、熊手とスコップは持っているのだけれど、貝掘りよりいろんな海の生き物に興味津々だから仕方ない。(苦笑)

070503takasu05t

写真は、高洲のアマモ場。
アマモが繁茂する場所では、海の小さな生物にとって絶好の隠れ場所。なので、この高洲の海には、さまざまな貝はもちろん、タツノオトシゴや、カニやエビなどの甲殻類、ウニの仲間、ウミウシなどがたくさん生きています。
しかし、これだけ広いアマモ場が残っている場所は県内の瀬戸内海でもあまりありません。将来もずっと残るよう大切にしたいものです。

以下、きょうの成果?です。(笑)

070503takasu08
・ツノナガコブシガニ

070503takasu09
・ホソウデヒシガニ


070503takasu10
・イカの赤ちゃん


070503takasu11
・イイダコの卵(タイラギの貝殻の間に産卵しています)

その他、子供たちはアカニシ、ウミウシの仲間、タコノマクラ、ヒトデなど。ちなみに山猫さんは、きょうはイマイチといいつつ、大きいタイラギやアカニシをバケツにたくさん。さすがです!

070503takasu01t

というわけで、生き物いっぱいの瀬戸内海の幻の砂浜、高洲。
少しお天気が気になりますが、GW中は5月6日まで潮がいいので、お近くの方はぜひ潮干狩りにお出かけ下さいませ・・・!
詳細は、高洲の潮干狩り(からこと丸さんのサイト)で・・・。
お問合せ電話は、086-473-3718(からこと丸さん)まで
 
【過去に紹介した高洲の記事】

海を歩く人々
からこと丸で幻の島・高洲へ
地図にない砂浜~高洲~
タツノオトシゴを探そう!~夏の瀬戸内海で生き物観察~

2007年05月03日 | | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年4月27日

海の休日

070427kyujitsu

さあ、いよいよゴールデンウィーク。
あなたは海?それとも山歩きかな・・・?

2007年04月27日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月22日

瀬戸内海クルージング

070318seto000

瀬戸内海エコクルージング-「瀬戸内海を遊ぼう!海と島をめぐる旅」。アップするのがかなり遅くなりましたが・・・(汗)

 
当初は3/11(日)の予定でしたが、折りからの強風で1週間延びて3/18(日)に・・・。この日は朝から穏やかな春の好天に恵まれ、朝9時には児島観光港に参加者のみなさんがすでにたくさん集まっていました。
受付では、環境省から生成りのマイバッグに入ったハンカチ、クリアーファイル、国立公園や野生生物の保護に関するリーフレットや当日のプログラム資料が配られ、班ごとに分かれてご挨拶。
日程変更の影響で75名の定員に対し参加者は70名程度。このブログを通して参加していただいた方々も約10名ほど・・・。(笑)

070318seto001_1
そのうちのお一人、フーさんも、お友達と3人で参加です。


070318seto002t
今回のクルージング船は「みしま3号」。


070318seto016
実はこの船、普段は日生から鹿久居島、頭島、大多府島といった日生諸島の航路に使われていて看板もそのまま。(笑)
でも、この日のために朝早くから日生を出て児島観光港まで来ていただいたそうです。
さぁ、この船に乗り込んで瀬戸内海クルージングに出発です!


070318seto004t
出港してまもなく、潮流の速い久須美鼻灯台を回ると瀬戸大橋が見えてきます。(船の窓から撮影)


070318seto005
カメラ片手に甲板に出てみると、風が少し冷たいけれど天気が良くて気持ちいい~~~。右手に鷲羽山を見ながら瀬戸大橋が近づいてきます。


070318seto005t
下津井瀬戸大橋の下をくぐります。


070318seto007
キラキラと光る海、瀬戸大橋を行く列車と・・・。


070318seto006
ほどなく左手には六口島。
少年たちも瀬戸内海の多島美を堪能中!?


070318seto007a
こちらは、熱心に瀬戸大橋を狙うこんぶ103さん。ファミリーで参加されていましたが、お父さんはずっと甲板の上。(笑)


070318seto007b
そして、こちらは会社の後輩、M君ご夫妻。
まだ新婚さんです。(笑)


070318seto008
続いて、これが海から見る三百山と大室港。いつかこの風景を撮りたいな・・・と思っていたのでラッキーです。(^^)


070318seto010t
水島沖にて。青い空と白い雲。
まるでそれに合わせたかのような船が・・・。
今回の往路は、瀬戸大橋の観光船などが通らないルートでなぜか僕も新鮮です。


070318seto009
船室に戻ると環境省 中国四国環境事務所の若手お二人による瀬戸内海環境クイズが始まっていました。子供たちも含めて結構盛り上がってましたよ。(笑)


070318seto011
さて、この間に船は南西に進路を変え、塩飽諸島の広島と手島の間を抜けていきます。この後、船のエンジンを停止して潮の香りを感じる粋な演出も・・・。


070318seto012
讃岐特有の円錐状の島。空には筋状の雲が現われ、なんとなく大気光象が現われそうな予感・・・。


070318seto013
そうこうするうちに、正面に目的地の粟島が見えてきました。
約2時間のクルージングもそろそろ終わりに近づいています。


070318seto014
水飛沫に映った影なんぞ撮ってみたり・・・。(苦笑)


070318seto014t
写真正面が、これから登る粟島の最高峰(ってほどでもないか)、城ノ山(じょうのやま)です。


070318seto015
香川県三豊市、粟島港に到着です。


070318seto016a
これから始まる城ノ山(222m)へのハイキング。
下から見ると結構距離がありそうだなぁ。
さて、山頂からの瀬戸内海の眺めは・・・?
次回に続きます。。。
 

2007年03月22日 | | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年1月19日

青春の浜辺Ⅱ

070119hamabe

君たちが大人になり、
再びこの砂浜で海を眺めるとき、
辛かった思い出も笑顔で話せる・・・
そんな日がきっと来るだろう。
 

2007年01月19日 | | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年11月24日

冬色の海

061124umi

いつの間にか、冬色へと変わりゆく海。
冷たい風がすり抜けていく・・・。
 

2006年11月24日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月19日

漁港の朝

061119simotsui01

下津井の朝、干し蛸とおじさん。
冷え込んだ晩秋の港にどこか懐かしい空気が漂う・・・。
 

2006年11月19日 | | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年11月11日

ブルーグレーの海

061111_300_01

夕刻、雨上がりの三百山。
ブルーグレーの海と紅葉が秋の深まりを感じさせて・・・

 
午後になってようやく雨も上がり、一時は晴れ間も見えたのですが、夕陽までは顔を見せてくれませんでした。
その代わりに、オレンジ色の空、ハゼノキの紅葉が、冷たい色をした海に彩りを添えてくれていました。

061111_300_02


061111_300_03


061111_300_05

このお天気なので、誰も来られないだろうと思っていたら夢民谷さんが・・・。(笑) 毎年この時期、三百山や鷲羽山、王子が岳では写真のようにハゼノキが紅葉して、海の色と、良いコントラストを作り出してくれます。
お近くの方はぜひ海辺の紅葉を見にいらしてください。(^^)
そうそう、夕方は冷たい風が吹いてずいぶん肌寒くなってきました。防寒対策も忘れずに・・・。明日は回復していいお天気になるといいですね.。

2006年11月11日 | | コメント (19) | トラックバック (1)

2006年10月27日

宝石箱

061027houseki

眩しく輝く朝の瀬戸内海。
波と光が作り出す煌きのアートは、まるで宝石箱・・・。
 

2006年10月27日 | | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年9月26日

浮島現象

0609ukishima
・倉敷市児島から見る瀬戸内海の浮島現象

「ほーら、島が浮かんでるよ、船が上下に見えるよ・・・」

 
ここ数日、わが児島も朝晩はめっきり冷え込んで、朝の海辺では早くもハッキリした「浮き島現象」が見られるようになりました。
浮島現象(浮き島現象)とは、海上の大気と海面の温度差で光線が屈折して見える現象で、肉眼で見ると沖合いの小島や船が浮かんで上下対称に見える現象。下側に見えるのが光が屈折することによって現れる虚像で、ダルマ太陽やアスファルトの逃げ水などと同じく蜃気楼(下位蜃気楼)の一種です。島の多い瀬戸内海では、秋から冬にかけて、よく晴れて冷え込んだ日に見ることができます。

0609ukishima2

【関連記事】
浮島現象と冬の夕景(2008.12.6)
だるま夕日の瞬間 (2008.11.12)
だるま朝日 倉敷市児島編 (2007.3.9)

2006年09月26日 | | コメント (21) | トラックバック (0)

2006年9月17日

台風接近の空と海

060917taifu_sora

9月17日、21:00現在。
台風13号が九州北部から日本海へ抜けようとしています...

 
上の写真は、昨年、三百山で台風が接近中の空と海を撮ったもの。
台風独特の雲が撮りたくて出かけたのですが、まだそれほど風も強くなくて、なんとか三脚を立てることができました。意外と船が多いのは、港に入れない船が停泊しているためです。

最初は嵐の前の静けさという様相でしたが、見る見るうちに速いスピードで流れる低い雲、湿った暖かい風で汗びっしょりになったのを覚えています。

自然現象なので仕方ないとはいえ、台風13号進路にあたる九州北部、山陰地方のみなさま、十分に警戒していただきこれ以上の被害が出ないことを祈っています。
  

2006年09月17日 | | コメント (12) | トラックバック (2)

2006年9月16日

海凪点光

060916_300_1

雲天の瀬戸内海。
柔らかに描き出される光のコントラスト。
 

2006年09月16日 | | コメント (23) | トラックバック (0)

2006年9月10日

瀬戸内の空と海

060909_107_umisora
・EOS20D+AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm ISO100 1/500sec F13

魚眼レンズで見た秋の空と海。
雲にすっぽりと包まれているよう・・・。(笑)
 

2006年09月10日 | | コメント (23) | トラックバック (0)

2006年8月23日

終わらない夏

0608seto_ohashi

真っ黒に日焼けして、海辺ではしゃいだ夏。
いつまでも終わらないで・・・。
 

2006年08月23日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月22日

0608nami1

静かに打ち寄せる波。
目を閉じれば、潮騒が夏の思い出を蘇らせる...
 

2006年08月22日 | | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年8月21日

夏休み2

0608sunahama2

気がつけば、夏休みもあとわずか。
そろそろ宿題やりなさいってば・・・。(笑)
 

2006年08月21日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月15日

海日和

060815umi1

猛暑に耐え切れず、午後から子供たちと近くの砂浜へ。
「おーい、魚おるか~~~?」

 
「おらーん・・・。」(笑)
 
060815umi2

きょうの岡山の最高気温はナント、37.7度
あまりの暑さのため、ほとんど海で泳いでました。(笑)
なので、それほど写真は撮らなかったのですが、きょうのスナップは、おなじみのオリンパスμ(ミュー)720SWで撮影。
水陸両用デジカメはこういう時に助かります。

【過去記事より】
水中デジカメμ720SW買いました!
μ720SW水中撮影テストin浦富海岸
μ720SWで水中写真(四万十川編)

オリンパス μ720SWは水中3m防水、高さ1.5mからの耐衝撃落下性があるのですが、さらに海辺の岩や砂などによる傷から守るために専用のシリコンジャケットも発売されているようです。

060815umi3
というわけで、いつの間にか夕方に・・・。(汗)
帰り際に水面ギリギリからの瀬戸大橋など。
 

2006年08月15日 | | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年8月10日

真夏の夕陽

0608_300yuhi1

真夏の夕陽。
雲を浮かび上がらせながら、ほら沈んでくよ・・・。
 

2006年08月10日 | | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年8月 9日

夏休み

0608sunahama

夏休み、砂浜、ビーチサンダル。
こんなとこにも性格出るのかな・・・。(笑)

 

2006年08月09日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月 2日

夏の夕焼けショー

0607_300yukei01

何気ない夏の夕陽。
でも、この日は1時間前から、日没方向へ成長しながら伸びる写真右側の雲が気になって・・・

 
0607_300yukei02
ほぼ予想通り、いい位置に雲が・・・。ここで先日から書き込みいただいているフーさん登場。(笑)
さぁ、夏の三百山、夕焼けショーのはじまり、はじまり~!
 
 
0607_300yukei03
夕焼けショーのピークは日没15分後。
こんなに鮮やかに、かつ立体的に!
 
 
0607_300yukei04
三百山の北側もすごいことになってました・・・。(笑)
その横には、モクモクとオレンジの積乱雲も・・・。


0607_300yukei05
フィナーレは茜色の海と空。
海と空と島々が溶け合う時・・・。
 

0607_300yukei06
少し目をずらせば、月がぽっかり浮かんで・・・。
 
この日はギャラリーは少なかったけど・・・ 
「やっぱり空を見てたら気になって・・・」というフーさんも、ファインダーとプレビューを見比べながら満足げな表情。(^^)
途中から駆けつけた、「ここは初めて」という地元の若いお嬢様ペアもしきりにシャッター切られていました。見てるかな?(笑)
実際は目で見る方が絶対いいと思うのですが、みなさんにも写真で少しくらいはお伝えできましたでしょうか?(^^ゞ
  

2006年08月02日 | | コメント (19) | トラックバック (2)

2006年7月19日

ホエールウォッチング@高知

060716whale01

地球最大の生物、クジラ。
今回は土佐の海のニタリクジラに逢いたくて、高知県黒潮町で久しぶりにホエールウォッチング・・・

 
入野海岸で幻日を撮影したあとは、ホエールウォッチングの船に乗るため、車で少し移動して上川口港(黒潮町・旧大方町)へ。
午前8時に出港した船は12名乗りの小型漁船。
さすがに太平洋、沖に出ると波が思ったより高くて2.5~3mほどのうねり。けれど晴れているせいか海の色も真っ青で気持ちいい~。
以前、僕がここに来て初めてクジラを見たのは、まだ日本でホエールウォッチングが始まったばかりの頃。それから十数年・・・果たして、きょうはニタリクジラに逢えるのか・・・?


060716whale_s
・黒潮の海を沖合いへ 
 
40分ほど沖合いに走ったところで船長の声が・・・。
「あっちだー!」
 
「ブロー」といういわゆる潮吹きを見つけて船が移動。すると仲間のホエールウォッチング漁船が数隻、どこからともなく集まってきてエンジンを止めてゆっくりとクジラに接近。次の瞬間、クジラは背びれを見せて深く潜るための体勢に・・・。

060716whale02
・ニタリクジラとホエールウォッチング漁船
 
 
ここ高知県黒潮町の沖合いで姿を見ることができるクジラは主にニタリクジラ
ニタリクジラは、ヒゲクジラの仲間、ナガスクジラ科に属する体長12~14m、体重13~14トンの中型クジラ。頭には3本の筋が走っているのが特徴。土佐湾では水深100-200mほどの海域に住み着いていて、動物性プランクトンやマイワシ、サバなどを食べて生活する回遊移動の少ないクジラといわれています。

060716whale_w
・ニタリクジラの鼻、息を吸い込む瞬間(右上)

クジラはいったん深く潜ると次はどこへ顔を出すか分からないのですが、たまたま運良く近くに現れるとこの写真のように呼吸のために開いた鼻(噴気孔)も見ることができます。
 
 
060716whale03
・ニタリクジラの背面

また、背面の体色は黒灰色からスモーキーグレーが中心ですが、中にはこのように褐色を帯びたものもいます。これはクジラの背中にケイソウ類が付着しているそうです。
 
 
060716whale04
・ホエールウォッチングの最中、空にはタンジェントアークが・・・  

というわけで、お昼までの約4時間、ホエールウォッチング漁船は土佐湾をクジラを求めて移動し、数回にわたってニタリクジラの行動を観察するチャンスに出会えました。クジラの行動の中で頭からジャンプする「ブリーチング」も見たかったのですが今回もお預け。(笑)
◆ホエールウォッチングの詳細は・・・
今回お世話になった黒潮町ホエールウォッチングのサイト「クジラに逢える町」 ブログもあります・・・。

次回チャンスがあれば、まだ見たことのないいろんなクジラの行動パターンや、多いときには数百頭というイルカの大群にも逢いたいな・・・。

060716whale05
・さらばニタリクジラ、また逢う日まで・・・
 

2006年07月19日 | | コメント (19) | トラックバック (0)

2006年7月17日

幻日とサーファーを撮る

060716genjitsu_surf
「入野海岸の朝、幻日とサーファーたち」

夏の三連休、今年は高知へ撮影に行ってきました・・・

 
真夜中、児島インターから高速に乗って、高知・須崎東インターで下り、カーブの多い深夜の国道56号を西に走って黒潮町の入野海岸キャンプ場へAM4:10着。
周囲にはキャンパーやサーファーたちの車が夜明けを待っていて、僕もしばらく仮眠することに・・・。(-_-)zzz

朝6時すぎ、朝の眩しい光で目覚めて空を見上げると、太陽にきれいな丸い暈(かさ)、そして両側には見事な幻日が出ていて感動!虹のように色もはっきり見えるー!
おかげでスキッと目が覚めてしまい、気がつけばカメラ片手に砂浜へ歩き出していました。(笑)
ここで幻日についておさらい。
幻日とは、「太陽の光が大気中の氷晶を通過するときに屈折し虹色に光って見える大気光学現象で、あたかも太陽がもうひとつあるかのように見えること。」

折りしも、早朝の海岸にはサーファーたちが次々と海へ向かって繰り出していて幻日と暈にサーファーを入れて撮ってみました。
幻日、暈、そして朝のまばゆい光と太平洋の波が、僕の目にはとても幻想的に映りました。
こういう「気象現象を合わせた風景写真」は僕が日頃からいつも撮りたいと思っている被写体。なかなかチャンスに恵まれることはないけれど今日は幸先よく巡り会えました。

060716genjitsu_l_1
「幻日とサーファーのシルエット」
・Canon EOS20D+EF17-85mm F4-5.6IS USM ISO100 1/640sec F16 この写真が今回いちばんのお気に入り。(笑)

060716genjitsu_r
・反対側には、右幻日も・・・


暈と両側の幻日を入れて空全体を撮るとはこんな感じ。

060716genjitsu

幻日を撮る時、近くに太陽があるので露出のさじ加減がいちばん難しいのですが、上の写真のように太陽を隠した撮り方をするとCCDに入ってくる光量の差が少なくなってカメラ自体の露出の迷いがなくなり、比較的容易に撮れると思います。この時太陽を隠すものは、建物の一部や木、標識などが一般的ですが何もない砂浜では左手の指で代用できます。(笑)
夏の高知の撮影行、まだまだ続きます。お楽しみに・・・。
 

2006年07月17日 | | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年7月15日

角島の海と空

050716_tuno_img

角島に行きたいな・・・。
そういえば、去年は三連休の初日に角島へ行ったっけ・・・。
写真は、角島大橋の近くで最初に撮った角島の海と空。
ああ、このエメラルドグリーンが忘れられない~。
今年もまた、たくさんの人が訪れるんだろうな。
きっと、このブログをご覧のみなさんも・・・。(笑)
 

2006年07月15日 | | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年7月10日

夏へ向かって

0607umi1

少年少女の夏。
眩しい夏の海に向かって・・・。
 

2006年07月10日 | | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年7月 2日

海辺に夏がやってきた

060702umi1

雨予報から一転、晴れわたった瀬戸内に夏の日差し。
用事のついでに近くの浜辺を覗いてみたら・・・

 
060702umi2_1

いやー、もうすっかり夏!!
みんな、梅雨の合い間のひと時を思い思いに楽しんでました。(^^)
 


060702umi3

少し風があったけど瀬戸内にしてはまずまずの透明度!?
んー、海パンとμ720SWを持ってくればよかったかな・・・?(´0`)
 

2006年07月02日 | | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年7月 1日

もうひとつの太陽

0606sunahama
・EOS20D+EF70-200mmF4L USM ISO100 1/640sec F16 EV-0.7

梅雨のさなか、雨が降ったり止んだりの週末。
束の間でも太陽を見るとなんだかホッとしますね・・・。
 

2006年07月01日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月27日

老人と海

060625roujin2

夕暮れの浜辺を散歩するじいさん・・・

 
060625roujin1
実はこのじいさん、首からコンパクトカメラをぶら下げ、犬の散歩ついでに海や空の写真を撮られてます。


060625roujin3
80歳くらい。この浜辺で時々挨拶をする程度ですが、砂浜に座り込み、しばらくの間黙って空を眺めるその後姿に哀愁を感じました。

先日このじいさんを見ていて、そういえば僕が小学生のとき初めて読んだ小説が、ノーベル文学賞を受賞したヘミングウェイの「老人と海」だったことを思い出しました。
釣れない日々の連続、海上での老漁夫とカジキとの孤独な格闘、そして安堵した帰りの舟での新たな闘い・・・。
子供心にまだ見たことのない大海原に好奇心と想像力をかき立てられたのでありました。
 

2006年06月27日 | | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年6月25日

梅雨の谷間の空と海

060625yukei1

きょうは雨で一日中カメラの出番がなかったので、昨日、梅雨の谷間に撮影した瀬戸内海の夕景を・・・。最後に当選発表もあります・・・

 
上の写真からしばらく見ていると、うっすらとした雲が太陽を隠してしまいました。この時、太陽の周囲が虹色に見えたので、露出を絞って撮影すると光環のようなものが写っていました・・・。

060625yukei2
これって光環なのかなぁ・・・


060625yukei3
夕暮れの空と雲は面白かったのですが・・・


060625yukei4
またもや最後は、下の雲に隠れちゃいました。(苦笑)

今週も天気予報を見ると雨マークが続いていますね。次に瀬戸内の夕陽が見れるのはいつなのかなぁ・・・。

【業務連絡】
先日の「現代農業7月号プレゼント」は厳正に抽選の結果・・・

・森のどんぐり屋さん
・kamomeさん
・kezoさん

の3名様が当選されました!!
おめでとうございます~~~♪
お手数ですがメールで送付先(郵便番号、ご住所、お名前)をお知らせくださいね!

今回、残念ながら当たらなかった方、ゴメンなさいです。m(_ _)m
また次のチャンスを狙ってくださいネ・・・!
 

2006年06月25日 | | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年6月14日

澎湖島-吉貝島

060608jibei001
「旅の果て-サンゴのかけら」 澎湖島、吉貝島にて

出発前、台湾のきれいな海って一体どこなんだろう?と本屋でガイドを見るも、まともに載っている本がなく、ネットでいろいろ調べるうちにたどり着いたのが、台湾の離島・澎湖島(ほうことう・ポンフータオ)。【澎湖島への地図はこちら
澎湖島といっても全部で64の島々からなる群島で、中でも吉貝島(チーベイタオ)という島の碧い海と白く伸びた砂浜の写真に思わず僕の目が釘付けになった。

「行ってみたい・・・」

 
台湾滞在4日目、自由行動日。
ようやく澎湖島へ行くチャンスが巡ってきた。しかし、折りしも台湾は梅雨前線の真っ只中・・・。(T^T) 
朝5:00起床。ホテルの窓から外を見ると小雨が降っていて、迷いに迷ったけれど思い切って出発することにした。

060608jibei003 060608jibei004
吉貝島への道程は遠い。
台北・松山空港(国内線用空港)へ着くと、運良く澎湖島の中心、馬公(マーコン)行き6:40発の始発便のチケットが取れた。台湾ではチケット購入および搭乗の際には身分証明書が必要なので注意。


060608jibei006 060608jibei007
(左)離陸直後に思いも寄らぬうれしいプレゼントが・・・!
空から見る虹は僕も初めてで感動~!!慌ててμ720SWをバッグから取り出したけれど、前日にISOを400に設定していたのと飛行機の窓ガラスが思いのほか汚れていてこんな写真しか・・・。(T^T)
(右)約50分のフライトで馬公空港に到着。


060608jibei008 060608jibei009
(左)馬公空港から白沙島の北海遊客服務中心(インフォメーションセンター)へ。白沙(パイサー)島へは橋が架かっていて車で渡れるのでタクシーを利用することに・・・。台湾での移動はタクシーが安くて便利だが田舎に行くと料金メーターを外しているタクシーも多いので、最初に行き先を告げて料金を確認してから乗った方がよい。(僕の場合は日本円で約900円。)
(右)港から吉貝島へは船で向かう。9:00の便は14人定員の小さな船だった。


060608jibei010 060608jibei011
(左)小型の割りに、かなりぶっ飛ばすので乗り心地はよくない。船内は満員で若者の姿が多かった。
(右)約15分でようやく吉貝島の港、吉貝遊客服務中心へ到着。


060608jibei013 060608jibei014
(左)ここから砂浜までどうやって行けばいいのかと案内係の女性に聞くとバイクで行きなさいという。(汗) 言うとおりにバイクを借りるが、免許も見せることなく戻りの時間を聞かれただけ・・・。料金は日本円で720円(ガソリン代込み)。
(右)目指すは「吉貝沙尾」。約3kmほどの道のりをのんびりバイクで走ると、そこにはこんな海の風景が僕を待っていた・・・・・。


060608jibei015
・曇り空にもかかわらず透明なエメラルドグリーンの海!


060608jibei016
・あいにく強風で波が高く泳いでいる人は少なかった


060608jibei017
・吉貝沙尾の先端付近に立つ旗


060608jibei018
・朽ち果てたシャワー室から見る海


060608jibei020
・アジサシの仲間が元気にさえずっていた・・・
(追記)ジョンさんに「エリグロアジサシ」と教えていただきました。感謝ー♪

台北から飛行機、車、船、バイクを乗り継いでたどり着いた辺境の島・吉貝島。次回ももう少し続きます・・・。(汗)
 

2006年06月14日 | | コメント (22) | トラックバック (1)

2006年5月24日

初夏の海

0605sunahama
「戯れ・・・」
・EOS20D+EF70-200mm F4L ISO100 1/640sec F16 EV-0.3

初夏の海辺。
波打ち際の二人を見てると、そろそろ海が恋しくなってきませんか?
 

2006年05月24日 | | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年5月13日

鳥取砂丘を撮る

0605sakyu
・鳥取砂丘の風紋

先日の浦富海岸のついでに鳥取砂丘へ寄りました。
お恥ずかしながら、僕は鳥取砂丘に来るのが今回初めて・・・。(^^ゞ
沖合いに小さな島があったのも今回初めて知りました。
かねてから、砂丘の風紋を撮ってみたいと思ってたんですが、さすがにGW、人が多かったです。上の写真は、人の少ない場所を選び、タイミングを見計らってなんとか撮影。(笑)

こういう人がいない砂丘の風景もいいのですが、やっぱり少し点景というかスパイスを効かせたくなるわけで・・・。(^^;

まずは、カップル編・・・(笑)

0605sakyu03
ま、これは、フツーですね。


0605sakyu04
おっと、こちらは女性が後ろから・・・。(笑)


0605sakyu05
こちらは、二人仲良く・・・。(^^)

そっかー、
砂丘には風の模様だけでなくいろんな人間模様もあるのか・・・。

恐るべし、鳥取砂丘・・・。(笑)

「砂丘とわんこ」
0605sakyu02
望遠で撮るもよし・・・


「海を見る少年」
0605sakyu01
広角で撮るもよし・・・

短時間でしたがなかなか楽しめましたよ!
次回は、真剣に朝日や夕陽を撮ってみたいな・・・。(^^)
 

2006年05月13日 | | コメント (20) | トラックバック (4)

2006年5月 9日

μ720SW水中撮影テスト

060506umi1

先日お伝えしたオリンパスμ720SWの水中撮影テストをやってきました。
ここは、鳥取県・浦富海岸。日本海でも透明度の高い海。
天気は薄曇りですが何とか日が差してくれています。
さーて、気になるμ720SWの水中での性能は・・・??

この日、μ720SWの水中デビューのために、GWを利用して日本海までやってきました。きょうは、みなさんお待ちかね(?)のμ720SWのレビュー&水中実写画像を・・・。

カメラをそのまんま水の中に入れるなんて初体験。しかもいきなり海の中なんて・・・。ワクワク、ドキドキ、それ以上に内心ヒヤヒヤです。
でも、ここまで来た以上はやらねば帰れません。(笑)
えーい、思い切って、「ダ~イブ~~~!!」

060506umi2

今回、膝まくりをして手を海中に入れた状態で、水深10-50cm付近を撮影しています。素潜りではありませんのであしからず・・・。(笑)
以下、μ720SWの水中実写画像です。
できるだけ正確にお伝えするために、サイズ変更(copyright文字)以外の修正は一切行っていません。(クリックで600×400ピクセル)


「μ720SWサンプル画像1(プログラム)」
060506umi3
まずは、海中の「砂」です。(笑) 通常撮影と同じプログラムモードで普通にシャッターを押しただけなので、ピントは中央付近にきています。(^^;

「μ720SWサンプル画像2(水中マクロモード)」
060506umi4
浅い場所でイソギンチャクを発見したのでシーンモードの中から「水中マクロ」を選び、シャッターを切りました。
ところが、自動でフラッシュが光ってしまい、なんだかわからない写真に・・・。この後、何度かチャレンジしたのですが水の動きがあるため、ピントがなかなか合わなくてうまいきませんでした。

「μ720SWサンプル画像3(プログラム)」
060506umi5
気を取り直して、プログラムモードに戻し、「岩場の貝(岩ガキの殻?)」を何枚か広角側(38mm)で撮影。まずまずです。写真に写る大きさの魚がいなかったのが少し残念でしたが・・・。(苦笑)

「μ720SWサンプル画像4(プログラム)」
060506umi6
・μ720SW プログラムAE ISO64 1/250sec F4 WBオート
その後、何も考えずに撮ったのが、今回の中ではキレイに写っていました。(笑) 続けて何枚か撮りましたがこれと同じようにアオサの緑も、水の青さもいい感じで撮れてました♪(^○^)
この後、雲が多くなって日が陰ってきたこともあり、とりあえず今回のテストは約30分で終了。


060506umi7
↑お疲れ様でした・・・の図。(笑)
いかがでしたでしょうか?
個人的には水中での写り、色は思った以上で合格点。
これなら夏の海水浴やプールで使えるカメラといえそうです。

【μ720SWの価格・メーカーサイト】
・オリンパスμ720SWの製品紹介サイト
New!!・最新後継機種 オリンパスμ770SW(10m防水)製品紹介サイト オリンパスμ770SWの価格情報

以上、鳥取県・浦富海岸でのμ720SW 初ダイブレポート+水中実写画像でした。
 

2006年05月09日 | | コメント (18) | トラックバック (2)

2006年5月 4日

水中デジカメ μ720SW買いました!

060504m720sw

先週、水中デジカメ オリンパス μ720SWを買いました。(^^;
砂浜にアクアブルーがなかなかいい感じでしょ?(笑)
↓お知らせがあります、続きもご覧になってくださいね・・・・・

僕の場合、ほとんどが海に行って撮影することが多いので、一昨年あたりから海辺で気軽に使える防水デジカメが欲しかったのですが、今年こそ夏が来る前に・・・と先週、このオリンパス μ(ミュー)720SWをネットで注文しました。(ちなみに注文後2日で届きました。)

オリンパス μ720SWの主な特長は、
水中3m防水(もちろんハウジングやプロテクタなしで・・・)
1.5m耐落下構造
防塵設計(砂浜でも大丈夫!)
710万画素の高画質CCD
・新開発高解像度レンズ
・Olympus 新開発エンジン「トゥルーピックターボ※」搭載
※自然な色再現+高度なノイズ処理と輪郭くっきり+高解像度処理

など、3万円台後半のお遊びカメラとしては十分納得できるスペック。
夏に向けて海や川、プールでの水遊びやシュノーケリング、あ、梅雨の雨の中でも使えるかな・・・?(笑)
もし、これをご覧のみなさまで購入された(あるいは購入予定の)方がいらしたら教えてくださいね。(^^;

(追記 2008.4)
→→→右のサイドバーに最新機種オリンパスμ1030SWを載せていますのでご参考までに・・・

060504m720sw2
・手のひらにすっぽり収まるくらい小さいです・・・
(追記)GWに水中テストを行いました。(^^;
μ720SWの水中撮影テストin浦富海岸
(さらに追記)夏の四万十川で・・・
μ720SWで水中写真(四万十川編)

【以下、業務連絡です・・・】
さて、きょうはお知らせが2つあります。
まず、左サイドバーに「ブログ内検索」をつけました。
以前から、ココログでサイト内検索機能がないのは不満でしたが、偶然、ネットでスクリプトを提供されている方がいらっしゃいましたので、DLさせていただき簡単に設置することができました。
試しに、テキストボックスに三百山 瀬戸大橋 角島など見たい記事のキーワードを入れてみてください。タイトルと本文から検索します。最初は少し待ち時間がありますが、同じウィンドウを使った2回目以降はめちゃめちゃ高速です。

もうひとつのお知らせは、明日から日曜日までブログの更新を休ませていただこうと思います。
GWなのでブログも少しお休み・・・ってことと、せっかくなので少しふらっと出かけてみたいなーと・・・。
といってもそれほど遠出じゃありませんが・・・。(笑)
天気が良ければ最初にご紹介したμ720SWの水中テストも試してみたいと思ってます。
というわけで、コメントへのレス、掲示板へのレスが少し遅れますがお許し下さい。m(_ _)m
みなさんもGW後半、目いっぱい楽しんでくださいね!!
 

2006年05月04日 | | コメント (27) | トラックバック (3)

2006年5月 1日

夕陽の浜辺で・・・

060501tengusa

昨日の夕陽です。
日中は春霞と黄砂で瀬戸内も白く霞んでいましたが、日没の時間にはオレンジ色に染まってまずまずでした。

先日、下津井のわかめ採りを紹介しましたが、このシルエットの男性が採っているものは「テングサ」です。赤褐色をした海藻で、みなさんよくご存知の「トコロテン」の原料になりますね。近年食べることも少なくなっていたのですが、マスコミの影響で食物繊維が豊富で肌がつるつるになるとかダイエット効果があると言われ、最近は女性の方々の健康食として再び注目を浴びています。歴史をさかのぼれば、トコロテンは平安時代から食べられている記録があるそうです。また江戸時代に冬の屋外に捨てたトコロテンが、数日後白く乾燥し、これを煮たところ、トコロテン自体の臭みが消え透明の固まりになった・・・これが寒天の始まりと言われています。

昨日は干潮の時間に、たくさんのテングサ採りの人たちがこの浜辺にやってきていました。採ったテングサは真水でさらして干せば色が抜けて、生成り色の干しテングサのできあがり。春の終わりの瀬戸内の海辺の風景です。
さて、早いもので、きょうから5月。そういえば、俳句の世界では「てんぐさ」はの季語だそうで、今年もまた暑い夏がやってきますね。
(追記:今日の岡山の最高気温は29度だったとか・・・ふ~(ーoー;;))
 

2006年05月01日 | | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年4月25日

エメラルドグリーンの海

0604emerald

エメラルドグリーンの海・・・。
とまではいきませんが(笑)前回のハマダイコンとワカメ採りの砂浜を別の日に上から見るとこんな感じ。瀬戸内の海も穏やかで澄んでいる日はまずまずの透明感があります。

そーいえば、もうすぐGW。
みなさんも体調に気をつけて今週いっぱいがんばってください。
最近レスが遅れ気味になっていますがお許し下さいませ。m(_ _)m
 

2006年04月25日 | | コメント (15) | トラックバック (1)

2006年4月23日

春の海からの贈り物

060423sunahama0

ある海が荒れた日の夕暮れ。
ハマダイコンの咲き乱れる砂浜に初老の男性が一人。
何をいているのかといえば・・・

060423sunahama1
かなり長い竿とバケツを持って広い砂浜を歩いていますが、釣り人ではありません。

060423sunahama2
立ち止まったかと思うと、波打ち際で竿を海につけはじめました。

060423sunahama3
もうおわかりですね。
彼は竿を使って打ち寄せられたワカメを採っていたんです。この時期、海が荒れると僕も砂浜に行ってワカメをお持ち帰りすることがありますが(笑)、こうして長い竿先に巻きつけると岩に引っかかっているワカメも海に入らず採ることができますね。

ここ児島・下津井は瀬戸内海では有名な美味しいワカメの産地。一般的に潮流が速いところで育ったワカメは味が良いと言われます。特に春先の「下津井わかめ」は絶品。今年は水温が低くて、少しワカメの生育が遅れていましたが、やっぱり肉厚で軟らかい下津井わかめは食感がたまりません。(≧▽≦)

060423wakame
・春の風物詩 下津井わかめ干しの風景

あー、食べ物の話をしたらちょっとお腹が空いてきました。(笑)
 

2006年04月23日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年4月22日

夕陽とアオサギ

060422aosagi

夕陽、引き潮、オレンジ色に染まる海。
じっと動かないアオサギ君をシルエットに・・・。

風景を撮るとき、構図の中に何か「点景」があれば多少なりとも絵が引き締まります。欲を言えば、動きや動作(この写真の場合だと、沖に小舟が横切る、あるいはアオサギが飛ぶなど)が加われば、さらに「想像力」をかき立てるのですが・・・。
こんな感じ・・・
いつもそううまくはいきませんね。(^_^;)
きょうは一日、小雨と曇り空。
明日の瀬戸内はきれいな夕陽が見られるといいね・・・。
 

2006年04月22日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月16日

瀬戸内海と最後の桜

060416ouji3

王子が岳から見る瀬戸内海のパノラマと桜。
きょうは、朝早く起きて光の状態がいい午前7時半頃に順光で狙ってみました。王子が岳の桜はすでに散り始めてましたが、朝日にほんのり染まった桜と久々の蒼い海が綺麗でした。

060416ouji2


060416ouji1

この贅沢な組合せ、今年はきょうが最初で最後。桜の開花が遅れた上に、雨と曇り続きでこの風景が見れないと思っていただけに晴れてくれてよかったです。<(^-^;)
  

2006年04月16日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月 4日

癒しの時間

060404sunset

僕にとっての癒しの時間・・・。

海辺に車を停め、窓から夕陽を眺める時間。
過ぎ行く時間の流れが幾分ゆるやかに感じられるのは
日が少しずつ長くなっていってるせいかな・・・。

今、ちょっと仕事が立て込んでいてお疲れモードです。
その上、お恥ずかしながら昨夜から風邪っぽいような・・・。(-_-;)
 

2006年04月04日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月30日

瀬戸内島模様

0603shima

暮れなずむ瀬戸内海。
重なる島々と半島の間にオレンジ色の光を落として・・・。
そういえば、久しぶりの夕景写真だなぁ・・・。(^^;
 

2006年03月30日 | | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年3月28日

白い夕日が沈む海

060328whsun

きょうの瀬戸内地方は、朝の好天がウソのように、午後からは台風並みの強風が吹き荒れ、時折みぞれが混じるというおかしな天気。久しぶりに仕事を早く切り上げることができたので浜辺に行ってみたけど、寒くて、おまけにものすごい強風で吹き飛ばされそう・・・。

空を見ると頭上から東側は雲もない晴天。
なのに西の空には強風の中、雲が薄く広がっていてそこへ沈んでいく太陽はいつもとは様子が違っていた。
夕日の高度がかなり下がっても、黄砂の影響で全然赤くならないのだ。
まるで、少しクリーム色がかった「白い夕日」。

写真では、カメラの露出をややアンダーにして撮影しているので、実際に見るより黄色く写っているけど、撮影していると、太陽を撮っているのに、なぜか月を撮っているような錯覚にとらわれるほど。
黄砂、恐るべし・・・。
不思議な海の夕景はこのまま続いて白い夕日のまま雲に隠れていった。
 

2006年03月28日 | | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年3月23日

瀬戸大橋とカモメたち

060321_01

昨日と同じく、春分の日の下津井港。
曇ってきたので、またもやカモメと戯れてしまいました。(^^ゞ
先月までたくさんいたユリカモメの姿はもう見えなくなっていて、大半がセグロカモメ。
お約束(笑)ですが、瀬戸大橋と合わせてみました。

060321_02
・上の方・・・

060321_03
・真ん中・・・

060321_04
・下の方にも・・・

060321_05
・3羽くらいならいいけど・・・

060321_06
・どれにピントあわせればいいの?(笑)

060321_07
・横向きバージョンも・・・
嘴の下の赤い斑点、薄いグレーの羽がセグロカモメの特徴です。
 

2006年03月23日 | | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年3月22日

大空高く・・・

060321m_kamome

昨日、春分の日の朝日です。
なかなか太陽が顔を出さなかったのですが、ようやく朝日が出て、周辺が明るくなった瞬間カモメを追いながら縦位置でシャッターを切ってみました。
大空高く舞うカモメの姿は、僕の大好きな被写体です。(^^ゞ
 

2006年03月22日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月 7日

瀬戸内の春

060307ume1

瀬戸内の海沿いも、ようやく梅が7分咲きになっていました。
すぐそばではウグイスの鳴く声も・・・。夕暮れ時、潮風の匂いと梅の香りに包まれながらシャッターを・・・。(笑)
 

2006年03月07日 | | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年3月 4日

通生浜でサンセット

060304sunset1

きょうは昨日と違って、暖かく穏やかな夕暮れでした。
雲がないので沈む間際の夕陽をクローズアップ・・・。
周囲は暗くなってしまいますが太陽の色を出すには仕方ありません・・・。

さて、話は変わりますが・・・
先日から取材していただいた「くらしき百景」。
いよいよ明日3月5日(日)、山陽新聞(倉敷版)「くらしき百景」に、三百山の記事が掲載予定です。総社版、岡山版にも白黒で掲載されると思います。
岡山県南にお住まいの方、よろしければご覧下さい。(^^ゞ
ご覧になれない方は、翌6日(月)に山陽新聞ホームページ倉敷百景に同じ記事がアップされると思いますのでそちらを・・・。

それから、明日は外来植物シンポジウムが倉敷市立美術館講堂にて10:00-16:30まで開かれます。貴重な写真とお話の数々・・・。
しかも入場無料!! さらに、こばしさんデザインの素敵な「外来植物下敷きシート」のプレゼントもあるとか・・・!
もちろん僕も行かせていただく予定です。
こちらもお近くの方はよろしくお願いしますネ!(^_-)-☆
 

2006年03月04日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年3月 3日

幻想的な太陽柱

「ふー、なんとか間に合った・・・」
海を見下ろす高台で、眼前の夕陽と太陽柱サンピラー)を見て
安堵した・・・。(; ̄o ̄;

060303sunp1

以下、ここにたどり着くまでの道程。(笑)
17:10 国道53号、建部町を南下中、フロントガラスに見えた空・・・。
晴れているのに、にわかに空を覆いつくす黒くて大きな雪雲、その周囲に白く広がる氷の雲。
これは・・・・・!!!(予感!)

うーん、この時間じゃきっと間に合わないな・・・。(-_-;)
それでも自分の予感だけを頼りに、
17:35 岡山インターから迷わず高速に乗る。
途中、雲の上に明るい太陽柱が何度も見え隠れする。(>_<)
撮りたい欲望をおさえてハンドルを握る。(T^T)
でも、間に合うのか・・・・・?
17:50 粒江PA付近。
右手にオレンジの太陽柱、上空の暗い雪雲から霰が舞う・・・わぁー幻想的~!
17:56 児島インター着。
(三百山は間に合わないな・・・)
17:59 せとうち児島ホテル着。

060303sunp2

夕陽と太陽柱、そして幻想的な空と海!
滑り込みセーフ・・・。(汗)
写真は写せる範囲が限られてるし、言葉では上手く表現できないけれど、上空が真っ暗だったせいか海の向こうに見える細い空の夕陽と太陽柱がまるで劇場のハイビジョンのようでした。(写真2枚目参照)

ちなみに、きょうの下津井の日の入りは18:01。
夕陽と太陽柱が見れたのはわずか2分・・・。
太陽柱はずいぶん薄くなってたけど満足・・・。\(^○^)/
確か、太陽柱ではないけど以前にも同じようなことがあったなぁ・・・。

060303sunp3

日没後の瀬戸大橋。
空の明暗が面白いコントラストになっていました・・・。
  
【昨年の太陽柱の写真】
太陽柱のプレゼント (2005.12.24)
卵形の太陽柱 (2005.12.30)
 

2006年03月03日 | | コメント (16) | トラックバック (1)

2006年3月 1日

海猫日和

060301neko


060301neko1


060301neko2

きょうから3月。
海辺も春めいてくる季節ですねー。
ネコたちも陽気に誘われて・・・。(笑)
 

2006年03月01日 | | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年2月17日

光と海のステージ

060217light


060217light1


060217light2


060217light3

海のステージに描かれる光のドラマ。
これぞ、三百山の夕景。
時間とともに移り行く
この瀬戸内の風景に魅せられて・・・。
  

2006年02月17日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年2月16日

ホトケノザと海

060216hotoke

三百山の海を見下ろす斜面にホトケノザが咲き始めた。
ホトケノザは道端や空き地などどこにでもある花ですが、海をバックに撮るとまた違った趣があります。
毎年、同じ場所で同じ組合せの写真を撮ってますが、このカットを撮ると瀬戸内の春はもうすぐだな・・・と感じますね。(^^)
 

2006年02月16日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年2月15日

三百山にて

060215_300_1

前回の雪の写真からわずか30分後。
見事に晴れ渡ってこんな青い海に・・・。
季節感を出すために白い枯れ枝を入れてみましたが、海のブルーも引き立ちますね。(^^ゞ

三百山から見る瀬戸内海と島々。
いつもここからの夕日ばかり紹介しているせいか、なんだか真昼間の青い海が新鮮?
うん、自分でもそう思う・・・。(笑)

三百山の写真はこちらたくさんありますのでご覧下さい。
・カテゴリー三百山の写真

【三百山への地図】
三百山


 

2006年02月15日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月12日

粉雪舞う瀬戸内海

060212snow1

きょうの瀬戸内は、昼前から粉雪が舞いました。
でも体感的にはそれほど寒さを感じなかったです。
そろそろ春が近づいているのかな・・・。
少し地味ですが、モノクロームの海を・・・。(笑)

060212snow2


060212snow3
 

2006年02月12日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年2月11日

月夜の錦海湾

060211moon

今夜の錦海湾。
月光に照らされたカキ筏の海を撮りたくて・・・。
 

2006年02月11日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年1月28日

王子が岳からの夕日

01

きょうの瀬戸内地方は久しぶりに一日穏やかな天気。
昼過ぎに家を出て渋川海岸に少し寄り、15時過ぎから王子が岳に登ると、そこにはまるで春のような、淡く光る瀬戸内海が広がってました。風はほとんどなかったけれどパラグライダーも飛んでましたよ。
一人で退屈だったので、mosyupaさんに携帯メール。(笑)
久しぶりに写真話をしながら楽しく夕日を撮影しました。(^○^)

060128ouji_yuhi2

この時、少し上の方が変形して見えました。(笑)


060128ouji_yuhi3

やっぱり瀬戸大橋を入れて・・・。(笑) もう少し右の位置に沈んで欲しかったのですが少し早かったですね。(^^ゞ

最後に、昨日は瀬戸大橋フォトコンテストの記事にたくさんのお祝いの言葉ありがとうございました。そういえば、きょうでこのブログもちょうど2周年。当時は誰に言ってもブログって何?状態だったのが懐かしく感じられます。あらためていつもご覧いただいているみなさんお一人お一人に感謝ですー♪
今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m
 

2006年01月28日 | | コメント (11) | トラックバック (2)

2006年1月26日

君と見た海・・・

060126futari
・EOS20D+EF70-200mm F4L USM ISO100 1/500sec F8

誰かと一緒に見た海の風景」。
心に残っていませんか?

・・・

遠い記憶の中から浮かんだ方もいるかもね。(笑)
 

2006年01月26日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月28日

広角レンズで残照を撮る

051228zansho1

・EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM ISO400 1/13sec F4
 (焦点距離 17mm ※35mm換算→27.2mm)

 

051228zansho2

・EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM ISO400 1/15sec F3.5
 (焦点距離 10mm ※35mm換算→16mm)


先日、会社の同僚に超広角ズーム EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMを無理やり借り(汗)、20Dに付けて試しに撮ってみました。やっぱりこのレンズの特長を引き出すものも撮ってみたいので、もうしばらく貸してもらおかな・・・?(笑)
 

2005年12月28日 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月17日

冬の雲を映して・・・

051217reflect
(クリックで600×400ピクセル)
冬の瀬戸内海の典型的な風景。
この風景が見たくて、何度ここへ足を運んだだろう・・・。

きょうも山頂には、風速20mを超える風がピューピューと音をたてて吹きつけ、そこに立っていることさえままならない。
けれど・・・こんな冬型の天気だからこそ見ることができる風景がここにある。
少し傾いた太陽が流れ行く雲の影を海に映し、刻一刻とその表情を変えていく・・・。
瀬戸大橋や島々、そして通り過ぎる船がシルエットになりモノクロームの世界を作り出す。
ずっと見ていても飽きない大好きな風景・・・。
でも、きょうはこの冬一番の寒波でちょっと寒すぎたかな・・・。(笑)
 

2005年12月17日 | | コメント (18) | トラックバック (1)

2005年12月14日

光のステージ

051214light1

きょうの写真は説明入りませんよね。(笑)
 

2005年12月14日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月11日

パラグライダーと鳥の視線

051211para1

瀬戸内海でのパラグライダーについては、以前にもご紹介したことがありますが、上の写真は先日、王子が岳山頂から撮影したもの。
鳥の視線で、眼下に輝く瀬戸内海と島々を眺めながらの空中散歩は、いや~ホントいつ見ても気持ち良さそう。でも、やはり余程の訓練とテクニック、それに風や気流を読むという技術も必要・・・というわけで、僕の方は今のところ羨望の眼差しでファインダーを覗いているに過ぎないのですが・・・。

パラグライダーといえば、昨夜はNHKスペシャル『新シルクロード』の「赤い翼 ~シルクロードを飛ぶ~」の美しいハイビジョン映像(うちはハイビジョンじゃないけど・・・汗)に釘付けでした。モーターパラグライダー飛行撮影家 矢野健夫さんが、「砂の海」 タクラマカン砂漠でのローパス(低空飛行)撮影、標高3200m中国最大の塩水湖、青海湖と菜の花畑、チベット高地でのフライト&撮影に挑戦するというものでしたが、まるで鳥になったかのような臨場感あふれる映像と今までに見たこともない原色の風景に息をのみました。

「はぁー、いつか空を飛べたらなぁ・・・・・。」

あ、思い出しました!
そういえば遥か遠い昔に、鳥の視線で撮影した記憶が・・・。

・・・・・ありました!!!

051211para_saroma

今から20年近く前(年がバレる・笑)の冬に北海道・サロマ湖でクロスカントリースキーやスノーモービルのインストラクターをしていた頃フィルム一眼レフで撮った空撮写真。パラセーリングなので、ロープをつけてですが足は当然浮いています。 このとき、上空約30~40mから見た氷結したサロマ湖やオホーツク海の流氷は、まるでオジロワシになったかのようで実に気持ち良かったです。(^^)

「うーん、また空を飛びたくなってきました・・・・・。(汗)」
 

2005年12月11日 | | コメント (15) | トラックバック (1)

2005年12月 3日

ウィンドサーフィン

051203wind

ウィンドサーフィン
普通なら夏のイメージかもしれませんが、穏やかな瀬戸内海では冬のイメージ。といってもそれほど波風はないんですが・・・。(苦笑)
それでも写真を撮る分には、キラキラと輝く海でいいアクセントになってくれます。
 

2005年12月03日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月27日

三百山夕景

051127yuhi1

きょうは曇り空の瀬戸内でしたが、夕方日が差したので三百山へ。
思ったより風が強く冷たかったです。
夕日は雲に隠れたり霞んだり・・・あまりパッとしませんでした。

051127yuukei

下津井三百山から六口島方面の夕景です。
 

2005年11月27日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月24日

ウミネコとユリカモメ

051124kamome1

瀬戸大橋の近く、下津井漁港では冬の海鳥たちがたくさん渡ってきてます。中でもこの時期いちばん多いのがウミネコ
ウミネコの特徴は、嘴が黄色で先端付近が黒く口先は赤。足は黄色。特に飛行中の姿をよく見ると、尾羽に黒い部分があるのですぐに他のカモメと区別がつきます。
 
051124kamome4

ユリカモメの特徴は今年の2月に撮影した「海鳥たち」の写真をご覧いただければわかると思います。嘴が赤、足もきれいな赤色をしています。
どう見ても、ユリカモメの方がかわいくて愛嬌がありますね。

051124kamome2

051124kamome3
 

2005年11月24日 | | コメント (12) | トラックバック (1)

2005年11月21日

干しダコの風景

051121hosidako2

きょうは干しダコの風景をスナップで・・・。
わがまち児島、下津井漁港周辺では初冬の風物詩、干しダコ(干しだこ)作りが早くも最盛期を迎えようとしてます。
瀬戸大橋をバックに竹で広げられた下津井名物のマダコが潮風にゆらゆら揺れる風景・・・。何とも港町らしく、季節感と風情を感じさせてくれます。
僕もこのシーンを毎年この時期、写真に収めてきました。今年は晴天続きで収獲もまずまず、昨年同様たくさんの干しダコが見られます。

051121hosidako4 051121hosidako6
・瀬戸大橋をバックに・・・。      ・港の片隅で・・・。

ここで、みなさん、マダコの寿命をご存知でしょうか?
マダコの寿命は通常1年~1年半と意外に短命。でもこの間、下津井ダコは大きなもので約3キロにもなり、これだけでも下津井周辺の瀬戸内海がいかにタコの生育条件に適しているかよくわかります。
また美味しいタコといえば、関西では明石が有名。明石も下津井も潮の流れが速く、そのせいで太くがっしりした足になり歯ごたえと甘みが増すといわれてます。
ところが、明石では干しダコの最盛期が夏であるのに対して、下津井では冬。これは明石が産卵期を迎える前のタコを干してお盆に向け京阪神地区へ出荷するのに対し、下津井では冬の気温差を利用してより旨みを凝縮した大きな干しダコを正月に向けて出荷しているためだと思われます。

051121hosidako8

さて気になる干しダコのお値段ですが、タコ漁をしている漁師さんにこっそり聞いてみました。するとナント卸値で6~7千円とか。当然、店舗では1万円~1万5千円くらいに・・・。ちょっと手が出ませんねー。(笑)

051121hosidako5
・西日が傾く頃、干しダコが影を伸ばして・・・。

051121hosidako3
・漁師さんたちの手袋と並んで・・・(笑)

051121hosidako1
・たくさんの干しだこがゆらゆらと・・・。

2007年の干しダコはこちらへ
 

2005年11月21日 | | コメント (19) | トラックバック (2)

2005年11月20日

幻日と海

051120genjitu

きょうは午後から海沿いを歩きながら写真を撮って、夕方は久しぶりに下津井三百山へ。
着いてしばらくすると太陽の左側にうっすらと小さな「幻日」が・・・。
幻日とは、「大気中にある六角形の氷晶が、プリズムの役割を果たし太陽光を屈折(反射)させる現象。高度は太陽と同じ高さで、太陽の左右22度の位置に見える。」
もっと条件が良ければ左右に光って見えるのですが、夕日の時間に見える幻日はたいていこんなふうに短い虹のようなもの。→こちらに明るい幻日の写真があります。
他のカメラマンの方々は気づいておられなかったけれど、僕は夕日より幻日が気になって一人違う方向に向いて撮ってました。(笑)

051120yuhi1


051120yuhi2

すると、そこへ山猫さんもやってきて話をしながら夕日を狙いましたが、最後は雲に隠れておしまい。ま、そんな日もありますね。(^^;
 

2005年11月20日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年11月 2日

オレンジ色の輝き

051102susuki

海に沈む夕日と
オレンジ色に輝くススキが撮りたくて・・・。
 

2005年11月02日 | | コメント (16) | トラックバック (0)

2005年10月27日

秋の砂浜

051027akinoumi

忙しいときはを見ると気分転換になりますね。
それがたとえ、ほんのわずかな時間でも・・・。
 

2005年10月27日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年10月 6日

海辺のシアター

051006zansho

夕日が沈んでも、まだ帰らない・・・。
これから始まる第2幕

フロントガラスに映る空のグラデーション。
耳を澄ませば、
静かに打ち寄せる波の音。

残照の海はとっておきのヒーリングシアター。
 

2005年10月06日 | | コメント (16) | トラックバック (2)

2005年10月 4日

黄昏の釣り人

ある晴れた秋の夕暮れ。漁港にて・・・。

051004tsuribito1
「もうボチボチ釣れるはずじゃ・・・。」


051004tsuribito2
「う~ん、アタリがねぇー!」


051004tsuribito3
「ちぇーっ、釣れんのー!ったくー。」


051004tsuribito4
「おらぁー、夕日が沈んじまったじゃねーかー!(>_<)」
 

2005年10月04日 | | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年10月 2日

FU・TA・RI

050931futari1

人影まばらな秋の砂浜
そこには夏とは違い、ゆったりとした時間が流れていました・・・。

きょうは、そんな砂浜で出会った「二人」をピックアップ。
さぁ、あなたはどのFU・TA・RIが好き?(^_-)-☆

050931futari2
親子FU・TA・RI


050931futari3
友達FU・TA・RI

そして・・・・・
 
 
 
 
 
050931futari4
「・・・・・」(苦笑)

 

2005年10月02日 | | コメント (19) | トラックバック (1)

2005年9月26日

コスモスと海

050926cosmos

三連休は少しブログを休ませていただいてのんびり過ごしました。
まず、初日はお疲れモードの為ほとんど完全休養。
2日目はお仕事。(T-T)
とはいえ帰りに、夕日は撮りました。(^^ゞ
最終日は、早朝から運動不足を兼ねて鷲羽山へ。
朝日を撮った後、歩いて写真を少々。
帰ってから、畑仕事をして昼寝。(_ _).。o○
また起きて夕日の撮影、とこんな感じでした。(笑)

さて、ブログの方ですが、このところ海の写真が少なかったので今週は「海の風景」をお届けしたいと思ってますがどんなもんでしょ?

きょうの写真は地元で撮った「コスモス」。
上は、山道からのお手軽スナップ。(笑)
下は、曇りでちょっとアンダーになってしまいましたが、これはこれで秋の落ち着いた感じが出ていいのかな・・・とそのままアップしてみます。

050926cosmos1

 

2005年09月26日 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月 7日

残照

九州を中心に大きな被害をもたらした台風14号。
みなさんのところは大丈夫だったでしょうか・・・。
被害を受けた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、台風が過ぎ去った後の空は、まるで何もなかったようなきれいな残照を見せてくれることがありますね。
写真はコンパクトデジカメで撮った昨年の台風後の空です。
050907zansho

 

2005年09月07日 | | コメント (14) | トラックバック (1)

2005年9月 5日

台風前の空

050904sora2
台風14号の接近で4日の瀬戸内もどんよりとした曇り空。
夕方仕事を終え、時折小雨が降る中いつもの場所へ。やっぱり、こんな日に写真を撮りに来るのは決まって僕くらいなもの。(汗) 

それでもカメラをセッティングして待っていると・・・
17時半頃、一瞬だけ光が差す瞬間が・・・!
050904sora1
グレーの空から少し不気味に伸びる光の帯、そして雲間から海面を照らすオレンジ色の光。

接近中の台風、何事もなければいいのだけれど・・・。(-∧-)
 

2005年09月05日 | | コメント (17) | トラックバック (1)

2005年9月 2日

夕凪点景

050902yuhi1
9月に入りましたがまだまだ暑いですね~。
夏休み中は海水浴客や釣り人で賑わった瀬戸内の浜辺も、めっきり人が少なくなりました。
ということで、きょうは久しぶりに海の写真を・・・。

点景
「風景画・風景写真などで、全体を引き立たせるために加えられた人や物など。」【大辞林より】

 

2005年09月02日 | | コメント (12) | トラックバック (1)

2005年8月 7日

夏の瀬戸内海

050807seto2
真っ青な空、白い積乱雲、そして瀬戸大橋・・・。
立秋のきょうは、まさに「瀬戸内の夏」といわんばかりの風景。
普段、近所で昼間にあまり写真を撮ることがない僕でさえ、撮ってみたくなるくらい晴れ渡った空と海。

050807seto3
麦わら帽のおじさんもシャッターを切ってました。(笑)

あ、そうそう、きょうは久しぶりに釣りを・・・。(^^ゞ
釣果はチャリコ(タイの幼魚)、ハゼ、クサフグなど多数。
投げるたびに何か釣れたので面白かったなぁ~。
でも、小物ばかりだったのですべてキャッチ&リリース。(笑)
050807tai1
 

2005年08月07日 | | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年7月30日

静かな落日

050730yuhi3

この週末はあいにくの天気予報。
でも、仕事帰りはやっぱり海へ・・・。(^^ゞ
ところが着くなりモヤッとした雲に隠れてしまい、仕方なく磯のカニたちと戯れる。(苦笑)

最後の最後に、何とか少しだけ顔を出してくれました・・・。
あんまりパッとしない夕日ですが、ご勘弁を・・・。m(_ _)m
050730yuhi2

 

2005年07月30日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月28日

瀬戸大橋と高洲

今回は幻の島・高洲から見る瀬戸大橋をテーマに3枚。

050724_03_1
・岩黒島橋とアオサギたち

050724_03_2
・南北備讃瀬戸大橋とアオサギ

050724_03_3
・下津井瀬戸大橋をバックに・・・

最後はお約束の・・・(笑)
050724_03
・高洲から見た夕日

もう少し雲があれば、夏らしい写真が撮れたかな・・・。
 

2005年07月28日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年7月26日

からこと丸で幻の島 高洲へ

050724_02_1
(クリックで拡大 800×400)

まずは上の写真を見てください。
これで、夏のミステリーの謎解きができたでしょうか?(笑)

昨日のスナップ、「海を歩く人々」が歩いている場所はナント、姿を現す直前の「幻の島」だったというわけ。
もう少し解説すると、僕の住んでいる倉敷市児島の瀬戸内海には、地図には載っていませんが、3~9月の大潮の干潮時、約3時間だけ姿を現す「幻の島・高洲(たかす)」という砂浜があります。
場所は児島から国道430号を海沿いに玉野(渋川)方面に走った児島唐琴の沖合い約1kmのところ。
ここへは、国民宿舎「王子が岳」の下の浜から、いつもお世話になっているからこと丸さんの船で渡ることができます。(大人1,300円、子供650円)

で、昨日海を歩いていた人たちの目的は何かといえば「潮干狩り」
といってもこの高洲では10種類以上の天然の貝が取れるので、アサリではなく、タイラギと呼ばれる大型の貝やアカニシ、マテ貝などを探すために沖の方へと歩いていたというわけ・・・。
このように高洲へ渡る人たちの目的はほぼ100%潮干狩りなんですが、この日僕と同行してくれた山猫さんの目的は写真撮影。(笑) あ、写真はまた明日にでも・・・。(^_-)-☆

※その前に高洲のことを知りたいって方は、からこと丸さんのサイト
↓メインサイトの方でどうぞ・・・。
・瀬戸内海の幻の島でタツノオトシゴを探そう!(2002.8)
 

2005年07月26日 | | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年7月25日

海を歩く人々

050724_01

海を歩く人々・・・
瀬戸大橋へ向かってどんどん沖へと進んでいく・・・。
海上トレッキングか?はたまた、一家無理心中か?(笑)

わが家の近所に住んでる方なら、この写真の謎解きは必要ないけれど、知らない方にはなんとも不思議な光景に映るだろう・・・。
夏のミステリー、その真相は??
さあ今週の始まりはこの1枚のスナップから・・・。(^_-)-☆
 

2005年07月25日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年7月24日

角島の記憶

050716tsuno_16
夏の角島特集もいよいよ最終回。

美しい海と豊かな自然。
そして忘れていた何かを取り戻せる時間・・・。
角島を訪れた人たちの胸にはきっと、そんな記憶とともにそれぞれの夏の想い出が刻まれたことだろう・・・。

「また、もう一度訪れたいな・・・。」

050716tsuno_17

050716tsuno_15
角島大浜にて

050716tsuno_18
土井が浜にて 地図はこちら

【追加情報】
角島に今年はキムタクもロケでやってきたそうです。(笑)
 

2005年07月24日 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年7月23日

角島の海

050716tsuno_11
これ、これこそ僕がお伝えしたかった角島の海
とにかく沖縄の離島や奄美の海に負けない透明度なんです!

夏の角島特集、4回目は「角島の海」
角島には、ほぼ隣接して2ヶ所の海水浴場があります。
ひとつは、「しおかぜの里 角島」の向かい側にある「しおかぜコバルトブルービーチ」。
そして、もうひとつがここ、「角島大浜海水浴場」。
映画「四日間の奇蹟」のロケ舞台になった教会とつのしま自然館が目印。この教会、見学できるのかと思って寄ってみたら、現在はなんとキャンプ場のトイレになっててこれには正直ビックリ・・・。(@_@)
050716tsuno11t
 
 
教会からの道を下りると白い砂浜。小さな貝殻でできているらしく裸足で歩いても気持ちいい。
今回は写真を撮るのが目的だったので海パンは持ってきてなくて少々後悔・・・。仕方なく短パンまくって透明な海に膝まで浸かったら、これが気持ちいいのなんの~♪でも、やっぱりこの次はキャンプして絶対泳ぎまくりたいな!

050716tsuno12
 
 
050716tsuno13
 
 
050716tsuno14
 
 
あ、今回後悔したことがひとつ・・・。
それはこの透明な海を水中撮影できなかったこと。次回、角島へ行くなら絶対水中デジカメを持って行きたいな・・・。



オリンパスμ1030SW
New!!

ハウジングなしでそのまま水中撮影できる10m防水デジカメ。広角28mmからの光学3.6倍ズームと1010万画素CCD、顔検出機能も搭載。管理人も前々モデルμ720SWを使用中!
 
 
【角島大浜海水浴場の地図】
角島大浜海水浴場
 

2005年07月23日 | | コメント (10) | トラックバック (2)

2005年7月22日

角島のハマユウ

050716tsuno_7
 
夏の角島特集3回目は、角島で見たかったもののひとつ、ハマユウ(浜木綿)
ハマオモト(浜万年青)の別名ですが、どちらかというと僕はハマユウという響きの方が好きかな・・・。(^^ゞ
この日、折りしも山口県は梅雨明け。
夏のエメラルドグリーンの海をバックに白いハマユウの花が、ちょうど見頃を迎えていました。

場所は角島の北西部、角島灯台のある夢崎の海辺に群落があり保護されていますが、近くの海岸を歩くとところどころに小さな自然群落も見つかりました。
【角島 夢崎の地図】
角島(夢崎)のハマユウ

近寄ってみると、なるほど白い巨大なヒガンバナ!清楚というよりむしろ逞しい花といった方がいいかも・・・。(笑)
050716tsuno_8

『ヒガンバナ科。暖地の海岸砂丘にまれに群生する多年草。ハマユウ(浜木綿)ともいう。葉は広線形で、厚く光沢があり、長さ30~70cm、幅7~8cm、花は白色、細長い円筒があり、6個の花被列片をなす。果実は球形、中には灰白色の丸い種子が多数入っている。関東南部以南、九州、四国の海岸に生え、8~9月に咲くとされているが、山口県西部海岸にも自生し北限となっている。角島の夢崎群落も貴重な自然群落のひとつである。
(豊北町指定天然記念物 角島夢崎のハマオモトより)』

さて、角島は地図で見ると牛の角の形をした島。
左の角、夢崎と対する右の角、牧崎も歩いてみました。
ここは、広々とした草原が半島の先まで続いていて牧歌的な風景。残念ながら角島牛は放牧されてなかったけど、コオニユリやカワラナデシコが咲いてました。
050716tsuno_9


汗びっしょりになって、この草原を歩いているとちょっと珍しいトノサマバッタを発見!
ピンク、いや赤紫色のトノサマバッタ
こちらも、なかなかきれいですね・・・。(^▽^;)
050716tsuno_10


あまり時間がなかったけれど角島の自然に少しだけ触れることができました。

さて、次回は角島の海&ビーチの予定・・・。
どれくらいキレイか写真でお伝えできればいいな・・・。(^^)
 
 

2005年07月22日 | | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年7月21日

角島大橋

050716tsuno_3
これが角島大橋

夏の角島特集2回目は、「角島大橋」
本土と角島を結ぶ角島大橋。橋長1,780mで離島にかかる無料の橋としては二番目に長い。
そして、橋の下に広がるのは「海士ヶ瀬戸(あまがせと)」と呼ばれるエメラルドグリーンの海。
ウニ、イカ、ワカメなどの水産資源が豊富で、橋の中ほどにある鳩島の周囲を見ても、海底の岩にはワカメがびっしり着いている様子がよくわかります。

【角島大橋の地図】撮影場所はこちら
角島大橋
  
さらに、橋を挟んだ反対側、少し隔てたところに見える灯台のある小さな島(陸地)が「伊瀬」。海上にポツンと浮かんだ灯台がなんとも印象的~。
050716tsuno_6_1

この角島大橋、制限速度は時速40km。
わき見運転に注意してのんびり走ることをオススメします。
途中、角島寄りに1ヶ所だけ駐車スペース(上下線各2台分)があるんですが、ここで停まって写真を撮ろうとする車が多く急ブレーキを踏んだりするので注意が必要です・・・。

050716tsuno_6

どうです?みなさんも渡ってみたくなりましたか・・・?(^_-)
 
【関連記事】
角島大橋を撮影する(2009.5.7)
 

2005年07月21日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年7月20日

角島ドライブ

050716tsuno_1

角島へ行ってきました。
といっても、日帰りドライブなんですけど・・・。
朝5時半に岡山を出発し、角島大橋に着いたのが10時過ぎ。
約4時間半、片道360kmの遠い道のり・・・。

でも、そこには・・・・・
うす曇りの空にもかかわらず、沖縄の離島に勝るとも劣らない、エメラルドグリーンの海と白い砂浜がありました。

角島(つのしま)ってどこ?という方のために少し紹介すると・・・
角島は山口県の北西部、日本海に面した下関市豊北町にある面積3.94平方キロメートル、人口1,000人弱の小さな島。

【角島の地図】(クリックで拡大)
角島

【角島の宿情報】
全室オーシャンビュー 角島が目の前のリゾートホテル
「ホテル西長門リゾート」

露天風呂あり 角島までわずか40分の温泉宿
「一ノ俣温泉グランドホテル」

角島は北長門海岸国定公園内にあり、この島の魅力はなんといっても本州屈指の透明度を誇るきれいな海!最近では吉岡秀隆と石田ゆり子主演の映画「四日間の奇跡」のロケ地になったことで、さらに全国的に知名度もアップしました。(追記)また2006.7.3オンエアのフジテレビ「HERO」のロケ中にキムタク(木村拓也)もやってきたとか・・・。

角島へ行くには、以前は船で渡る必要があったんですが、現在は2000年11月3日に開通した全長1,780mの角島大橋が島と本土を結んでいて車で渡ることができます。しかもこの角島大橋、(瀬戸大橋と違って)通行料が無料!!視界を遮るものもないので、まるで海の上をドライブしている気分になります。
なので、いきなり調子に乗って2往復しちゃいました。(笑)
050716tsuno04
 
 
050716tsuno02


★角島へのアクセス、海水浴場の写真はこちら→角島の写真
 

2005年07月20日 | | コメント (16) | トラックバック (7)

2005年7月14日

夏の記憶

050714kaigara

砂浜、打ち寄せる波、一枚の貝殻。
さて、みなさんはこの写真から、どんな記憶のイメージが頭に浮かんだでしょうか?
旅先の思い出?海水浴?
それとも・・・誰かと歩いた夏の浜辺??(笑)

きょうは、久しぶりに朝から青空が・・・。
そういえば、三連休、夏休みまであとわずかですね。
この夏は海へお出かけされるのかな?
今年も、みなさんの夏の記憶の中に楽しい1ページができる
ことを願ってます・・・☆彡
 

2005年07月14日 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月12日

海辺の少年

050712boy
引き潮の浜辺で無邪気に遊ぶひとりの少年・・・。

頭上は覆った雲、沖合いは晴れ。
そんな条件下で撮影するとこんなコントラストの写真になります。
きょうは、久しぶりの青空と夏めいた空気を感じました。
そろそろ梅雨明けも近いのかな・・・。(^^;
 

2005年07月12日 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年7月10日

渋川海岸は雨

050710rain

霧雨に煙るグレーの海、誰もいない渋川海岸(玉野市)。
もうすぐ海水浴客で賑わう砂浜もご覧の通り・・・。
いったい、いつまで降るつもり?
まるで先月の水不足が嘘のよう。
梅雨が明けて夏空と青い海が見たいな・・・。
 

2005年07月10日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年7月 5日

夕暮れトンボ

050628tonbo
・大室海岸にて

夕暮れトンボのシルエット。リスアカネのメスかな。
梅雨が一休みして、またこんなシーンに出会えるといいな・・・。

2005年07月05日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年6月11日

スポットライト

050605hashi

この瞬間をじっと待ってた・・・。
空と海のわずかな隙間から差し込む夕日。
スポットライトを浴びるように、浮かび上がる瀬戸大橋。

・EOS 20D + EF17-85mm F4-5.6 IS USM ISO200 1/100sec F16 部分測光
 

2005年06月11日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年5月19日

ハマヒルガオへの想い

0518hamahiru1

どうして君はここを選んだの?
僕と同じで海が好きだから?(笑)
こんなに養分が乏しい場所で
毎年、健気(けなげ)に花を咲かせてる

きっと君は争いが嫌いなんだね
他の仲間が住めない場所で
生き抜く術を身につけて
ひっそり暮らす道を選んだ

人影まばらな初夏の砂浜
こんな可憐なピンクの花を
一生懸命咲かせても
君に気づく人は少ないけれど
僕はいつも君を見守ってるよ...


0518hamahiru7


0518hamahiru3

2005年05月19日 | | コメント (10) | トラックバック (2)

2005年5月15日

きょうの夕日・・・

0515yuhi1

本日の日の入り、19:00。
ずいぶんと日が長くなったものだ。
昼間も少し写真を撮ったけれど、きょうは先週に引き続き夕日を・・・。あまりアクセントになるものが見つからなかったので、南から北へ少しずつ移動しながら追ってみましたが・・・。
0515yuhi2
・釣り人はいたけれど・・・。

0515yuhi3
・船も通らず・・・。

0515yuhi4
・空も焼けず・・・。

 

2005年05月15日 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年5月 5日

瀬戸内夕景GW編

この3連休、天気も良くて児島の海や瀬戸大橋周辺もたくさんの観光客で賑わってました。
「休みになると人口が増える。」 
これ、ゆとり時代の田舎の新常識・・・!?(笑)

僕の方はといえば、今年も遠出することなく家庭菜園と自宅近くの海で写真を撮ったくらい。 
その分、お金も使わず、長引いていた風邪もよくなったけど・・・。ホントはどこか旅行もしたかったなー。←ホンネ
明日、あさってはお仕事なので、実質僕のゴールデンウィークはきょうでおしまい。(悲)

さて、連休最後の締めくくりは、新倉敷市長・古市けんぞう氏が世界一と自負し、写真家の故・緑川洋一氏が世界で二番目に美しいと語った児島・下津井の夕景でも・・・。(^^;

0503yuhi2


0504yuhi2


そーいえば、きょうはこどもの日だったな・・・。(笑)
0504yuhi1
 

2005年05月05日 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月 3日

田舎の海辺

0503kou1

ゴールデンウィーク中、さらに天気は快晴。
なのに、きょうは午前中からお仕事・・・。(T-T)
児島から車で北へ向かうと、こちら側の道は空いているのに、対向車線は車が多い。休みで天気がいいからみんな街から海へとやってくるのだ。さらに、きょうから三連休なので、旅行やレジャーの県外ナンバーもたくさん見受けられた。

・・・夕方、仕事が終わると僕も反射的に海へ向かっていた。(笑)
でも瀬戸大橋の近くや鷲羽山、王子が岳といった有名どころは混雑するのできょうはパス。車を停めたところは高室港。釣り人と地元の人しかこない小さな浜辺があるだけなので、0503kou5普段と変わらない静かな海辺だ。瀬戸内海の眺めがよく、夕陽も見えるので、瀬戸大橋観光で賑わったころにはここにリゾートっぽいレストランもあったけれど今はもう取り壊されてしまっている。


0503kou4カメラ片手に海辺を歩いてみた。ハマダイコンやハマエンドウ、ツルナも黄色い花を付けはじめている。藤の花もあった。夏を思わせる明るい日差しと対照的に、静かでのんびりとした瀬戸内の浜。
高室は、田舎の海辺と呼ぶにふさわしい場所かもしれないな・・・。


0503kou2
・原付がよく似合う・・・


0503kou3
・夕暮れの海と釣り人たち
 

2005年05月03日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月13日

海に降る雪

0313yuki1
「瀬戸大橋も真っ白?」

前から、「海に降る雪」というのを撮ってみたかった。

といっても、岡山県南に雪が降るのはせいぜい年に数度・・・。
しかも、うまく休みの日に重なるのはめったにないから、半ばあきらめかけていた。
実を言うと、以前にも何度か挑戦し、昨日も浜で暗い海を背景に狙ってみたのだけれど、思ったように撮れなくて・・・。(T^T)

けれど、運良く、昨日のなごり雪に続いて、きょうも降ったり止んだりの雪。(^^)
で、午後からホームグランドの下津井で再挑戦・・・。(笑)
防波堤でカモメやアオサギを狙っていると、昨日と同じように雪雲が接近して雪が激しく降り始めた。
ここぞとばかりに、20Dで露出やシャッタースピードをいろいろ変えながら撮ってみる。そうこうするうち雪はピタリと止んで晴れ間が覗いてきた。
プレビューで確認すると後半の何枚かは雪の粒がきれいに写ってるようで一安心。(^○^;)

0313yuki2
「ハクセキレイと雪」

0313yuki3
「アオサギと雪」

家に帰り、撮った写真を見ていて、はたと気がついた。
雪って白いから、当然、暗い背景がいるんだけど、「海に降る雪」をきれいに表現するには、もうひとつ条件が必要だったんです!

それは「日光」
つまり、雪が降っていて、日が差し込んでいる時、これが「海に降る雪」を表現するために必要な条件。(のような気がします・笑)

ちなみに上の2枚目と3枚目で、その様子がわかると思います。
ま、そんなこと言っても、なかなかそういうタイミングってないんだけれど、もし僕と同じようにく「海に降る雪」を撮ってみたいと思ってる方がいたら参考にしてください。←っていないってば~~~。(笑)
 

2005年03月13日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年3月12日

なごり雪

0312ouji01

なごり雪だろうか。。。
自宅の窓から外を見ると白いものが舞っている。

3月半ば、梅も満開になり、これからようやく本格的な春かと思いきや、瀬戸内地方は雪になった。

昼過ぎ、ふらっと王子が岳に向かって海沿いの国道を運転しているとまた雪がちらほら・・・。
国民宿舎前の駐車場に車を停め、登山道を登っていくうちに、さらに雲行きが怪しくなり激しく降りだした。
そして、視界もままならない状態に・・・。(T-T)
やむなく登山を中止し、車で山頂へ・・・。(笑)
着いた頃には雪はほとんど止んで、芝生はうっすら雪化粧。

カメラを持ってしばらくウロウロしてたら、またまた西の方から雪雲接近!
見る見るうちに海を覆い尽くす雲!
瀬戸大橋が、大槌島が・・・あっという間に見えなくなっていく・・・。

0312ouji02

う~ん、なかなか迫力満点でした。(笑)
なごり雪というにはちょっと激しい空模様だったかな・・・。<(^-^;
 

2005年03月12日 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年2月14日

冬の残照

0214zansho
・EF17-85mm F4-5.6 IS USM ISO400 1/25sec F4 EV-0.3

昨日の残照です。
僕がこの冬見た中では一番きれいでしたね~。(^^)
時間は18:13。日没から約30分後の西の空。

ちょうどきれいな三日月が浮かんでたんですが、高度が高く入りきらないので斜めに・・・。m(_ _)m
あ、あまりじっくり見ると気分が悪くなりますからご注意を・・・。(笑)
左上の写真とかぶってますね。(^^ゞ
 

2005年02月14日 | | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年1月31日

冬の海を表現する

0130_01
・EOS 20D + EF70-200mm F4L USM 1/640sec F13 EV-0.7

冬の海を写真に表現するのは意外に難しいな、と思います。
特に瀬戸内海の場合は・・・。(苦笑)

夏なら、青空に入道雲、海水浴客、浜辺の生き物や植物といった要素がたくさんあるのですが、冬の瀬戸内海は多少荒れるといっても日本海と比べたらせいぜい白波が立つくらい・・・。

昨日、そんなことを考えながら撮影したのが上の写真。
逆光でアンダーにした海に、離れた位置からやや広めに枯れた木々を配置してみました。
撮影時たいていは邪魔になる枯れ木も、こういう時には役に立つものですね。(笑)
 

2005年01月31日 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年1月 9日

パラグライダーと瀬戸内海

050109para2

きょうは仕事で写真撮影も中休み。(笑)
なので昨日、三百山から撮ったパラグライダーの写真をアップしてみました。
こちらでは有名ですが、実はわが児島はパラグライダーが盛んな土地。王子が岳や三百山のフライト場から、まるで鳥のように空を舞う姿をしばしば目にすることができます。そう、空を飛ぶのは鳥だけじゃないんです。(笑)

では、パラグライダーの世界記録について少々。
【Q1】世界最長フライトは?
【A1】2002年にアメリカでナ、ナント約700kmという信じられないような記録があります。w( ̄o ̄)w
(700kmというと東京から青森まで風の力で移動したってことになりますね~。)

【Q2】世界最長飛行時間は?
【A2】1997年に沖縄で上垣さんという方が、ナント24時間5分も飛び続けたという記録があります。( ̄ロ ̄;
(トーゼン睡眠はないでしょうが食事とかトイレはどうしたのかな・笑)

う~ん、自然のエネルギーを利用してここまでできるとは・・・。パラグライダーって想像以上にすごいスポーツなんですよ。(^^;
050109para
 

2005年01月09日 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2004年12月29日

2004年撮り納め

1229ouji1

午前中の雨も上がり、午後から久しぶりに青空が広がったので車で王子が岳へ行ってきました。途中、海沿いの国道から見る景色は、まさに冬の海って感じ。こういう日は、王子が岳から見る瀬戸内海が最高にきれいなのです。(^^)
けれど、頂上に上がるとこれがもう、叫びたくなるくらい寒くて寒くて、しかも風もメチャ強くて風速20mくらい! 天使のはしごもきれいに見えてたんだけど、カメラを構えてるのは正直、5分が限界でした。(^^ゞ 下のネコも寒くて震えてましたわ。(笑)
この時期、ちょうど下津井瀬戸大橋の向こうに夕陽が沈むので、がんばって日没まで待ってはみたけど、最後は雲に隠れちゃいましたねー。(苦笑)

1229neko1というわけで、これが僕の2004年の撮り納め。明日から正月1日まで例年通り、大阪に帰省です。
今年一年、きまぐれなブログに足繁く通っていただいたみなさん(笑)、ホントにありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
2005年もよい年でありますように・・・☆彡
 

2004年12月29日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月23日

誰もいない海

きょうは午後から筆まめで年賀状作り。
例年29日とか30日に仕事納めが終わってからバタバタで慌てて作ってハイ終わり~なんですが、今年は、珍しくあーでもない、こーでもないと、3時間かけてまともに作りました。<(^-^;
みなさんはもうお済みですか~~~?

さて無事年賀状作りが終わったところで久しぶりに渋川海岸へ。
ホントは夕陽を撮りたかったけど、あいにく日没前から厚い雲がどんどん覆ってきたので潔くあきらめました。(^^;
途中の国道430号線は台風23号からしばらくして開通はしているものの、片側交互通行がまだ5ヶ所も・・・。さらに工事中の所はまだガードレールが落っこちたままで、今もなお被害の大きさを物語ってました。

渋川海岸に着くと、日没後の空がまずまずきれいでした。
でも・・・・・。
瀬戸大橋ライトアップ&クリスマスイブイブ(笑)というのに人が全然いない。。。寒かったせいもあるんだろうけど・・・。
それからしばらく三脚立ててライトアップを撮りましたが、その間ずーっと誰もいない海でした。(^▽^;)

1223shibu
 

2004年12月23日 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月14日

下津井港で

きょうは、先週の疲れが抜けきらなくて(←やっぱ年か?笑)家でのんびり休養してました。昼ごろ、曇り空から薄日がさし始めて、気がつけば、下津井港にいました。(笑) ちょうど「しほ風ウオークラリー」が開催されており、普段は静かな海沿いの道も、リュックを背負った人たちが大勢いて、いつにない賑わい。
さて僕はといえば、帰ってきた20Dの試し撮り。
港の裏でネコと戯れたり、アオサギのダンスなんぞを少々撮ってみました。(^^ゞ

p/1114aosagi
・EOS 20D+EF70-200 F4L USM 1/5000sec F4.0 

2004年11月14日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年11月 3日

王子が岳と光のカーテン

p/1103kara
しばらくぶりのブログっす。m(_ _)m
なんだか、このところあんまりツイてなくて・・・。
まずは、EOS20Dですが、先月購入した当初から、撮影した
写真の同じ場所にグレーのシミが何点かついていて、ずっと
気になっていたのです。
最初はEF17-85IS USMで撮影した写真にのみ見受けられる
ので、レンズかな?と思っていたのですが、Canonサービス
センターに問い合わせたところ、レンズではなくて20D本体の
CMOSにゴミか埃が付着しているかもしれないとのことで、
結局、児島から一番近い(?)と思われる高松SSに、本体&
レンズのチェックとクリーニングに出しました。
あー、早く退院しないかなぁ・・・。

次に昨日のこと。
仕事から家に帰ってみるといきなりPCが起動せず・・・。
たぶんハードディスクがいかれてる様子。
うーん、数日前からHDの異音が気になっていてバックアップ
とらなきゃと思っていた矢先なんですよー。
トホホ・・・。

てなわけで現在、不運のどん底状態なのですー。(ノ_・。)

で、きょうは休みだったんですが、家にいて落ち込んでても
しようがないので、気分転換に王子が岳へ行ってきました。
先日の台風の影響で国道430号はまだ一部で通行止め
状態。
ホントきょうは風が強くて、車のフロントガラスから眺める海は
白い波しぶきが立ってて冬のように荒れてました。
王子が岳の駐車場でネコちゃんたちと遊んでから、徒歩で
山頂へ登ると、まだ、紅葉にはひと足早かったけど、雲の
すき間から差し込む光のカーテンが瀬戸大橋を照らして
実にきれいでした。
p/1103ouji

はぁ~ぁ、どんより曇り空の僕にも、早く光が差し込んで
くれないかなぁ・・・。 (-_-)

2004年11月03日 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2004年10月20日

台風23号で・・・

きょうは台風23号の接近で、会社も午後3時半で帰宅指令
が出たんだけど、車で自宅に帰る途中、ナビのテレビでNHK
の台風映像を見てビックリ!( ̄ロ ̄;!!

(アナウンサー)
「次は倉敷市児島地区の映像です・・・」
「・・・・・・・・・・!」\(◎o◎)/!
うわぁー、自宅のすぐそばの川が増水で溢れかえってるーーー!

「むーー、これはヤバイかも・・・。」
案の定、途中の峠越えの道も近くの増水した湖から黄土色の
水が大量に道路に流れ出てすごいことになってる・・・。さらに
児島に入ると自宅まであと3kmのところで通行止め!(T-T)
大雨と満潮が重なって濁った川の水で道路が完全に冠水
状態だ。
p/1020taihuu23

仕方なく回り道をするも、山道は木が倒れて土砂と泥水が
すごくて引き返す・・・。結局何度も回り道を繰り返して、
やっとのことで家にたどり着きましたが・・・。(´0`)

午後6時現在も、テレビでは避難勧告や通行止めの
ニュースが・・・。
う~ん、みなさんのところは大丈夫でしょうか?(-_-)
深刻な被害が出ていないことを祈るばかりです。

2004年10月20日 | | コメント (11) | トラックバック (0)

2004年9月 5日

国道430号通行止め

先週の台風16号による被害は、想像をはるかに超えるもの
だった・・・。
きょうは時間があまりなかったのだけど、仕事前に少しだけ
車で被害状況を見に行ってみた。
まず目に付いたのが児島田の口から唐琴にかけての海沿い
の状況。民家では、1週間後の現在も、高潮の被害によって
浸水した家財道具や畳、電化製品などを近所総出で運び
出していた。空き地には自衛隊の災害派遣の車が何台も
停まっている。

さらに瀬戸内海沿いの風光明媚なルートとして有名な国道
430号も、倉敷市と玉野市の市境付近が崩落しており、
通行止めで、現在も復旧の目途が立っていない。
p/0905_01

国民宿舎王子が岳の手前まで来ると、なんと道路と海の境の
コンクリートが約50mに渡って完全になくなっていた。
p/0905_04

海沿いの木々は波と風でなぎ倒され、浜辺にはゴミや海草が
散乱している。
p/0905_03

通行止めの場所から先へは車では行けないので海岸に
降り、砂浜を歩いて唖然とした・・・。
アスファルトの道路が大きく陥没し、コンクリートの壁が大きく
砂浜に崩れてる。まるで地震の被害にでもあったかのような
見るに耐えない状況・・・。
p/0905_02

今回は大型台風と大潮の満潮、さらに1年のうちでも最も
潮位が高くなる時期と悪い条件が重なってしまった。
自然災害だから人間の力ではどうしようもないものだけど。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに
1日も早い復旧を願いたい・・・。

2004年09月05日 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年8月31日

台風16号通過・・・

ただいま、夜中の2:30・・・。(汗)
昨夜、台風16号が日本海へと通り過ぎていった。
瀬戸内地方では昨日の朝から暴風、波浪警報が出て、
JRをはじめ、交通機関は完全にストップ状態・・・。
さらに児島、玉野市沿岸部では昨夜、大潮の満潮時と
重なって高潮警報も発令。
倉敷市内も停電が10,000戸を越え児島、水島、玉島
地区では避難勧告も出た。
p/0831_01

さっき午前1時のニュースを見てたら宇野駅前は数十
センチの浸水の様子が・・・。
ううぅ、コンビニの店内ではお菓子やカップめんがプカ
プカ浮かんで漂ってる~!(>_<)

朝になってみないとわからないけど、この様子だと
家屋や車にかなりの被害が出てそうだ。
被害にあわれた方々へ心よりお見舞い申し上げます。

うちに帰ると「台風大丈夫ですか?」というメールが
何通か入っていた・・・。
ご心配ありがとうございますー。幸い、わが家はどう
いうわけか停電にもならず、こうしてネットもフツーに
繋がるんですぅ・・・。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
みなさんのお宅の方が逆に心配になってきました。。。

2004年08月31日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年8月21日

瀬戸大橋と花火 その2

これで見納めの瀬戸大橋と花火第2弾。
きょうは鷲羽山から、お向かい四国丸亀の花火を・・・。
打ち上げ時間が20:00からだったので、バタバタと出かけて
駐車場に車を停めテクテク登っていくと・・・。
レストハウス付近にカップルに混じってNikon D70を三脚に
セットした見覚えのあるお方が・・・。
やっぱ、いたいた、Yさん・・・。(^m^
せっかくなので上まで登りましょと誘って、夏の終わりの
花火をしばし堪能(?)してきました。
でも、ちょっと丸亀は遠かったかなぁ・・・。
p/0822_02maru

2004年08月21日 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 7日

瀬戸大橋と花火

きょうは仕事から帰って四国の花火を撮影に行きました。
といってもうちの近所から・・・。(笑)
児島の対岸、坂出の花火なんですが、瀬戸大橋越しに
何とか見えるのです。とはいえ直線距離で13kmも離れ
ているので瀬戸大橋を入れると、これが精一杯です。<(^-^;
p/0807_01hanabi

2004年08月07日 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 6日

不思議な夕暮れ

p/0806_01
きょうは代休だったけど、休養日とばかりに家で
ゴロゴロ。(^^ゞ
夕方17:30ごろになって外に出てみると大気が不安定な
せいか不思議な空・・・。
何が不思議って、南東側は完全に晴れているのに
180度振り向いてみると北西側は今にもにわか雨が
降りだしそうな暗い曇り空。
こりゃもしかすると面白い写真が撮れるかも・・・と
海に向かう。(笑)

来てみるとやっぱり西の空は曇っていて夕陽は望め
そうにない・・・。
でも、しばらく待ってると、太陽から少し離れた雲の
薄い部分が明るくなって間接的に海を照らしはじめた。
さらに、その近くに雷雲に時々稲光が走る。
「おおー、雷が夕陽と同じ方向に見えるなんて珍しいん
じゃないのー??」
とがんばって狙ってみたけど、う~む、雷が光る瞬間は
ほんの一瞬だからシャッターのタイミングが難しい!(>_<)
何とか撮れた2枚のうちの1枚が上の写真・・・。(苦笑)
(クリックで拡大)

その後も間接的な光が照らすドラマチックな夕景ショーを
しばし眺めて帰宅。
うーん、きょうは不思議な夕暮れに少しは癒されたかも。f(^^;
p/0806_02

2004年08月06日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年7月25日

ハマナデシコ

きょうの1枚はこれ。
少し前に撮影したものですが、「ハマナデシコ(浜撫子)」の花。
そう、海にもナデシコがあるんですよー。(^^)
児島でもごく限られた場所でしか見られないんですが、この場所
では、ご覧のように岩場にかなり群生してます。
暑い夏の海辺にアクセントを加えてくれる素敵な花です。
p/0725nadesiko

 

2004年07月25日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年7月 4日

タツノオトシゴに再会

p/0703_03
昨日は、天気予報が良い方向に外れて快晴。しかも、よく引く
大潮の日だったので、毎度おなじみ「からこと丸」さんの船で、
子供たちを連れ、地図にない「瀬戸内の幻の島」高洲へ・・・。

目的は例によって海の生き物探しと写真撮影。(笑)
ここへ来る人たち、フツーはみんなタイラギなどの貝掘りが
目的なんだけどねぇー。>kezoさん(謎爆)

探し始めてすぐ、2年前の借りを返さんとばかりに長男が
ちっちゃなタツノオトシゴをゲット!(o^-^o)
p/0703_01
おおー、なかなかやるじゃん。。。
ううっ、でもこのままだと親の面目丸つぶれだぁー。(×_×;)
がんばろーっと・・・。(汗)

でもって、おっきなのを探して高洲の外側まで行き、水中の
アマモを膝で必死にかき分け探したけど、見つかるのは
ちっちゃなタツノオトシゴのみ・・・。
カワハギやイカの赤ちゃん、ヨウジウオやカニはいっぱい
採れるんだけどねぇー。
ってことで残念ながら今回はタイムオーバーとあいなりました。
でも、カワイイ君に逢えたから、まいっか。。。(笑)
p/0703_02
 

2004年07月04日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年6月17日

マメコブシガニの秘密

p/0617kobusi
このカニ、ちょっとユニークな風貌でしょ?
マメコブシガニっていいます。

うちの近所の浜辺でも見かけることのできる
カニなんですが・・・
実は、マメコブシガニにはあるスゴ~い秘密が・・・!
それは、ナント、前に歩くことができるのです!

どこの世界にも例外はつきもの。
もちろん横歩きが常識のカニの世界にも・・・。(笑)
もし浜辺で見つけたらよーく観察してみてください。
面白いです~。(笑)
 

2004年06月17日 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年5月18日

ネイチャークイズ

きょうは、ネタがないので日曜日の海辺で撮った写真から
クイズでも出してみましょうか。。。(^ー^)ノ

題して、ネイチャークイズ「これ、な~んだ?」

まず、第1問は、植物編(難易度★★)
p/0518_1

つづいて第2問、謎の物体編(難易度★)
p/0518_2

最後は、謎の白い塊編(難易度★★★★)
p/0518_3

答えはすべて、「○○の△△」って感じでお答えくださいね。
さてあなたは何問答えられるかな~~~??(^^)
3問全て、すぐに答えられたら、あなたは「自然の達人」!?

正解は今週末に発表しますので、わかった方もナイショで
お願いします。。。(^∧^)
 

2004年05月18日 | | コメント (6) | トラックバック (0)